ハムスター

賛否両論ハムスターはいちごを食べても大丈夫?注意点は?

ハムスターがいちごを抱えている図は、ビジュアル的にとても可愛らしいものです。でも、ハムスターにいちごを食べさせても大丈夫なのでしょうか。いちごが属しているバラ科の植物は、未成熟期のタネに毒性があると言われています。いちごの粒々はすべてタネ。ちょっと心配になってしまいます。さっそくハムスターといちごについて見ていきましょう。

赤く熟れていればあまり心配はいらない

バラ科植物のタネに関しての毒性も、赤く熟れたいちごを食べさせる分には、あまり気にする必要はないといわれています。ただ、ハムスターにとって果物は水分が多く、下痢をしてしまう可能性があります。結論としては、十分成熟したものを少量であれば、神経質に考えなくても良いということです。ただしハムスターにとっていちごは、おやつでしかありません。また、果実部分よりもヘタ部分を好むハムスターもいます。タネの毒性が気になるからといって、いちいち取り除いてあげるくらいであれば、与える必要はないでしょう。いちごの甘味が気に入ってしまい、ペレットなどの主食を食べなくなっては本末転倒となります。

いちごには栄養はあるの?

美肌の果実として女性が大好きないちごですが、ハムスターにも良い栄養分は含まれています。

  • ポリフェノール
  • ビタミンC
  • キシリトール
  • カルシウム
  • カリウム
  • 葉酸

いちごのビタミンCの多さは良く知られていますが、ポリフェノールにも恵まれています。そのため非常に抗酸化作用が高く、毛細血管や肌細胞にも働きかけるため、美肌果物といわれています。抵抗力も向上し、感染症対策にもなります。また、ガムの成分でおなじみのキシリトールも含まれており、虫歯予防の働きもあります。ハムスターにとってもこれらの成分や、血液の合成にかかせない葉酸などは有益な栄養素といえるでしょう。

ハムスターにいちごを与えるときは

ハムスターにいちごを食べさせる際には、次のようなことに注意しましょう。

  • 与える量としては1/4個程度
  • よく熟れたもの
  • 体調を管理する
  • 連食させない

いちごは水分量が多いので、与え過ぎると下痢の原因となります。身体の小さなハムスターにとっては、いちご1粒は多すぎます。良く熟れたものを清潔なナイフでカットして与えてください。いちごは悪くなりやすいので、食べ残しはすぐに取り除きましょう。旬の季節だからといって、連食はさせないように。いちごの糖分に慣れると、ペレットや野菜を食べなくなります。タネを取り除くまでは必要ありませんが、タネや実が青いものは与えないようにしてください。

少しだけ、を守る

ハムスターは、ペレットを主食としていれば栄養的には万全といわれています。果物は水分補給や、雑食性であるハムスターのおやつとしての位置づけです。ハムスターの体調を見ながら、適量を心がけるようにしてください。

ハムスターにレタスを与えるときには量と部位に注意が必要

レタスもハムスターに与えることについては、賛否両論が見られる野菜です。レタスは特に毒性が強いというわけではないため、与える量を調整すれば食べさせても問題はありません。ここでは、レタスがハムスターに悪いといわれる理由や、与え方についてご紹介していきます。

レタスがダメといわれるのはなぜ?

ハムスターにレタスを食べさせない方が良い、というもっとも大きな理由は、栄養価と水分量のバランスです。レタスは繊維が少ない割には、水分が多い野菜。そのため、下痢を起こす可能性があります。ただ、ペレット主体にしている場合には、栄養は十分摂取できているので、水分補給にレタスを与えても問題ありません。レタスはお水を飲ませる代わり程度と考え、少量にしましょう。また、レタスには催眠効果のある成分が含まれているといわれていますが、科学的に証明されているわけではなさそうです。真実としても、かなり大量に摂取した場合にのみと考えられます。根元をカットした時に出る白い液体に成分が多く含まれるので、葉を食べさせるのであればほとんど心配はないようです。

レタスには全然栄養はないの?

他の野菜と比較しても、水分ばかりといわれるレタスですが、まったく栄養効果がないというわけではありません。

  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • マグネシウム
  • カリウム

活性酸素を排除する力の強いビタミンCや、若さを保つビタミンEなどが見られます。また、体内の余分なナトリウム排除を行なうカリウムは、腎臓の機能をサポートします。ただレタスの水分量は96%以上。ハムスターに食べさせるほどの少量では、これらの栄養的な働きに期待はできません。ハムスターに対しては、やはり食べる「給水器」として考えるべきでしょう。その歯触りの良さからレタスを好むハムスターは多いようです。

ハムスターにレタスを食べさせるときには

ハムスターにレタスを食べさせるのは、少量だけとし、連食させないようにします。この場合も、ハムスターの糞の様子を観察し、軟便のときには与えないでください。ハムスターの身体は、下痢するだけで体力低下を招き、衰弱してしまいます。もし下痢をしているようであれば、床から小動物用ヒーターなどで身体を温めてあげてください。レタスは歯触りが良いため、ハムスターはストレス解消ができます。丸ごと与えたりすると、いつまでも食べ続け、体調を崩します。与えるときには、内側の葉先部分であれば、農薬の影響も低く、気になる成分も微量となります。心配でゆでてあげる、という飼い主もいるようですが、そこまでしてレタスを食べさせる意味はありません。

