ハムスターにモロヘイヤを与えても大丈夫?茎・タネには要注意

粘りがあり、高い栄養価で知られるモロヘイヤ。スーパーでも気軽に手に入るので、ハムスターの食事に加えたいと考える飼い主さんもいるのではないでしょうか。でも、ハムスターはモロヘイヤを食べられるの?ここでは、モロヘイヤについて注意する点を見ていきましょう。

ネバネバは健康の印?

モロヘイヤは初めて栄養価が調べられた際、その数値のあまりの高さに計測の誤りが疑われたという逸話があるほど。ハムスターにも与えたい野菜ですよね。ところがモロヘイヤを食べさせてはいけない野菜としている情報もあります。その理由は、モロヘイヤの果実やタネに含まれる強い毒性の成分。ストロフェチジンと呼ばれるこの成分は、うっ血性心不全を引き起こします。かつてアフリカではこの種子から抽出した液体を、毒矢に使っていたそうです。また、モロヘイヤのタネがついた茎を牛や馬が食べて死ぬという事故も、数多く発生しています。ただし、毒性があるのは実とタネだけ。食用としている葉には、まったく問題はありません。驚愕するほどの栄養をもちながら、大きな動物を殺してしまうほどの毒性を併せ持った植物が、モロヘイヤの正体です。

すごすぎるモロヘイヤの栄養

驚くほどの栄養価といわれるモロヘイヤには、具体的にどんな栄養素が含まれているのでしょうか。

  • βカロテン
  • ビタミンB1・B2
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • ビタミンK
  • マンガン
  • カルシウム
  • カリウム

モロヘイヤのβカロテンはほうれん草の4.6倍、ブロッコリーの19倍です。さらにカルシウムはほうれん草の9倍、ブロッコリーの10倍。またビタミンEの含有量は野菜の中では、ナンバーワン。抗酸化力を高め、身体のあらゆる部分を強化してくれる、最強の野菜といっても過言ではないようです。ネバネバの元となっているムチンは、胃の粘膜を保護し、消化を助けてくれます。

ハムスターにモロヘイヤを食べさせる際の注意点

野菜の中でも断トツの栄養価を誇るモロヘイヤ。販売されているものからは、毒性の部位が徹底して除去されています。茎の毒性は低いといわれますが、ハムスターには葉だけを食べさせましょう。自宅で栽培している場合には、万が一にもタネや実が混入しないようにしっかりと確認を。モロヘイヤはカルシウム値が高いので尿路結石にならないよう、与えるのはごく少量とします。カルシウムの多い煮干しやチーズのおやつに、重ならないように気をつけてください。粘りに関しては、ハムスターはあまり気にせず食べるようです。食べ残しで不潔にならないように、ケージをチェックしてあげましょう。

健康生活のために少量を

モロヘイヤは素晴らしい健康成分とともに、恐ろしい毒性をも秘めた野菜です。正しい部分だけを少量与えることで、ハムスターの健康にも役立ちます。毎日の食生活をきちんと管理し、元気なハムスターにしてあげてくださいね。

ハムスターにもやしを与えてもOK 傷みやすいので管理に注意

もやしはハムスターによってはまったく食べないという、好き嫌いの多い野菜です。基本的には、ほとんどが水分で問題となる成分は含まれていません。ここではハムスターにもやしを食べさせる際、注意する点について見ていきましょう。

もやしは低カロリーでほぼ水分

多くの野菜はとても水分が多いものですが、もやしもその筆頭に入る野菜。低カロリーのダイエット食となるのもうなずけます。ハムスターにとっては害となる成分がないので、与えても大丈夫な食物です。栄養的なバランスの良いペレットを主食としている場合、野菜はビタミンや水分補給として考えます。一見なんの栄養もなさそうなもやしにも、役立つ成分は含まれています。ハムスターに与える野菜のローテーションに加えるには、価格的にも優れています。気をつけたいのは、もやしがとても傷みやすいこと。購入した後は、日をおかずに与え、食べ残しはすぐに片付けましょう。また、ハムスターによって、もやしを食べない固体もかなりいるようです。

もやしって栄養はあるの?

ひょろひょろとした体形をもやしっ子、と呼ぶほど頼りない外見ですが、実は意外と栄養素を含んでいます。

  • タンパク質
  • ビタミンB2
  • ビタミンC
  • アスパラギン酸
  • カリウム
  • カルシウム

あまり知られていませんが、もやしにはポリフェノールや良質のタンパク質も含まれており、美肌の効果があります。ハムスターにとっても皮膚の健康を守る成分です。また、疲労回復物質のアスパラギン酸、抗酸化作用の高いビタミンCも豊富です。さらに利尿作用を促し、腎臓の働きをサポートするカリウムにも恵まれています。水分ばかりと考えられていますが、もやしには見逃せない健康効果があります。

ハムスターにもやしを与える際に気をつけたいこと

ハムスターは身体の大きさに対して、水分を多く必要とする生き物です。あまり水を飲まないようであれば、野菜や果物で補給すると良いでしょう。とはいえ、大量にもやしの食べさせれば、下痢をする危険もあります。どのような野菜でもそれだけを与えれば良いというわけではありません。栄養的にはペレットと水だけでも十分といわれますが、雑食性のハムスターにとっては、さまざまな食感の食べ物を知ることに意味があります。もやしを食べさせるときは、1日あたり1本で十分です。良く流水で洗い、キッチンペーパーなどで水分を取って与えましょう。雑菌を気にしてゆでるという飼い主さんもいますが、より新鮮なものを、清潔な環境で与えることを心がけてください。

もやしは健康野菜

もやしを食べないハムスターもいますが、好みはそれぞれです。大切なのは固体の状態を良く知り、年齢や体調にあった食生活を管理してあげること。逆に良く食べるからといって、与え過ぎても良くありません。もやしの特性を知って、ハムスターの健康に役立ててあげてくださいね。

ハムスターににんにくは厳禁!怖い中毒症状とは

にんにく入りの料理は人間にとってはスタミナ食。体力増強のにんにく注射まであります。でも、ハムスターにとってにんにくは猛毒ともいえる食品。ここではにんにくがハムスターに与える影響や毒性について見ていきましょう。

にんにくの何がいけないの?

にんにくを食べると風邪を引かない、体力がアップするといわれていますよね。でも、にんにくが属するユリ科植物には、動物にとっては危険な成分が含まれているのです。にんにくには、アリシンという強力な殺菌作用をもつ成分が含まれています。この強力な薬効成分が、体重の少ない動物にとっては、時に赤血球を破壊する毒となってしまいます。人間でもにんにくを大量に食べると、頭痛や貧血が起こる場合もあります。ハムスターのように小さな動物には、死に至るほどの大きな影響が。にんにくの強い成分は、加熱しても消えることはありません。どのような形であっても、ハムスターににんにくを与えるのは控えましょう。

にんにくの中毒症状とは

にんにくを食べて中毒を起こした場合、ハムスターにはどのような症状が表れるのでしょうか。一般的には次のようなものが挙げられます。

  • 貧血
  • 血尿
  • 下痢
  • 震え
  • 動きが悪くなる
  • ふらつく

ハムスターによっては、多少にんにくの入ったものを食べても変化がないという個体もいます。体質や大きさ、摂取した量にもよりますが、基本的には中毒を起こしやすい食べ物であることに変わりはありません。赤血球の破壊が体内で起こっている場合には、輸血の処置などが必要となります。人間にとっては、カンフル剤のようなスタミナ源であっても、ハムスターには強烈な破壊力となってしまうことがあります。

体調の変化に気づくのは困難

大型の動物であれば比較的変化が目につきやすいのですが、小さなハムスターでは気づいた時には手遅れということがほとんど。眠っていると思っていたら、動けなくなっているという場合もあります。ことばで伝えられないハムスターには、細心の注意をはらっているより方法がありません。にんにくのような致死の危険性がある食品は、最初から与えないようにし、またハムスターが近づけないようにしておくことがもっとも大切です。人間の身体に良い食べ物が、ハムスターにも良いとは限りません。飼い主の勝手な判断で、小さな命を危険にさらすことのないように、気をつけてあげてください。

にんにくやにんにく入り食品は与えない

ハムスターは人間とはまったく異なる身体の組成をもっています。身体に良さそうだから、という程度の判断では、取り返しのつかないことも起こり得ます。ハムスターの主食はペレット。それに安全と確認されている野菜や果物を、補食として少しだけ与えます。知識のない食品については食べさせないようにしましょう。

ハムスターにヤングコーンを食べさせても大丈夫?注意点は?