レタスは水

歯触りと水分以外にハムスターにレタスを与える効果はありません。あまり水を飲んでいないような時に、おやつとしてあげると良いでしょう。いろいろな味のものを食べさせるのは良いことですが、体調をしっかり管理できるよう、気をつけてあげてください。

にんじんはハムスターにとって良い野菜 量はちょっぴりでOK

にんじんはハムスターに食べさせたい野菜のひとつです。ペレットだけでは飽きてしまう食生活も、野菜を適度に与えることでバラエティがつきます。年中変わらず手に入るにんじんですが、どんな風にして食べさせるのが良いでしょう。ここではハムスターににんじんを与えるとき、知っておきたいことを調べてみました。

にんじん好きなハムスターは多い

特に問題のある成分のないにんじんは、与えている飼い主さんも多いようです。ハムスターの多くは特別好き嫌いをすることもなく、受け入れやすい野菜といえるでしょう。ただ、手軽だからといっても、毎日にんじんばかりを与えて良いかというと、そうではありません。やはりバランスの良いペレットを主食とし、副菜やおやつとしてにんじんや他の野菜を与えます。雑食性のハムスターは、なるべくいろいろな味を覚えさせた方が良いといわれます。野菜もにんじんばかりではなく、適度に混ぜてあげましょう。加熱すると柔らかくなり、甘味を増すにんじん。生であまり食べないというときには、軽くゆでてみると良いかもしれません。

にんじんの栄養はハムスターにも良い?

緑黄色野菜としておなじみのにんじんには、たくさんの栄養があります。にんじんに含まれる主な栄養素を見てみましょう。

  • βカロテン
  • ビタミンB1・B2
  • ビタミンC
  • カリウム
  • リン

にんじん、といえばビタミンAでおなじみですが、豊富に含まれるβカロテンが体内でビタミンに変換されます。抗酸化作用が高く、体内の活性酸素を除去し細胞や血液の若さを保ちます。寿命の短いハムスターたちにも、是非食べさせてあげたいですね。このβカロテンは、生よりも加熱すると吸収効率が上がるといわれています。ハムスターにも、無理に生を食べさせずに、好むのであればゆでたものを与えると良いでしょう。

にんじんの糖分には注意が必要

甘味があるということは、糖質が含まれているということでもあります。にんじんは手軽で与えやすく、ハムスターも良く食べるのでつい量が多くなりがち。でも、野菜であっても糖分が多いものは、やはり太ってしまう可能性があります。良く動くハムスターですが、身体が重くなるとそれだけ動きが悪くなり、寿命も短くなります。また、にんじんばかりを好んで食べるようになると、厄介です。カロリー低めの野菜もとりあわせ、ペレットを主食にすえて食餌の管理をするようにしてください。皮は良く洗えば、与えても問題はありません。また、にんじんの葉は栄養があるので、ハムスターのためにも家庭菜園でミニキャロットを育てるのも良いですね。

主食プラス野菜

ハムスターのペレットは非常に優秀で、バランス良くできています。でもハムスターにとっては、野菜や果物の味の方が、やはり魅力的なようです。可愛いくて、つい食べさせたくなってしまいますが、にんじんといえども量を考えることが大切。人間の野菜くずでもハムスターにとっては、十分な量となります。

ハムスターはみかんを食べても大丈夫 食べさせる量に気をつけて

みかんはハムスターにとって、問題となる成分などを含んでいません。でも、みかんは85%が水分です。ちょっと食べ過ぎただけでも、おなかがゆるくなり、ひどい時には下痢をしてしまいます。甘いみかんの糖分も気になるところ。ここではハムスターにみかんを与えるときの、注意点について見ていきます。

水分と糖分が気をつけるポイント

みかんはかんきつ類なので、あまり好まない固体もいますが、おおよそのハムスターはみかんを与えると喜ぶようです。みかんはたっぷりの水分を含んでいるため、少し多めに食べただけで、すぐに下痢する恐れがあります。また果糖が豊富なため、毎日与えていると太り過ぎの原因にもなります。身体の小さなハムスターにとっては、みかんのひとかけらでも大量です。体調を見ながら、量を調節して与えるようにしてください。薄皮は上手に食べるハムスターもいますが、むいてから与える方が無難です。また、みかんの皮は薬などがついている可能性が高いので、食べさせないようにしてください。

みかんの栄養と効能は?

お日様色のみかんには、優れた栄養素がつまっています。主にどんな成分が含まれているのでしょう。

  • βカロテン
  • ビタミンB1・B2
  • ビタミンC
  • ビタミンK
  • カリウム
  • タンパク質

みかんを食べると風邪をひきにくい、といわれていますがダントツの働きをする栄養素はビタミンC。抗酸化作用が強く、抵抗力を強化して細菌やウィルスから身体を守ります。また、血液の流れをスムーズにして若さをたもちます。βカロテンも同様の働きがあるため、相乗効果が期待できます。人間にとっては、みかんのカロリーや糖分はそれほど気にしなくても大丈夫ですが、ハムスターにとってはやはりかなり多めです。冬のおやつに時々、少しだけあげるのがベストです。

食べるからといってあげ過ぎない

みかんは、水分補給には適した果実です。部屋が乾燥しがちな日のおやつに、与えると良いでしょう。ただ、水分過多になりすぎて下痢をする場合もあります。ハムスターの体調を良く観察し、便がゆるいなど見られる場合には与えないでください。ハムスターが下痢をすると、脱水症状を引き起こし体力が低下します。ケージの下に小型のヒーターを置くなどして、身体全体が温まるようにしてあげてください。みかんは水分と共に糖分も多いので、ハムスターへは指先程度、ひとかけらを適量とします。みかんの皮は、ワックスや農薬が付着している可能性があります。あえて与える必要はありません。

みかんはほんのちょっぴり

美味しいみかんをハムスターにもあげたいと思う場合でも、相手は身体の小さな生き物です。与え過ぎは、体調不良を引き起こしかねません。ハムスターは主食のペレットだけでも、十分に栄養が足りています。楽しいおやつとして、ほんの少しだけ、を守ってあげてください。

キャベツはハムスターが食べても大丈夫な野菜 注意点は?

キャベツは一年を通して安定した野菜のひとつ。家庭でも常備しやすく、ハムスターの餌としても最適です。一説には好ましくない成分があるともいわれていますが、それはどのようなものなのでしょうか。ここでは気になるハムスターとキャベツの関係について、見ていきましょう。

基本的にはキャベツに問題なし

キャベツは日常的な食材として重宝する野菜です。喜んで食べるハムスターも多いようですね。キャベツの成分で気になるのは、硝酸塩とゴイトロゲン。これらはがんを誘発したり、甲状腺に影響を与える物質です。しかし、毎日大量にキャベツのみを与えているのでなければ、さほど心配はいらないようです。キャベツは適度な水分と、有効な栄養素に恵まれた野菜です。薄緑色の葉っぱには、意外なほどのパワーが秘められています。極端にキャベツに偏るのは良くありませんが、それほど神経質にならずメインの野菜のひとつとして活用しても大丈夫。どうしても気になるようであれば、さっとゆがくと有害物質除去の効果があります。

キャベツの健康効果って?

キャベツが胃腸の病気に効果があるという話は良く聞きますね。キャベツには胃腸薬名でもおなじみの成分が含まれています。全身の調子を整えてくれるというキャベツにの中には、次のような栄養素があります。

  • βカロテン
  • ビタミンC
  • ビタミンU
  • カルシウム

キャベツの特徴ともいえるのが、ビタミンU。これが別名「キャベジン」といわれる成分で、胃潰瘍の治癒に効果があります。また、キャベツのビタミンCは100g中44mgと、かなり豊富。βカロテンとともに、体内の活性酸素を除去し細胞に若さをもたらします。さらに、キャベツのカルシウムは単体でも吸収されやすいので、ハムスターの大切な歯や骨の強化にも役立ってくれそうです。

ハムスターにキャベツを与える際のポイントは?

ハムスターにキャベツを与える際のポイントとして、次のようなことに注意しましょう。

  • もっとも外側の葉は与えない
  • 他の野菜とローテーションする
  • 傷んだものは与えない
  • 乾燥キャベツの場合は水をたっぷりと

キャベツのビタミンCがもっとも豊富なのは、外側の濃い緑の部分と芯に近い部分です。無農薬のキャベツであれば、良く洗った外側の葉を与えても良いですが、確信がなければできるだけ内側の方をあげましょう。また、与える部位を変えることで歯触りや栄養の含有量も変わります。同じ味に慣れてしまうと、それしか食べなくなる可能性もあります。ペレットを主食とし、いろいろな野菜を食べさせるようにしてください。葉ものは傷みやすいので、食べ残しはこまめに取り除きます。ドライタイプの野菜も出ていますが、水分不足にならないように気をつけましょう。

身近なキャベツを上手に使って

ペレットは栄養的に優れていますが、水分不足が気になります。野菜は水分が豊富な上、ミネラルやビタミンも補給できます。キャベツの大好きなハムスターも多く見られますが、一種類の野菜だけに偏らないよう、適度な間隔で与えてください。

きゅうりでビタミンCが破壊?ハムスターにあげない方が良いの?

一見、何も問題のなさそうなきゅうり。何気なくハムスターにも与えたくなります。でも、きゅうりはハムスターにとっては、あまり良い食餌ではなさそう。ここではきゅうりをハムスターに与える問題点や、注意する点について見ていきましょう。

メリットよりもデメリットが多い

きゅうりはその95%以上が水分です。そのため、少し食べさせ過ぎると下痢をしてしまう可能性があります。まったく水を飲まないというハムスターにどうしても水分補給をさせたい、という場合をのぞけばあまり健康に役立つ野菜とはいえません。良く聞かれる説には、きゅうりに含まれるアスコルビン酸酸化酵素が、他の食材のビタミンCを破壊するというものがあります。しかし、これに関しては最近の研究で、ビタミンCを変異されるものの、体内で再びビタミンCとして吸収されるため影響がないことが解明されています。ハムスターについては健康被害というよりも、水分量が多く栄養価に乏しいという点の方がきゅうりの評価を下げるポイントとなっています。

きゅうりには水分以外に何が含まれているの?