ヤングコーンはその名の通り、とうもろこしが未成熟なうちに早く摘んだものです。とうもろこしが大好きなハムスターは、ヤングコーンも好んで食べます。とはいえ、生のヤングコーンはそれほど一般的ではありません。ここでは、ハムスターにヤングコーンを食べさせる際のポイントについてご紹介していきます。

糖質はとうもろこしより控えめ

ヤングコーンはとうもろこしから見れば、栄養的にも未成熟です。そのため、とうもろこしよりも糖分が少なく、またハムスターに与えても問題となるような毒性も見られません。ハムスターに食べさせても、安心な野菜のひとつです。ただ、ヤングコーンの旬の時期は5~7月と短く、どちらかというと水煮や缶詰の方が身近です。このような人間用の加工品の場合には、塩分や処理剤が添加されています。わざわざ危険をおかしてまで、ハムスターに食べさせる意味はありません。旬の時期に新鮮な生のヤングコーンが手に入ったら、しっかり加熱して与えましょう。生のヤングコーンにはシュウ酸が含まれていますが、ゆでることで無害化されます。

ヤングコーンの栄養は?

いわばとうもろこしの赤ちゃんとも呼べるヤングコーンですが、それなりに栄養はあります。ヤングコーンに含まれている成分には、次のようなものが挙げられます。

  • ビタミンB1・B2
  • ビタミンE
  • マンガン
  • カルシウム
  • カリウム
  • リノール酸

ヤングコーンの特徴としては、マンガンやカリウムなどのミネラル分が豊富なことです。骨の形成を促し、身体の芯を支えます。リノール酸やビタミンEは、血管の柔軟性を高め動脈硬化の防止にも効果があります。カリウムは腎機能を高め、老廃物や余分なナトリウムを体外に排出します。小さなハムスターにも、健康効果が期待できる栄養が含まれています。

ハムスターにヤングコーンを食べさせるときは

とうもろこしと同様にヤングコーンを好むハムスターは多いようです。ヤングコーン一本でも、ハムスターにとっては十分な量となります。食べる姿が可愛いからといって、あげ過ぎるのは良くありません。生のヤングコーンの場合には、塩を入れずに十分にゆでます。良く水気を拭いてから与えてください。また、小動物のおやつ用にドライタイプのヤングコーンが売られています。砕いて主食に混ぜたり、水と一緒におやつとして与えてください。糖質はとうもろこしよりも低いですが、やはり食べさせ過ぎると肥満の原因になります。また、嗜好性が高いので他の食餌を食べなくなることも考えられます。連食を避け、与え過ぎないように気をつけましょう。

ヤングコーンは小さなとうもろこし

とうもろこしよりも糖分・水分ともに控えめですが、それでも主食の妨げとなる与え方には気をつけなければなりません。生のヤングコーンが手に入る時期は短いので、特別なおやつとして楽しませるくらいにしてください。ハムスターと共に季節を感じるのも良いですね。

ハムスターにアスパラガスを与えてはいけない!その理由とは

鮮やかなグリーンのアスパラガスは、栄養も豊富。ハムスターに食べさせたいと思う飼い主さんもいるでしょう。でも、アスパラガスは意外にも、ハムスターに与えてはいけない野菜に入っています。ハムスターがアスパラガスを食べると、どうしていけないのか?詳しく見ていきましょう。

アスパラガスはユリ科の植物

ネギや玉ねぎ、にんにくなどが多くの動物にとって有害な野菜であることは、わりと知られていますね。実はアスパラガスもこれらと同じ、ユリ科の植物。玉ねぎやらっきょうほどには毒性はなく影響も少ないといわれますが、それでも中毒症状が全くないとはいえません。他のユリ科の野菜と比較して、アスパラガスを危険な野菜と記述しているものは少ないようです。しかし、アルカロイド系の毒成分の危険性がある以上は、与えるべきではありません。身体の小さなハムスターは、耐性も少なく、少量でも死に至る可能性があります。お弁当やさまざまな調理で出番が多いアスパラガスですが、味わえるのは人間だけと覚えて置いた方が良いでしょう。

ユリ科植物の中毒とは

ネギや玉ねぎに代表されるユリ科植物には、どのような中毒症状が見られるのでしょうか。

  • 貧血
  • 血尿
  • 下痢
  • 震え
  • 動きが悪くなる

猫などでは、おう吐症状がみられる場合もあります。ハムスターは身体の構造上、おう吐しづらくできています。それでも吐いている様子があれば、相当な重症と考えられます。表面上はわかりづらいですが、身体の内部では脱水症状が起こっていることもあります。ほとんどのユリ科植物の毒性は強く、急性です。ハムスターの場合は、症状が現れたときには手の施しようがないというケースが多いようです。可哀想な目に合わせないためにも、危険性のある野菜は避けるのが得策です。

個体差はあるけれど

アスパラガスは、ユリ科の野菜の中では比較的毒性が弱く、うっかり食べさせたけれど大丈夫だったという飼い主さんもいます。が、これらの中毒に対しては、固体差が大きくどのハムスターが反応するかはわかりません。危険性があるとわかっている食品には、近づけないことが一番です。例えば、一度では発症しないことがあっても、次回も絶対大丈夫という保障はありません。小さいハムスターの繊細な体調は、悪化したとたんに手遅れにならないとも限りません。大型動物である人間や、比較的体力のある犬猫と同じように考えては、取り返しがつかないこととなります。

見かけではわからない

一見、ネギや玉ねぎ、らっきょうなどの仲間とは思えないアスパラガス。そのため気づかずに、安全な野菜として与えてしまうことも考えられます。ハムスターを飼っている以上は、知らなかったでは済まされないことがたくさんあります。大切なハムスターのために、食物への知識を高めておきたいものですね。

ハムスターはピーマンを食べても大丈夫なの?注意する点は?

ハムスターにピーマンを与えることについては、多少の賛否があります。が、問題となる成分については、極端な量や連食をさせなければ、さほど神経質にならなくて良いようです。またピーマンを食べさせるメリットもそれなりにあります。ハムスターにピーマンを食べさせる際の注意点について探っていきましょう。

ピーマンの毒性はごく微量

ハムスターにピーマンを与えるのを反対する意見の根拠としては、ナス科植物に含まれるアルカロイド系の成分があります。ピーマン独特の苦みの素でもあり、じゃがいもの芽に存在する有毒物質のソラニンと同じ系統のものです。しかし、その毒素はごく微量で、毎日大量にピーマンだけを食べ続けるという、異常な状態に陥らなければほとんど心配はないといわれています。飼い主さんによっては、ほんの少しでも毒性があることが気になるので与えないという人もいます。が、一方で与える野菜のローテーションの中に、ピーマンを入れている人もいます。ピーマンは野菜の中でも栄養に恵まれていると同時に、一年を通して手に入りやすい野菜です。日持ちも良く、食餌としてのメリットが大きいのも事実です。

ピーマンの成分は?