ハムスターにとってのきゅうりは、あまり役立つ成分がなさそうですが、きゅうりには何が含まれているのでしょうか。

  • ビタミンC
  • カリウム
  • カルシウム
  • マグネシウム

きゅうりにはわずかなビタミン類とミネラルが含まれています。ギネス認定では、もっとも栄養価の低い野菜として記録されています。夏場に旬を迎えるきゅうりのもっとも強力な効能としては、身体を冷やす作用です。人間にとっては、夏場の食欲を支える薬味やサラダの具材として効果があります。口当たりの良さや、他の食材と調和した美味しさには捨てがたいものがあります。栄養的には、ハムスターにきゅうりを食べさせなければならない大きな理由は何もありません。

きゅうりをハムスターに食べさせるときには?

夏でもあまり水を飲まないハムスターであれば、きゅうりをひとかけらおやつにしても良いでしょう。その際、軟便になっていないかを確認しておきます。きゅうりは食事としては、ほとんど意味がありません。主食の邪魔にならないことが前提です。食べ合わせに関しては、先に挙げたようにビタミンCの破壊は気にしなくても良さそうです。水分量の多い野菜や果物と一緒に与えるのは、下痢を起こしやすくなりますので避けてください。ハムスターにとって、下痢といえども命取りとなる恐れもあります。体調が悪いときには、小動物用のヒーターなどで下から温めてあげましょう。水分の多いきゅうりは悪くなりやすいので、必ずその場で手から与えるだけにし、放置しないようにしてください。

きゅうりは食べさせなくて良い

雑食性のハムスターにとって、さまざまな味を食べてみるのは悪い事ではありません。しかし、きゅうりはそのほとんどが水分で、ハムスターの身体づくりに役立つ養分が不足しています。水を飲まないなどの特別な理由がない限り、与える必要はなさそうです。

ハムスターにバナナを与える時には量に注意が必要!

バナナは年中手に入る、身近な果物です。ハムスターにもあげたいという飼い主さんが多いようです。でもハムスターってバナナを食べても大丈夫なのでしょうか。あげるときにはどのくらいの量が適正?ここではハムスターにバナナを与えるときの、ポイントについて見ていきましょう。

バナナ自体には問題なし

バナナはハムスターが食べても、特に害となる成分は含まれていません。ただ、とても栄養価が高く、食物繊維が豊富。その上カロリーが高いので、下痢や肥満の原因になることもあります。また、ハムスターによっては生のバナナをあまり好まないという場合もあります。無理に食べさせる必要はありませんが、好んで食べるときでも量の加減が大切。身体の小さなハムスターには、ほんの爪の先程度でも十分な量となります。糖質が多いので、高齢になって食が細いハムスターの、栄養補給としては適しています。便がゆるいなど異常がないときに、おやつとして与えましょう。ハムスター用のドライバナナは、どのハムスターでも好きなようです。ドライタイプであっても、糖分の多いことには変わりませんので食べさせ過ぎは禁物です。

バナナにはどんな栄養があるの?

登山者やアスリートが良く口にするバナナですが、どのような栄養に恵まれているのでしょうか。バナナの主な栄養素には次のようなものがあります。

  • タンパク質
  • ビタミンB2
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • カルシウム

バナナに多く含まれる糖質は、効率良くエネルギーに変換します。バナナが元気の素として重宝されるのは、このためです。また、乾燥させた場合、カロリーを始めとしてすべての数値が3倍ほど高くなります。栄養価も増しますが、その分糖質も増大し、食物繊維は7倍となります。ハムスターは生の果物よりも、ドライフルーツを好む傾向がありますが、特にバナナは与える量に注意が必要です。

ハムスターにバナナをあげるときに注意するポイント

与え過ぎなければ問題のなさそうなバナナですが、注意するポイントを押さえておきましょう。生・ドライともに繊維質が豊富なので、軟便などでない体調の良いときに与えましょう。ハムスターは身体が小さく、下痢を起こしてしまうと命にかかわる場合もあります。調子が悪そうなときには、小動物用ヒーターなどで温め、身体を冷やさないようにしてください。生のバナナは、皮などに防腐剤や防虫剤が添加されています。良く洗ってから、中味だけを与えてください。ドライバナナは、必ず動物用を与えます。人間用は油で揚げてあったり、糖質を加えていることもあります。ヒトならば問題のないことでも、ハムスターにとっては重大事となる可能性があります。少量でも人間用を食べさせるのは、避けてください。

バナナはお楽しみ程度

基本的にハムスターは、ペレットと水でも十分に栄養が摂取できます。ただ元々雑食性なので、野菜や果物を与えても問題はありません。ハムスターに対する正しい知識をもって、適量を与えるようにしましょう。バナナを飼い主さんとのハッピーな時間を過ごすおやつとして、役立てることができます。

ハムスターはぶどうが大好き!でもタネ・皮は避けるべき

甘いぶどうを大好きなハムスターは多いようです。果物は水分が多いので、食べ過ぎると下痢を起こしてしまいます。また、ぶどうの皮やタネには、ハムスターにとって身体に良くない成分も含まれます。ここではハムスターにぶどうを食べさせるときに、是非知っておきたいポイントを見ていきましょう。

果物を食べ過ぎるとおなかを壊す?

雑食性のハムスターは、与えると何でも食べてしまいますが、果物の中には害になる成分を含むものもあります。ぶどうの果実には、特に問題となる要素はありませんが、水分が多いので食べ過ぎると下痢をしてしまいます。また、皮やタネにはタンニンがあり、内臓を傷つける恐れがあります。ぶどうを与える際には、皮をむいてタネを取り除き、少量にしましょう。大粒のぶどうであれば、1/2個、ごく小粒であれば1粒といったところです。甘くて美味しいぶどうには、ハムスターも夢中になりそうですが、果糖が多いので肥満の原因にもなります。特別な時のおやつとして与える程度にしてください。

ハムスターに良くないタンニンって?

ぶどうの皮にはポリフェノールが多く、人間には皮ごと食べた方が良いともいわれます。なぜハムスターには害となるのでしょうか。ぶどうの皮やタネに含まれているタンニンは、植物が動物に対して防御するための成分といわれます。柿渋などでもおなじみですが、強力な殺菌作用があり、また消炎の薬品としても利用されます。が、そのままの状態で体内に入ると、消化器官を傷つける恐れがあります。また、体内のタンパク質を破壊して体外に排出する働きがあります。人間や一部の動物の唾液には、このタンニンを無害化する成分が備わっています。そのため、タンニンを含むものを食べても、身体を壊すことは稀です。一方で、ハムスターの唾液にはこの機能がないため、タンニンをそのまま取り込んでしまいます。食べる量によっては、死に至ることも考えられます。

ハムスターにぶどうを食べさせる際には

ハムスターにペレット以外の野菜や果物を与えるときの量は、1日にティースプーンで1/2~1杯程度を推奨している獣医さんが多いようです。人間にとっては、ほんの少しでもハムスターには過ぎる場合があります。ぶどうは糖分と水分が多く、量には十分な注意が必要です。有害な成分をもつ、タネと皮部分を除いてから適量を与えましょう。また、水分の多い食物は傷みやすいので、食べ残しがないか敷き藁などを良く調べてください。ぶどうを乾燥させたレーズンは、食べさせても良い食品です。人間のドライフルーツには、保存料や糖分などが添加されていることがあります。人間用ではなく、動物用のおやつとして販売されているものを利用しましょう。

量を守って楽しいおやつライフに

ヒトにとっても美味しいぶどうは、ハムスターも大好きです。でも与え過ぎると、逆につらい目に合わせてしまうことを忘れてはなりません。果物は楽しいおやつのひとつとして適量をしっかり管理し、ハムスターの健康を守ってあげてくださいね。

ハムスターに最適なブロッコリー 食べさせるときの注意点は?

青々としたブロッコリーは、ハムスターの健康生活に役立てたい野菜のひとつ。気になる成分もありますが、連日大量に食べさせなければ問題となることもなさそうです。ここでは、ハムスターにブロッコリーを食べさせる効果や、与える際の注意点について見ていきましょう。

ハムスターも大好きなブロッコリー

比較的、安定して手に入りやすいブロッコリーを、ハムスターに与える飼い主さんは多いようです。ブロッコリーの成分で取り上げられるのが、ゴイトロゲンという物質。キャベツなど、アブラナ科の仲間に含まれる甲状腺腫誘発物質です。ただ、危険性は低く、毎日大量にブロッコリーのみ食べさせ続けなければ、神経質になることはありません。ブロッコリーは栄養価が高く、すぐれた食材です。ハムスターにも是非食べさせたい野菜。また、生でも加熱しても与えられるので、残留農薬が気になる場合や、高齢のハムスターにはゆでても良いでしょう。獣医さんも推奨野菜に、ブロッコリーを挙げることが多いようです。

ブロッコリーの栄養って?

茎や葉も活用できるブロッコリーは、栄養に満ちた野菜です。ブロッコリーの主な栄養素には、次のようなものがあります。

  • βカロテン
  • ビタミンB1・B2
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • カルシウム
  • カリウム
  • 葉酸

カロテンやビタミンCは非常に抗酸化作用が高く、体内の活性酸素を除去します。血液や細胞の若返りに効果があり、抵抗力を高めます。豊富なカリウムは血圧を正常化し、むくみを取り、余分な塩分を排出します。ハムスターには量こそあまり与えられませんが、ブロッコリーのもつ栄養素は、健康的な食生活の主要メンバーとして十分期待ができそうです。