人間にとってのピーマンは緑黄色野菜の代表として、健康食材のひとつですね。ピーマンの栄養素には、どのようなものが含まれているのでしょうか。

  • ビタミンA
  • ビタミンB1・B2
  • ビタミンC
  • ビタミンD
  • ビタミンP

ピーマンは野菜の中でも、抜きんでてビタミン類の含有量が多く、「ビタミンの宝庫」と呼ばれています。ビタミンAは粘膜組織を強化し、目や肌の健康を高めます。ビタミンCとともに、抗酸化作用が高く、疲労回復や体力の向上に貢献します。ビタミンPは別名フラボノイドとも呼ばれる葉緑素のことです。毛細血管に働きかけ、血液を清浄化します。同じくビタミンDにも血行を促す効果があります。

ハムスターにピーマンを食べさせる際の注意点

毒性が低いといっても、身体の小さなハムスターに対して人間と同様に考えることはできません。雑食性のハムスターは、およそ何でも食べますが、一種類に偏らせるのは危険です。ピーマンもほんのひとかけらを、他の野菜と混合で与えることで危険性は低くなります。もちろん苦味を嫌って食べない場合には、無理に与える必要はありません。基本的にはハムスターに野菜を食べさせるときには、生のまま与えます。ピーマンにも残留農薬の恐れはあります。なるべく無農薬のものを選び、しっかりと洗った後、水分を拭き取り、適度にカットしてあげましょう。ピーマンはトウガラシと同じ種類で、タネにはカプサイシンを含みます。好んで食べてしまうハムスターもいるようですが、念のためタネは取り除いてから与えた方が良いでしょう。

メリットとデメリットを把握する

ハムスターに野菜は必要ですが、それぞれの特性を知って与えなければなりません。ピーマンはハムスターにとっても有用な栄養素が豊富であると同時に、毒性も持ちます。ハムスターの健康を第一に、量や与える頻度に注意して食べさせるようにしてください。

ハムスターに春菊を食べさせても大丈夫?気をつける点は?

春菊といえば栄養豊富な鍋の具材として、思い浮かびます。緑黄色野菜の少なくなる冬場、ハムスターにあげてみようかと考える人もいるでしょう。でも、ハムスターに春菊を与えても良いものでしょうか。ここでは春菊の気になる成分や注意点について、ご紹介していきます。

差し迫った毒性は見られない

春菊にはいくつか気になる成分はありますが、ハムスターにとっていきなり毒性が高いというほどではないようです。葉もの野菜の春菊には、シュウ酸や硝酸塩が含まれます。シュウ酸についてはほうれん草の4%程度と、あまり神経質になる必要はありません。また、体内でガンを誘発するといわれる硝酸塩も、連日大量に与えるのでなければ問題ありません。気になるようであれば、加熱することで無害化されます。尿路結石の原因となるカルシウムが多く含まれていますが、ごくたまに食べさせる程度であれば心配はないでしょう。ただ、春菊には独特の苦みがありますので、ハムスターによってはあまり好まないこともあります。

春菊の驚くべき栄養

鍋料理の脇役となりやすい春菊ですが、その栄養は主役級です。ほうれん草のようなアクも少なく、サラダにも推奨されるほど。春菊に含まれる主な栄養素は次の通りです。

  • βカロテン
  • ビタミンB1・B2
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • マンガン
  • カルシウム
  • カリウム

冬場に旬を迎える春菊には、感染症対策となる栄養分が豊富に含まれています。βカロテン、ビタミンCはともに抗酸化作用が高く、体内のサビといわれる活性酸素の除去に働きます。粘膜や皮膚を強化し、抵抗力を高めます。ビタミン群、ミネラルがバランス良く含まれ、身体全体を内側から整えていきます。独特の香りの成分は、α-ペネン、ペリルアルデヒドで胃腸の調子を改善し、食欲を増進させる働きがあります。

ハムスターに春菊を与えるときは

春菊などのくせのある野菜は、ハムスターによって好き嫌いがあります。個体差があり、まったく口にしない可能性もありますが、好んで食べるようであれば連食させずに日を空けて与えるようにします。春菊を食べさせた日は、カルシウム分の多い煮干しなどを与えるのは避け、バランスが取れるように気をつけてください。どのような食べ物でも、同じものをたくさん与えるのは良くありません。種類を多く少しずつ、がハムスターにとってベストです。基本はペレットと水ですが、野菜に含まれる有用な栄養素もうまく取り入れたいもの。葉もの、根菜などそれぞれの特性を知り、健康的な食生活を提供してあげてください。

たまに少量なら問題なし

飼い主さんによっては、特に気にせずに春菊を食べさせていた、という人もいるようです。カルシウムやその他の成分について留意し、与え過ぎないようにします。同じ成分をもつ葉もの野菜が重ならないように、工夫してあげてくださいね。

ハムスターにじゃがいもを与えるときには、葉・芽・皮に要注意!

ほとんどの家には常備されているじゃがいも。ハムスターにも食べられそうな気がしますよね。でも、じゃがいもには毒性の高い部位がたくさんあります。ハムスターを危険にさらさないためにも、じゃがいもについての知識をしっかり学んでおきましょう。

与えるのはゆでた真ん中を

じゃがいもの芽に毒があることは、よく知られていますよね。調理実習などで、芽を取り除くように教えられた人も多いのではないでしょうか。じゃがいもの芽、そして葉や茎さらに皮には、ソラニンという毒性の強い成分が含まれています。特に芽の部分では、人間をも死に至らせるほどの猛毒が発生します。じゃがいもの皮は厚めにむいた方が良いとされるのも、この成分があるからです。身体の小さなハムスターに食べさせる場合には、これらの部位について細心の注意が必要です。ハムスターに与えるのであれば、ゆでたじゃがいもの真ん中のあたりが安全ですが、特にじゃがいもを食べさせる必要はないことも覚えておきましょう。

恐ろしいじゃがいもの中毒症状

じゃがいもに含まれているソラニンの中毒症状とは、具体的にはどのようなものなのでしょうか。人間にあらわれる症状としては、次のようなものが挙げられます。

  • 頭痛
  • 下痢
  • おう吐
  • 腹痛
  • めまい

症状を訴えられない動物たちの場合も、動きが悪くなったり、下痢やおう吐が見られます。特に小さなハムスターの場合には、様子がおかしいと思ったときにはもう遅いと考えて良いでしょう。学校などで栽培された未成熟なじゃがいもを、皮ごと食べて食中毒症状を起こした例は数多くあります。農林水産省でも、じゃがいもの芽で死に至る可能性があることを、正式に発表しています。

ハムスターにじゃがいもを食べさせるときは

じゃがいもは腹持ちが良いため、主食のペレットを食べなくなる可能性もあります。心配な成分も多いので、あえてじゃがいもをハムスターに食べさせる意味はありません。それでも新鮮なじゃがいもがたくさん手に入り、飼い主さんがゆでて食べるといった場合、十分安全な部分をほんのひとかけらあげる程度であれば問題はないでしょう。ソラニンの他にも、古くなったじゃがいもに生えるカビには、中毒症状をひきおこすセプシンが発生します。じゃがいもは熱への耐性があるビタミンCが多く含まれている、健康食材でもあります。しかしハムスターに与える食物としては、適当であるとはいえません。ビタミン類は他の野菜や果物でも安全に補うことが可能です。

ハムスターの食べ物としては推奨されない

じゃがいもは、人間にとってはなくてはならない食材ですが、ハムスターにとってはそうではありません。でも飼い主から与えられれば、ハムスターは嬉しそうに食べてしまいます。ハムスターのために危険性を良く知った上で、安全な食となるよう判断をしてあげてくださいね。

ハムスターは酸味が苦手?レモンはあげる必要のない食べ物

爽やかな酸味のレモンは、人間の食生活にはとても良い効果のある果物です。でも、ハムスターにとって、大きな害はないものの特別に食べさせる必要はありません。ここでは、ハムスターとレモンの関係について考えてみましょう。

ハムスターはすっぱいと感じる?