食べさせ過ぎには注意

ブロッコリーはハムスターにとって好ましい野菜のひとつですが、与える量には注意が必要です。どんな野菜でも、食べ過ぎはその水分量の多さから下痢を起こす可能性があります。またハムスターにとっては、ブロッコリーもカロリーが高い野菜。肥満体にならないよう、気をつけてあげなくてはなりません。ブロッコリーのぷつぷつした蕾部分は、農薬が滞留しやすいため、外国産の場合は与えない方が良いかもしれません。与える場合には、十分に水洗いをし、キッチンペーパーなどで水滴を取り除きます。葉の部分も与えられますが、カルシウムが多いので結石予防のため量は控えめにしてください。固い茎も丈夫なハムスターは食べてくれますが、老年の場合はゆでて柔らかくしてあげた方が良いでしょう。

ブロッコリーを楽しい食生活に

ハムスターの健康的な食生活は、ペレットを主体にし、数種類の野菜を変えながら与えるのが理想的です。ブロッコリーはローテーションに入れても良いほど優れた野菜ですが、量には注意する必要があります。どの野菜もバランス良く、体調を観察しながら食べさせるようにしてくださいね。

ハムスターにもやしを与えてもOK 傷みやすいので管理に注意

もやしはハムスターによってはまったく食べないという、好き嫌いの多い野菜です。基本的には、ほとんどが水分で問題となる成分は含まれていません。ここではハムスターにもやしを食べさせる際、注意する点について見ていきましょう。

もやしは低カロリーでほぼ水分

多くの野菜はとても水分が多いものですが、もやしもその筆頭に入る野菜。低カロリーのダイエット食となるのもうなずけます。ハムスターにとっては害となる成分がないので、与えても大丈夫な食物です。栄養的なバランスの良いペレットを主食としている場合、野菜はビタミンや水分補給として考えます。一見なんの栄養もなさそうなもやしにも、役立つ成分は含まれています。ハムスターに与える野菜のローテーションに加えるには、価格的にも優れています。気をつけたいのは、もやしがとても傷みやすいこと。購入した後は、日をおかずに与え、食べ残しはすぐに片付けましょう。また、ハムスターによって、もやしを食べない固体もかなりいるようです。

もやしって栄養はあるの?

ひょろひょろとした体形をもやしっ子、と呼ぶほど頼りない外見ですが、実は意外と栄養素を含んでいます。

  • タンパク質
  • ビタミンB2
  • ビタミンC
  • アスパラギン酸
  • カリウム
  • カルシウム

あまり知られていませんが、もやしにはポリフェノールや良質のタンパク質も含まれており、美肌の効果があります。ハムスターにとっても皮膚の健康を守る成分です。また、疲労回復物質のアスパラギン酸、抗酸化作用の高いビタミンCも豊富です。さらに利尿作用を促し、腎臓の働きをサポートするカリウムにも恵まれています。水分ばかりと考えられていますが、もやしには見逃せない健康効果があります。

ハムスターにもやしを与える際に気をつけたいこと

ハムスターは身体の大きさに対して、水分を多く必要とする生き物です。あまり水を飲まないようであれば、野菜や果物で補給すると良いでしょう。とはいえ、大量にもやしの食べさせれば、下痢をする危険もあります。どのような野菜でもそれだけを与えれば良いというわけではありません。栄養的にはペレットと水だけでも十分といわれますが、雑食性のハムスターにとっては、さまざまな食感の食べ物を知ることに意味があります。もやしを食べさせるときは、1日あたり1本で十分です。良く流水で洗い、キッチンペーパーなどで水分を取って与えましょう。雑菌を気にしてゆでるという飼い主さんもいますが、より新鮮なものを、清潔な環境で与えることを心がけてください。

もやしは健康野菜

もやしを食べないハムスターもいますが、好みはそれぞれです。大切なのは固体の状態を良く知り、年齢や体調にあった食生活を管理してあげること。逆に良く食べるからといって、与え過ぎても良くありません。もやしの特性を知って、ハムスターの健康に役立ててあげてくださいね。

ハムスターににんにくは厳禁!怖い中毒症状とは

にんにく入りの料理は人間にとってはスタミナ食。体力増強のにんにく注射まであります。でも、ハムスターにとってにんにくは猛毒ともいえる食品。ここではにんにくがハムスターに与える影響や毒性について見ていきましょう。

にんにくの何がいけないの?

にんにくを食べると風邪を引かない、体力がアップするといわれていますよね。でも、にんにくが属するユリ科植物には、動物にとっては危険な成分が含まれているのです。にんにくには、アリシンという強力な殺菌作用をもつ成分が含まれています。この強力な薬効成分が、体重の少ない動物にとっては、時に赤血球を破壊する毒となってしまいます。人間でもにんにくを大量に食べると、頭痛や貧血が起こる場合もあります。ハムスターのように小さな動物には、死に至るほどの大きな影響が。にんにくの強い成分は、加熱しても消えることはありません。どのような形であっても、ハムスターににんにくを与えるのは控えましょう。

にんにくの中毒症状とは

にんにくを食べて中毒を起こした場合、ハムスターにはどのような症状が表れるのでしょうか。一般的には次のようなものが挙げられます。

  • 貧血
  • 血尿
  • 下痢
  • 震え
  • 動きが悪くなる
  • ふらつく

ハムスターによっては、多少にんにくの入ったものを食べても変化がないという個体もいます。体質や大きさ、摂取した量にもよりますが、基本的には中毒を起こしやすい食べ物であることに変わりはありません。赤血球の破壊が体内で起こっている場合には、輸血の処置などが必要となります。人間にとっては、カンフル剤のようなスタミナ源であっても、ハムスターには強烈な破壊力となってしまうことがあります。

体調の変化に気づくのは困難

大型の動物であれば比較的変化が目につきやすいのですが、小さなハムスターでは気づいた時には手遅れということがほとんど。眠っていると思っていたら、動けなくなっているという場合もあります。ことばで伝えられないハムスターには、細心の注意をはらっているより方法がありません。にんにくのような致死の危険性がある食品は、最初から与えないようにし、またハムスターが近づけないようにしておくことがもっとも大切です。人間の身体に良い食べ物が、ハムスターにも良いとは限りません。飼い主の勝手な判断で、小さな命を危険にさらすことのないように、気をつけてあげてください。

にんにくやにんにく入り食品は与えない

ハムスターは人間とはまったく異なる身体の組成をもっています。身体に良さそうだから、という程度の判断では、取り返しのつかないことも起こり得ます。ハムスターの主食はペレット。それに安全と確認されている野菜や果物を、補食として少しだけ与えます。知識のない食品については食べさせないようにしましょう。

ハムスターにヤングコーンを食べさせても大丈夫?注意点は?

ヤングコーンはその名の通り、とうもろこしが未成熟なうちに早く摘んだものです。とうもろこしが大好きなハムスターは、ヤングコーンも好んで食べます。とはいえ、生のヤングコーンはそれほど一般的ではありません。ここでは、ハムスターにヤングコーンを食べさせる際のポイントについてご紹介していきます。

糖質はとうもろこしより控えめ

ヤングコーンはとうもろこしから見れば、栄養的にも未成熟です。そのため、とうもろこしよりも糖分が少なく、またハムスターに与えても問題となるような毒性も見られません。ハムスターに食べさせても、安心な野菜のひとつです。ただ、ヤングコーンの旬の時期は5~7月と短く、どちらかというと水煮や缶詰の方が身近です。このような人間用の加工品の場合には、塩分や処理剤が添加されています。わざわざ危険をおかしてまで、ハムスターに食べさせる意味はありません。旬の時期に新鮮な生のヤングコーンが手に入ったら、しっかり加熱して与えましょう。生のヤングコーンにはシュウ酸が含まれていますが、ゆでることで無害化されます。

ヤングコーンの栄養は?

いわばとうもろこしの赤ちゃんとも呼べるヤングコーンですが、それなりに栄養はあります。ヤングコーンに含まれている成分には、次のようなものが挙げられます。

  • ビタミンB1・B2
  • ビタミンE
  • マンガン
  • カルシウム
  • カリウム
  • リノール酸

ヤングコーンの特徴としては、マンガンやカリウムなどのミネラル分が豊富なことです。骨の形成を促し、身体の芯を支えます。リノール酸やビタミンEは、血管の柔軟性を高め動脈硬化の防止にも効果があります。カリウムは腎機能を高め、老廃物や余分なナトリウムを体外に排出します。小さなハムスターにも、健康効果が期待できる栄養が含まれています。

ハムスターにヤングコーンを食べさせるときは

とうもろこしと同様にヤングコーンを好むハムスターは多いようです。ヤングコーン一本でも、ハムスターにとっては十分な量となります。食べる姿が可愛いからといって、あげ過ぎるのは良くありません。生のヤングコーンの場合には、塩を入れずに十分にゆでます。良く水気を拭いてから与えてください。また、小動物のおやつ用にドライタイプのヤングコーンが売られています。砕いて主食に混ぜたり、水と一緒におやつとして与えてください。糖質はとうもろこしよりも低いですが、やはり食べさせ過ぎると肥満の原因になります。また、嗜好性が高いので他の食餌を食べなくなることも考えられます。連食を避け、与え過ぎないように気をつけましょう。

ヤングコーンは小さなとうもろこし

とうもろこしよりも糖分・水分ともに控えめですが、それでも主食の妨げとなる与え方には気をつけなければなりません。生のヤングコーンが手に入る時期は短いので、特別なおやつとして楽しませるくらいにしてください。ハムスターと共に季節を感じるのも良いですね。

ハムスターにアスパラガスを与えてはいけない!その理由とは

鮮やかなグリーンのアスパラガスは、栄養も豊富。ハムスターに食べさせたいと思う飼い主さんもいるでしょう。でも、アスパラガスは意外にも、ハムスターに与えてはいけない野菜に入っています。ハムスターがアスパラガスを食べると、どうしていけないのか?詳しく見ていきましょう。