ハムスターの味覚センサーは、かなり感度が低く、ヒトの5分の1以下です。味を感じる味蕾(みらい)と呼ばれる細胞の数は、人間で1万個、犬では2000個。ハムスターは、さらにそれよりも少ないと言われています。それでも、危険性のある食べ物を見分けるための味覚はそれなりにもっています。ハムスターの好むのは、甘味。そして苦手なのは、苦味と酸味です。ハムスターが特に好むのは、果物の中でもメロンなどの甘味の強い果物。ほとんど甘さを感じず、強烈にすっぱいレモンは与えても食べない可能性が高いのです。ハムスターの食生活は、ペレットと水、少量の野菜で十分満たされます。果物は、ほぼお楽しみとして考えて構いません。あえて好まないレモンを、ハムスターに与える意味はありません。

レモンのビタミンC

いつの頃からか、レモンはビタミンCの代名詞のように扱われています。が、すっぱさイコールビタミンC、というわけではないようです。実はレモン以上にビタミンCが豊富な食べ物はかなりあります。

  • パセリ
  • ブロッコリー
  • ピメント
  • みかん
  • いちご

上記の食品は、ハムスターが食べても問題がないものばかりです。しかも、レモンよりもずっとハムスターに好まれます。さらにハムスターは糖類のグルコースを元にして、ビタミンCを体内でつくることができます。よほど体力が落ちていない限り、ペレットを食べさせているだけでもビタミンCが不足することはありません。ハムスターが病気をしたり、元気がないときには、ビタミンを多く含む嗜好性の高い果物や野菜を与えると良いでしょう。

ハムスターと果物

柑橘系の果物全般がハムスターに悪いわけではありませんが、グレープフルーツやレモンは苦味や酸味が強すぎるので、避けた方が良いものとされています。甘味を好むハムスターは、与えられると大抵の果物を食べますが、中にはまったく口にしないものもあります。逆に、例え毒性のものであっても、気づかずに食べてしまうことも。果物のタネの中には、ハムスターを死に至らせるほどの毒性があるものも多く存在します。ハムスターにとって、果物はお楽しみのおやつのようなもの。愛情から思わぬ結果を引き起こさないように、しっかりとした知識の下で、与えるようにしてください。

人間とは異なるハムスターの食生活

健康の象徴のように感じるレモンですが、ハムスターには必ずしも必要とされません。さまざまな味を与えたいと思っても、やはりハムスターにも好みがあります。「与えても良いが与える必要がない」という食品は、意外とたくさんあります。人間とハムスターの食生活はまったく違う、を大前提にすることが大切です。

豆苗はハムスターに安心して与えられる 食べ過ぎにはご注意

値段も安く、年中手に入る豆苗は、ハムスターに与えやすい野菜のひとつ。緑の部分から豆の部分まで、好んで食べるハムスターも多いようです。ここでは、ハムスターに豆苗を食べさせる際の注意点や、その栄養について見ていきましょう。

そもそも豆苗って何?

豆苗は根元に豆がついていることでわかるように、発芽野菜の一種です。元は、グリーンピースでおなじみの、えんどう豆。きぬさや、スナックえんどうなどとも同じ仲間ということになります。発芽野菜の多くは、とても栄養価が高く、健康効果もあります。また、水を使って栽培するので、農薬の危険性もありません。ハムスターたちも豆類は大好きなので、喜んで食べてくれます。気をつけたいのは、意外に糖質が高いこと。与え過ぎると肥満の恐れがあります。ハムスターの長生きの秘訣は、人間と同じく粗食だといわれます。タンパク質や糖分などは控えめに、さまざまな食餌を与えることで健康が保たれます。

豆苗は元気の源だった

野菜売り場でも決して目立つ存在ではありませんが、豆苗には価格以上の実力があるようです。豆苗に含まれている主な栄養素には、次のようなものがあります。

  • βカロテン
  • 葉酸
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • マグネシウム
  • カルシウム
  • カリウム

特に注目されているのが、βカロテンの多さです。体内に入ると必要な分だけビタミンAに変わります。強力な抗酸化作用をもつことで知られ、細胞や血管の若返りを促進し、抵抗力を高めます。美容ビタミンとして知られる、ビタミンC、ビタミンEとの相乗作用で、身体中を元気にしてくれる働きが期待できます。ハムスターにとっても、感染症を防止し、粘膜や皮膚の強化に役立ってくれそうです。

ハムスターに豆苗を食べさせる際の注意点

豆苗は健康効果が高く、ハムスターにとって特に問題となる成分はありません。が、どのような野菜であっても、食べさせ過ぎるとその水分から下痢をする危険性は常にあります。また、一種類だけを大量に続けて与えることは、何らかの障害を起こす原因となります。他の野菜と上手に混ぜて、バランスよく食べさせることが大切です。
豆苗は一度食べてしまっても、根の部分を水に浸しておくことでまた芽が伸びてきます。うまく育てると2度くらいは収穫ができるといわれています。ただし、菌がついてカビが発生する恐れがあります。毎日水を変えて清潔に保ち、少しでも変色などがあった場合には栽培をあきらめましょう。

発芽のエネルギーをハムスターにも

植物の発芽する力は、生命力に満ちています。豆苗の元気をハムスターにも、分けてあげたいですね。豆類は食べ過ぎると肥満につながります。量や与える頻度を調節して、ハムスターの健康生活を守ってあげてくださいね。

そろそろ抜け毛の季節!換毛期の犬の正しいケアとは

犬は汗腺がほとんどないので、汗を出すことができず、体温調節には別の機能を使うほかありません。

犬の体温調節のために必要なものの一つが「換毛」です。これは、春先や秋口におこなわれることが多く、大量の毛が抜け落ちたり、また冬の前には新しい毛が生えてきたりします。このような時期を換毛期と呼びます。

しかし、すべての犬に換毛期があるわけではないのです。

換毛期がある犬

換毛期がある犬というのは、主にダブルコートの犬です。

犬は毛質によって2種類に分けられ、毛が1層構造なのがシングルコート、2層構造になっているのがダブルコートです。

ダブルコートの犬には皮膚を保護するためのオーバーコートと、体温を調節する働きを持つアンダーコートがあります。

冬が近くなると寒さに耐えるために毛が生えますが、逆に夏の前になると暑さによって熱がこもらないように毛が抜けるのです。

ダブルコートの犬というのは長毛の犬と思われがちですが、短毛の犬にもダブルコートはいます。ダブルコートの犬としては、長毛ではゴールデンレトリーバーやスピッツ、チワワやポメラニアン、ダックスフンドやキャバリアなどがいます。

そして短毛犬種ではラブラドールレトリーバーやシベリアンハスキー、柴犬や秋田犬フレンチブルドッグやコーギーなどがダブルコートの犬種に該当します。

換毛期の抜け毛のケア

ブラッシング

換毛期になると、とにかくダブルコートの犬の毛はごっそり抜けます。あまりに大量に抜けるので、「何かの病気かな?」なんて思う人もいるほどです。

犬が歩いたり遊んだりするたびに毛が抜けていては掃除をするのが大変なので、あらかじめブラッシングをして犬の抜け毛を掃除しておくといいでしょう。

ブラッシングは毛並みを整えるだけでなく、肌を程よく刺激することで血行を良くしたり、皮膚を綺麗にしたりする働きもあります。ただし、力を入れすぎると皮膚にダメージを与えてしまうので、気をつけましょう。

シャンプー

ブラッシングと同様に効果的なのが、シャンプーです。シャンプーをすることで抜け毛も落ちるので、換毛期のケアとしてはおすすめです。

ただし、これもやりすぎは禁物で、シャンプーで皮膚を洗いすぎると地肌が乾燥して肌のトラブルにつながってしまうこともあります。

ですので、できるだけ刺激の少ないシャンプーを選ぶのはもちろん、保湿作用もあるシャンプーなどを選ぶといいでしょう。

また、犬は自身で体をなめて清潔にする習性もあるので、シャンプーの回数もそこまで必要ありません。シャンプーの回数が多いと地肌への負担も増えるので、月1回くらいでも十分です。多くても月に3回くらいまでの頻度にしてみましょう。

まとめ

いかがですか?犬の大切な衣替えでもある換毛期は、「抜けるのだから特にケアしなくてもいい」と考えずに、愛犬が気持ち良く季節の変化に適応できるようにしてあげましょう。

ハムスターはさつまいもが大好き!でも与える量には気をつけて

甘くておいしいさつまいもは、ハムスターも喜んで食べます。でも、与えてよいのは生?加熱したもの?あげる際に気をつけることって?大切なハムスターのために、知っておきたいさつまいもへの注意点を見ていきましょう。

生でも加熱でも大丈夫?

基本的にさつまいもをハムスターに食べさせても、問題となる要素はありません。ただ、さつまいもにはビタミンAなどの、ハムスターにとって必要な栄養素があまり含まれていません。糖質が高いためとても喜んで食べてくれるのですが、肥満の恐れもあるので少量としましょう。さつまいもを食べるとお通じが良くなることは、知られていますよね。これは豊富な食物繊維と、切った時に白くにじみ出てくるヤラピンという成分のおかげです。でも、ヤラピンが豊富すぎるとハムスターが下痢をすることもあります。心配であれば、軽く蒸すかレンジで加熱すると良いでしょう。焼き芋をあげるときには、こげている部分を取り除いて与えてください。

さつまいもの栄養って?

近年女性にとっては嬉しい作用があると報告されているさつまいもですが、どのようなものが含まれているのでしょうか。さつまいもの主な栄養素は次の通りです。

  • タンパク質
  • ビタミンB1・B2
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • カルシウム
  • 食物繊維

さつまいものビタミンCは壊れにくく、加熱しても健康効果が損なわれません。高い抗酸化作用をもち、皮膚・粘膜、血管などを若々しく保ちます。抵抗力を向上させるので、感染症や風邪などにかかりにくくなります。イモ類の中では、カルシウムが多いのも特徴的です。ハムスターにとっては、糖分が多い食物ですので量はひかえめにしましょう。

ハムスターにさつまいもを食べさせるときのポイント

個体によっては生でも問題ないさつまいもですが、時として下痢をしてしまう可能性もあります。火を通すと甘味が増すため、さらに嗜好性が高くなります。好きなだけ食べさせることのないように、しっかりと量の調整をしましょう。皮部分がもっとも栄養的に優れているため、可能であれば与えてください。ただ焼き芋の場合は、炭となった部分に発がん性物質が含まれるといわれています。念のため、取り除いて食べさせましょう。さつまいもを薄切りにして水にさらし、レンジで乾燥させるとチップス状になります。少し残っていたら、ハムスターのおやつ用に作ってあげても良いですね。ケージに持ち込んださつまいもの残りは、すぐに片づけてください。酸化して変色が起こり、不衛生になります。

おやつにちょっぴりだけ

目を細めて食べているハムスターを見ると、ついたくさんあげたくなりますが、さつまいもは糖質が多いので気をつけなければなりません。飼い主さんがおやつにふかしいもを食べる際に、ひとかけら分ける程度で十分です。ハムスターと楽しいおやつタイムを共有できますね。

甘えん坊の猫!春になると飼い主に甘える理由とは?

春になると普段より飼い主に甘えてくる猫がいます。いつもはひとりで寝ているのに、なぜか春になると飼い主にスリスリして飼い主のそばを離れようとしなかったり。飼い主としては嬉しいけど、どこか具合が悪い所があるのか心配になります。そこで、猫が春になると飼い主に甘える理由について、ご紹介したいと思います。

猫が春になると飼い主に甘えるのはなぜ?

いつもは飼い主に素っ気なくて、寝る時も一人が好きだし、抱っこさえされるのも嫌がるくらいなのに、春になる頃には性格が変わったかのように甘えん坊になることってありませんか?実は、猫が春になると飼い主に甘えるのは、発情期が近づいているからなんです。猫は発情期になると、本来はメス猫がオス猫に向けて甘えたような声を出して鳴くことなどがあります。室内飼いの猫の場合は、オス猫ではなく飼い主に向けて甘えるようなしぐさや行動をしているからなんです。では、猫が発情期になるとどのような行動の変化があるのでしょうか?

猫が発情期に見せる行動の変化を紹介

猫が発情期に見せる行動をメス猫、オス猫のそれぞれをご紹介します。

メス猫の発情期に見せる行動の変化について

メス猫の場合は、

  • ソワソワして落ち着かなくなる
  • 甘えるような声で鳴く
  • 甘えたり人懐こくなる
  • 食欲が無くなる
  • 床の上でゴロゴロする
  • 外に出たがる

などがあります。

オス猫の発情期に見せる行動の変化について

メス猫が甘えた行動を見せる一方、オス猫の場合は、

  • ソワソワして落ち着かなくなる
  • 引っ掻いたり噛みついたり攻撃的になる
  • 大きな声で鳴き続ける
  • スプレー(柱や壁などに臭いの強いオシッコをかける)をする
  • 外に出たがる

など飼い主にとって問題行動となり得る行動が見られます。

このことから、発情期が近くなって甘えることが多いのは、メス猫だと言うことが分かりますね。

メス猫が甘える期間はどのくらいあるの?

飼い主としては普段の愛猫も良いけど、甘えてくる愛猫も愛らしく感じていることでしょう。この幸せな時間が少しでも長く続いてくれればと思うかもしれませんね。では、メス猫はどのくらいの期間の間、甘えた行動を見せるのでしょうか?猫によって個体差はありますが、大体2月~9月頃までにある発情期の間とされています。また、食事で与える量や日照時間の長さによって影響を受けると考えられています。

さいごに

愛猫の発情期を始めて迎える飼い主さんにとっては、予想外に嬉しい甘えん坊な愛猫にベロベロにされていることでしょう。また、発情期を終えて普段の素っ気ない猫に戻ってしまって寂しさを感じるかもしれません。猫には春と秋に発情期があるので、次に訪れる発情期を楽しみにするのも良いですね!

春の味覚を食べさせてあげたい!猫が食べられる果物とは?

苺や夏みかん、キウイフルーツなど春は果物が美味しい季節でもあります。猫には人間のように季節を目で見たりして楽しむことはありません。でも、せっかくなら猫にも春を感じさせてあげたいと思いますよね。おすすめは、春の旬の果物を猫に食べさせてあげることです。そこで今回は、猫が食べられる春の果物をご紹介したいと思います。また、猫が食べると危険なものも一緒にご紹介します。

猫が食べられる春の果物とは?

猫が食べられる春の果物には、どんなものがあるのでしょうか?猫が食べられる春の果物は次の通りです。

  • メロン
  • リンゴ

などがあります。意外と少ないと思いませんでしたか?実は、猫には食べられる果物と与えない方が良い果物があるからなのです。では、猫に与えない方が良い果物はあるのでしょうか?

猫に与えない方が良い果物は?

猫にあまり与えない方が良い果物を確認しておきましょう。

  • キウイフルーツ
  • 柑橘類
  • バナナ
  • サクランボ
  • ももやびわ
  • ブドウ

などがあります。果物の果実や種などに含まれる成分が猫の体調を悪くしたり、病気の原因となる場合も多いので、くれぐれも果物を与える際は注意しましょう。

猫が食べられる春の味覚はまだある!

果物以外にも猫が食べられる春の味覚をご紹介します。猫が食べられるものは次の通りです。

  • 春キャベツ
  • 新じゃが芋
  • ソラマメ
  • シラス

などがあります。猫に与える際は、しっかりと火を通してから細かく刻んで与えるようにしましょう。また、与えすぎは体調を崩す原因にもなるので、与える量にも注意しましょう!では、ここで猫が食べると危険な食べ物もご紹介しておきます。

猫が食べると危険な食べ物とは?

猫が食べるものによって、体調が悪くなったり病気の原因になったり、最悪の場合、死に至るケースがあります。未然に防ぐためにも、猫が食べると危険な食べ物をしっかり理解しておきましょう。主なものをご紹介します。

  • タマネギなどのネギ類
  • カフェイン
  • チョコレート
  • 糖分や塩分、脂肪が高いもの
  • ブドウやレーズン
  • 生の卵や豚肉、内臓類
  • 種のある果物
  • 人間用のサプリメントや薬
  • アルコール飲料

などがあります。くれぐれも猫の目につく場所に置いておかないよう、注意しましょう。

さいごに

猫が食べられる春の味覚をご紹介してきました。また、猫が食べると危険な食べ物があることもお分かりいただけたと思います。猫にキャットフードを与える際は、くれぐれも調理法や与える量、与える部位などに注意するようにしましょう。春の味覚を愛猫と一緒に食べて、春の景色を眺めながら春を存分に楽しんでくださいね。

はくさいはハムスターが食べても良い野菜 水分量に注意

冬場になると美味しくなるはくさい。手にいれやすいので、ハムスターの食餌にも加えたいですよね。はくさいはハムスターに与えても安全な野菜です。でも、水分がとても多いので食べ過ぎると下痢をする心配が。はくさいをハムスターに安心してあげられるように、注意する点について見ていきましょう。

青い部分を中心にあげよう

はくさいは、水分が95%で栄養もそれほど高くありません。カロリーが少ないので、人間の冬場のダイエットにはもってこい。でも、ハムスターに食べさせるときには量に注意が必要です。大量に与えると下痢をする原因となるので、根菜類などと混ぜて上手に食べさせるようにしましょう。特に気になる成分はありませんが、はくさいの白い部分はほぼ水分と食物繊維。葉先の青い部分の方がビタミンなど、有効成分が豊富です。与えるならできるだけ、緑の濃い部分にすると良いでしょう。はくさいはさっとゆがくと甘味が増します。野菜をあまり好まないハムスターでも、食べられるようになるかもしれません。

はくさいに栄養なんてあるの?

ほうれん草などの色の濃い野菜と比較すれば、はくさいの栄養価は高くありません。それでも身体のバランスを整えてくれる成分が、ちゃんと含まれています。はくさいに含まれている主な栄養素には、次のようなものがあります。

  • βカロテン
  • ビタミンC
  • ビタミンK/li>
  • カリウム
  • カルシウム
  • リン
  • マグネシウム

はくさいのビタミン類はそれほど多くありませんが、ミネラル分が豊富です。キャベツと良く似た組成ですが、糖質がすくなく、肥満の心配はありません。また、免疫力を高めたり、がん細胞の発生を防止する作用があると言われています。漢方医学では意外なほどはくさいの効能が伝えられており、肝臓病や喘息の治療に使われることもあります。

ハムスターにはくさいを食べさせる時は

漢方では胃腸を整える薬効もあるといわれているはくさいですが、ハムスターにとってはやはり水分量の多さが気になります。他の野菜や果物とのバランスを考えて、水分量の多いものとは組み合わせないように気をつけてください。アブラナ科に属しているはくさいにも、甲状腺機能に影響を与えるといわれるゴイトロゲンが含まれています。しかしはくさいの場合、それほど神経質になるほどの量ではなさそうです。気になるのであれば軽くゆでて、良く水分をしぼってから与えましょう。適当に水分も減らすことができるので、おなかがゆるくなりそうなハムスターにも、食べさせることができます。

水分補給と糖質の調整に

あまり栄養価の高くないはくさいですがいつでも手に入りやすく、ハムスターにも安心して食べさせられます。糖分の多い野菜と組み合わせ、水分補給もかねて与えると上手に利用できます。ハムスターには偏りなく、いろいろな野菜を食べさせてあげると良いですね。

桜シーズン到来!愛犬とお花見に出かける際に気をつけたいこと

暖かくなり春を感じる日々。桜の開花を待ち望んでいるという方も多いのではないでしょうか?

週末は家族でお花見に行く予定という方の中には、もちろん愛犬も一緒に桜を楽しみたい!と楽しみにしている方もいることと思います。愛犬も寒い冬が終わり新緑や花の香りの中、飼い主さんとのお散歩やピクニックをとても楽しみにしているはず。

でもちょっと待って!特に人出の多いお花見シーズンは愛犬にとって危険が潜んでいることもあるんです。

シャイな犬は気をつけて!大きな音で愛犬が迷子に!?

お花見シーズンや夏祭りなどで多いトラブルが犬の迷子です。

特にお花見の時期には公園などで盛り上がり、お酒を飲んでいる人も沢山。中には泥酔状態の大盛り上がりを見せる席もあります。急に歌いだしたり、拍手が巻き起こったり、大声で叫ぶ声が聞こえてきたり。

犬にとってはお花見だからと理解できるものではありません。

飼い主さんが桜に心奪われていると、急な音に驚いた愛犬が思いもよらぬ力で引っ張りリードが手から抜けてしまったり。抜けないと思っていた首輪やハーネスがするりと抜けてしまったり。
特に普段から音が苦手、人が苦手、といったシャイな愛犬の場合には特に注意してあげましょう。一度パニックになってしまうと、飼い主さんの声も届かずどこかへ走っていってしまってそのまま迷子になってしまう危険があります。

食いしん坊さんからは目を離さずに!お花見で多い拾い食い

日本を代表する美しい桜ですが、残念ながらお花見客の残していくごみ問題が毎年ニュースに取り上げられています。

中には食べ残しや、ジュースの残り、お菓子や食事のパッケージ、トレイなど、愛犬にとっては魅力的なものも沢山。特に先の尖った串、取り上げられまいと慌てて飲み込んで喉に詰まってしまうようなサイズのものは命に関わることも。
飼い主さんが全ての落し物を把握しながらお花見をするというのは難しいことです。

最近では飲食禁止というお花見エリアも増えてきているので、できればそういった拾い食いの心配がない場所、あまり人の来ない近所の穴場スポットなどを選ぶと、飼い主さんも愛犬ものんびり楽しむことができるでしょう。

犬の目線から考えたい、人混みに潜む危険

お花見の際に人は桜を見上げることに夢中になって視線が上にいきがちです。しかし愛犬たちが過ごす世界は地上20センチ~超大型犬でも1メートル程度。

カメラを覗きながら、桜を眺めながら、家族や友人とおしゃべりに夢中になりながら、各々お花見を楽しむ人が多い中で特に小型犬は人間の視界に入らない、気づいてもらえないことが多くなります。また飼い主さん自身も人の多さで見通しが悪かったり、つい桜に目がいってしまって、普段のお散歩よりも足元の愛犬を取り巻く危険に気づくのが遅くなってしまうことも。

知らないうちに犬の存在に気付かなかった人に愛犬の足や尻尾を踏まれてしまった、鞄やカメラの三脚が目に当たった、目の前の人が食べ物を落とし愛犬が拾ってしまった。様々なトラブルが起こりえます。

全てを想定して防ぐことはできませんが、人が多ければ小型犬は抱き上げる、なるべく人の少ない道や場所を選ぶなどして防げるトラブルは防ぎたいものです。

愛犬と楽しい思い出を

少し怖いことばかり書きましたが、愛犬とのお花見というのは限られた回数しか出来ないことです。美しい桜に嬉しそうな飼い主さんの姿、一緒にお出かけをする愛犬はとても幸せに感じることでしょう。

気をつけるポイントを抑えて、暖かい春と美しい桜を存分に愛犬と楽しみたいですね。

ハムスターはくりを食べても大丈夫 注意する点とは

とても美味しいくりを食べると、ハムスターにも分けてあげたくなります。でもハムスターは、くりを食べても大丈夫なのでしょうか。あげるときは生のくり?ゆでた方が良いの?ここでは、ハムスターにくりを与える際の注意点について見ていきましょう。

渋皮のタンニンに注意

くりそのものは、ハムスターに食べさせても悪い成分はありません。気をつけたいのは、渋皮に含まれているタンニンです。タンニンは苦味や渋みの元となっていますが、消化器官を傷つけ、腎臓や肝臓などに負担を与える可能性があります。人間のだ液にはタンニンを無毒化する働きがあるため、少しくらいであれば問題にはなりません。ハムスターの身体にはこのようなしくみがなく、タンニンの影響を直接受けてしまいます。ハムスターにくりを食べさせるのであれば、しっかりとゆでた後、渋皮をむいて与えます。くりは糖質が高く、ハムスターには滋養がありすぎる食べ物です。肥満の元になるので、あげるのはほんの少しにしておきましょう。

くりの栄養

ほくほくとして美味しいくりですが、どのような栄養があるのでしょうか。くりの主な成分には次にようなものがあります。

  • たんぱく質
  • ビタミンA
  • ビタミンB1・B2
  • ビタミンC
  • 亜鉛
  • カリウム
  • 食物繊維

くりにはビタミン類がバランス良く含まれています。特にくりのビタミンCは、果物に含まれるものと異なり、ゆでても壊れることがありません。ビタミンCには高い抗酸化作用があるため、抵抗力アップが期待できます。亜鉛は疲労回復に役立ち、カリウムは体内の老廃物を排出する働きがあります。ただくりのカロリーは意外と高く、5個程度でご飯一膳分ほどもあります。ハムスターにはカロリー過多となりやすいので、嬉しそうに食べていても毎日与えるのは良くありません。

ハムスターにくりを食べさせるときは

ハムスターにくりを与えるときには、良くゆでて渋皮をしっかりととりのぞいたものを、ごく少量だけにします。人間が食べているくりを、ほんの少し分ければ十分です。くりには甘味があるので、与えればいくらでも食べてしまいます。主食に影響が出ないように、量に注意をしましょう。くりはそのままでも糖質が高いので、さらに砂糖を加えている甘ぐりはハムスター向きではありません。くりを加工したお菓子類も、ハムスターには食べさせないように。ハムスターの健康管理は、飼い主さんの責任です。基本的にはペレットと水だけでも、栄養的に過不足がないことを覚えておきましょう。

人もハムスターも食べ過ぎに注意

人間もついつい食べ過ぎてしまうくりですが、ハムスターにとっても肥満の原因になります。「秋の味覚をハムスターにも」という気持ちは理解できますが、ハムスターの健康のためにもお楽しみは少しだけにしてあげてくださいね。

桜と一緒に記念撮影!愛犬と桜を一緒に写真に撮るコツ

春といえば、日本人が愛してやまない桜のシーズン!
開花宣言をまだかと待ちわび、愛犬とお花見に出かける予定の飼い主さんも沢山いらっしゃることと思います。

もちろん愛犬と桜の記念撮影をしたいですよね?
しかし背が高く上の方に花が咲く桜と地面の低いところに立つ愛犬を一緒に撮るのは至難の業…。そんな悩める飼い主さんのために、桜を愛犬の上手な写真の撮り方をご紹介します!

定番はやっぱり抱っこ!桜の花に包まれて

抱っこできる愛犬や、人が多く歩かせるには不安な場合に有効なのが抱っこ。

枝が垂れている場所の隙間から愛犬の顔をのぞかせれば、桜に包まれる愛犬の写真が撮れます。「うちのこ重いから…。」なんて言わず、落とさないようにしっかり抱っこしてあげてくださいね。
また桜の枝や葉に当たって傷つけてしまわないように、細心の注意を払って撮影しましょう。

狙い目は早朝!背景一面に咲く桜で幻想的な瞬間を

どうしても近く近くで撮ろうとしてしまうと、愛犬と一緒に撮ることが難しくなってしまう桜。
少し都心から離れ広いところで、遠くに咲く一面の桜を背景にしちゃいましょう!後ろ一面淡いピンクに包まれたかわいい愛犬の姿が撮れますよ。

桜が痩せて花が少なかったり、まだ6分咲きだったりする場合、写真にすると意外と花がまばらなのが写ってしまいます。せっかくなので満開の時期を狙いましょう。
また人が多い時間だと愛犬も緊張してしまったり、そわそわしがち。自然な散歩中のような和やかな表情を収めるために、人の少ない早朝がおすすめです。

あわせて愛犬の周りには菜の花が咲いていたりすると、ピンクと黄色、緑のコントラストが美しい写真が撮れますよ。

川沿いの桜は最高のロケーション!高低差を有効活用しよう!

私が一番おすすめしたいのが川沿いに延々と続く桜。

川沿いの桜は川に向かって斜面を覆うように咲いていることが多いです。川沿いの道に川を背に立てば自然と背景を覆うように桜が。そして川に降りれるような階段がある川であれば、階段は最高の撮影スポットです。
土手があってその下に桜が並んでいるような川も、土手が最高の舞台になりますね。

また延々桜が咲いている川であれば人が分散されるので、人が少なく迷惑にならない場所も探せますし、桜が綺麗に写りこんでくれるスポットも探しやすいです。
愛犬とお散歩しながら、ちょこちょこ記念撮影、とっても楽しいのでおすすめです。

散った桜も美しい、愛犬と桜の絨毯で終わりかけのシーズンも楽しんで

桜というとつい見上げて咲いている花ばかり見てしまいますが、愛犬たちがいる足元にも目を向けてみませんか?

そこには散った桜の花びらが。
満開のシーズンよりも散り出してから楽しめる桜の絨毯。なるべく沢山敷き詰められているところを選んで撮ったり、歩いている姿を上から撮ったり。また秋になればイチョウや紅葉の季節にも楽しめます。

たまには飼い主さんも一緒に

ついつい愛犬ばかり撮ってしまいがちですが、家族と出かけた週末には桜を背景にお散歩風景を撮りあってみませんか?

「待て!」とポーズを決めている写真ももちろんかわいいですが、大好きな飼い主さんと歩いている愛犬はとても自然体です。飼い主さんが思っている以上に、愛犬はあなたを見上げながら歩いていますよ。

限りある犬生、最高の思い出を残していきましょう

私は愛犬を亡くしたときに、もっと写真を撮っていればと思ったと同時に、一緒に写っている写真があまりに少なく後悔しました。いつも愛犬の姿だけを収めていたんですね。

愛犬との時間は永遠ではありません。
あなたには、愛犬の今この瞬間を、そして移り変わる季節の中で過ごす愛犬の姿を、飼い主さんを愛おしそうに見つめるその表情を、沢山撮って残していってもらえたらいいなと思います。

ハムスターにたまねぎは絶対に食べさせないで!その中毒症状とは

たまねぎはハムスターに絶対にあげてはいけない野菜。ほんの少しであっても重症化し、生死に関わります。ここではたまねぎに含まれる成分の危険性と、たまねぎ中毒となった際のハムスターの症状について詳しく見ていきます。

たまねぎの怖い毒性とは

草食・肉食を問わず、人間以外のほとんどの動物にとって、たまねぎやねぎには強力な毒性があります。たまねぎに含まれている硫化アリルは、血液中の赤血球を破壊して中毒症状を引き起こします。人間は長い進化の途中で硫化アリルの消化酵素を得たため、たまねぎを食べても健康に害はありません。ハムスターよりも身体の大きな犬や猫が、たまねぎを食べて重度の貧血となるケースは良く耳にします。ハンバーグに入っている程度の量であっても、重症化してしまうのです。ごく小さなハムスターにとっては、たまねぎのひとかけらが致命的な影響を与えることとなります。たまねぎの成分がついた包丁やまな板などにも、十分な注意が必要です。

ハムスターのたまねぎ中毒の症状

ハムスターが誤ってたまねぎを食べた場合、症状が出てくるまで1日から数日かかることがあります。ハムスターのたまねぎ中毒の症状としては、次のような様子が見られます。

  • 震える
  • 血尿が出る
  • よろめく
  • 貧血
  • 動きが悪くなる

耳やおなかなど毛の薄い部分の色が悪くなっていれば、貧血を起こしています。多くのハムスターは、まず震えが止まらないことで飼い主さんが異常に気づくようです。次第に症状が進んでいくと、血尿が出始め、弱って死んでしまいます。素人判断をせずに、早めの受診をお勧めします。たまねぎ中毒には、特効薬がありません。犬や猫の場合には輸血が行なわれますが、小さなハムスターには、ビタミン剤の投与などで経過を見ることが多いようです。

たまねぎを放置しない

ハムスターがたまねぎ中毒になるケースには、飼い主がたまねぎの害について知らなかった他、部屋の中で遊ばせているときに食べてしまうという場合もあるようです。小さな子どもがこぼしていたり、キッチンの足元にかけらが落ちていたりということも考えられます。ハムスターを放すときには、念入りに部屋のチェックをしておきましょう。たまねぎを調理した後はよく器具を洗ってからハムスターの野菜を切るなどを心がけ、たまねぎのエキスが混入しないように気をつけたいものです。どんなささいなことからでも、ハムスターにとっては危険につながっていきます。食べさせてはいけない野菜を、しっかりと把握しておきましょう。

ハムスターは危険性を知らない

たまねぎの毒性は、加熱をしても消えません。またハムスターはたまねぎの危険性を、判断できないようです。いつも身近にあり、ひんぱんに料理に登場するたまねぎだけに、その扱いには十分な注意が必要です。

ジメジメ・カイカイ!梅雨の時期に気をつけたい犬の皮膚トラブル

雨が多く、ジメジメとしたこの季節。
このジメジメが、わんちゃんにとって皮膚トラブルのもとになりやすいことは、ご存知ですか?
ここでは、梅雨の時期に注意したい肌トラブルと、その対処法を紹介します。

マラセチア皮膚炎とは?

マラセチアは、犬の皮膚に常在する真菌です。
健康な皮膚では問題は起こさない菌なのですが、何らかの理由で皮脂が増えすぎたり、皮膚の抵抗力が落ちることでマラセチア菌が増殖し、皮膚炎を引き起こしてしまうのです。

マラセチア皮膚炎の症状と原因

症状

症状としては皮膚の赤みや痒み、脱毛、べたつき、酸っぱいような独特の臭い、乾燥などが挙げられます。
また、垂れ耳の犬種は外耳炎として症状が表れることも多いです。

原因

梅雨の時期にマラセチア皮膚炎になってしまう犬が多いのは、マラセチア菌が湿った所で増殖しやすいためです。
マラセチア皮膚炎を引き起こす原因は、雨の日の散歩後にタオルドライだけで済ましたり、シャンプー後にしっかり乾かさなかったりしたことなど、湿気と汚れが原因で引き起こされることが多いです。

マラセチア皮膚炎が発症しやすい犬種

皮脂が多い、垂れ耳の犬種が発症しやすいと言われています。
なかでもシーズーが圧倒的に多いと言われていますが、テリアやスパニエル系、パグ、ミニチュアシュナウザー、バセットハウンド、ゴールデンレトリーバー、シェットランドシープドック、ボーダーコリーも罹りやすい皮膚炎です。

膿皮症とは?

膿皮症も、犬の皮膚に常在する黄色ブドウ球菌が異常繁殖して起こる皮膚炎です。
この膿皮症は、犬の皮膚炎の中では最も発症率が高いと言われています。

膿皮症の症状と原因

症状

皮膚に赤いブツブツや膿疱、かさぶた、脱毛などの症状がみられます。
初期段階として、皮膚の浅い部分にニキビのような膿ができる表面性膿皮症、その膿が毛の根元に達した表在性膿皮症、皮下組織にまで進行した深在性膿皮症と分類されます。
この進行が進んでしまうと痒みや発熱などがきつくなってしまいます。

原因

やはり、汚れや湿気が原因で黄色ブドウ球菌が繁殖しやすくなるため、高温多湿な梅雨の時期に多く発症すると言われています。
また、乾燥によって皮膚のバランスが崩れやすい冬にも多く発症します。

膿皮症に発症しやすい犬種

長毛種や、シワが多い犬種に発症しやすいと言われています。
犬種としては、イングリッシュ・セッター、コッカー・スパニエル、ブルドッグ、ペキニーズなどが挙げられます。

皮膚トラブルの対策とまとめ

梅雨の時期に気をつけたい皮膚トラブルについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
これらの皮膚炎にならないためには、湿気が多い梅雨の時期には長毛種は短めにカットする、適度にシャンプーをしてしっかり乾かす、ブラッシングでアンダーコートを取り除くなど、飼い主さんがしっかりとケアしてあげることが大切です。
それでも罹ってしまったら、すぐに獣医さんに連れて行って早めに治療しましょう。