アスパラガスはユリ科の植物

ネギや玉ねぎ、にんにくなどが多くの動物にとって有害な野菜であることは、わりと知られていますね。実はアスパラガスもこれらと同じ、ユリ科の植物。玉ねぎやらっきょうほどには毒性はなく影響も少ないといわれますが、それでも中毒症状が全くないとはいえません。他のユリ科の野菜と比較して、アスパラガスを危険な野菜と記述しているものは少ないようです。しかし、アルカロイド系の毒成分の危険性がある以上は、与えるべきではありません。身体の小さなハムスターは、耐性も少なく、少量でも死に至る可能性があります。お弁当やさまざまな調理で出番が多いアスパラガスですが、味わえるのは人間だけと覚えて置いた方が良いでしょう。

ユリ科植物の中毒とは

ネギや玉ねぎに代表されるユリ科植物には、どのような中毒症状が見られるのでしょうか。

  • 貧血
  • 血尿
  • 下痢
  • 震え
  • 動きが悪くなる

猫などでは、おう吐症状がみられる場合もあります。ハムスターは身体の構造上、おう吐しづらくできています。それでも吐いている様子があれば、相当な重症と考えられます。表面上はわかりづらいですが、身体の内部では脱水症状が起こっていることもあります。ほとんどのユリ科植物の毒性は強く、急性です。ハムスターの場合は、症状が現れたときには手の施しようがないというケースが多いようです。可哀想な目に合わせないためにも、危険性のある野菜は避けるのが得策です。

個体差はあるけれど

アスパラガスは、ユリ科の野菜の中では比較的毒性が弱く、うっかり食べさせたけれど大丈夫だったという飼い主さんもいます。が、これらの中毒に対しては、固体差が大きくどのハムスターが反応するかはわかりません。危険性があるとわかっている食品には、近づけないことが一番です。例えば、一度では発症しないことがあっても、次回も絶対大丈夫という保障はありません。小さいハムスターの繊細な体調は、悪化したとたんに手遅れにならないとも限りません。大型動物である人間や、比較的体力のある犬猫と同じように考えては、取り返しがつかないこととなります。

見かけではわからない

一見、ネギや玉ねぎ、らっきょうなどの仲間とは思えないアスパラガス。そのため気づかずに、安全な野菜として与えてしまうことも考えられます。ハムスターを飼っている以上は、知らなかったでは済まされないことがたくさんあります。大切なハムスターのために、食物への知識を高めておきたいものですね。

ハムスターはピーマンを食べても大丈夫なの?注意する点は?

ハムスターにピーマンを与えることについては、多少の賛否があります。が、問題となる成分については、極端な量や連食をさせなければ、さほど神経質にならなくて良いようです。またピーマンを食べさせるメリットもそれなりにあります。ハムスターにピーマンを食べさせる際の注意点について探っていきましょう。

ピーマンの毒性はごく微量

ハムスターにピーマンを与えるのを反対する意見の根拠としては、ナス科植物に含まれるアルカロイド系の成分があります。ピーマン独特の苦みの素でもあり、じゃがいもの芽に存在する有毒物質のソラニンと同じ系統のものです。しかし、その毒素はごく微量で、毎日大量にピーマンだけを食べ続けるという、異常な状態に陥らなければほとんど心配はないといわれています。飼い主さんによっては、ほんの少しでも毒性があることが気になるので与えないという人もいます。が、一方で与える野菜のローテーションの中に、ピーマンを入れている人もいます。ピーマンは野菜の中でも栄養に恵まれていると同時に、一年を通して手に入りやすい野菜です。日持ちも良く、食餌としてのメリットが大きいのも事実です。

ピーマンの成分は?

人間にとってのピーマンは緑黄色野菜の代表として、健康食材のひとつですね。ピーマンの栄養素には、どのようなものが含まれているのでしょうか。

  • ビタミンA
  • ビタミンB1・B2
  • ビタミンC
  • ビタミンD
  • ビタミンP

ピーマンは野菜の中でも、抜きんでてビタミン類の含有量が多く、「ビタミンの宝庫」と呼ばれています。ビタミンAは粘膜組織を強化し、目や肌の健康を高めます。ビタミンCとともに、抗酸化作用が高く、疲労回復や体力の向上に貢献します。ビタミンPは別名フラボノイドとも呼ばれる葉緑素のことです。毛細血管に働きかけ、血液を清浄化します。同じくビタミンDにも血行を促す効果があります。

ハムスターにピーマンを食べさせる際の注意点

毒性が低いといっても、身体の小さなハムスターに対して人間と同様に考えることはできません。雑食性のハムスターは、およそ何でも食べますが、一種類に偏らせるのは危険です。ピーマンもほんのひとかけらを、他の野菜と混合で与えることで危険性は低くなります。もちろん苦味を嫌って食べない場合には、無理に与える必要はありません。基本的にはハムスターに野菜を食べさせるときには、生のまま与えます。ピーマンにも残留農薬の恐れはあります。なるべく無農薬のものを選び、しっかりと洗った後、水分を拭き取り、適度にカットしてあげましょう。ピーマンはトウガラシと同じ種類で、タネにはカプサイシンを含みます。好んで食べてしまうハムスターもいるようですが、念のためタネは取り除いてから与えた方が良いでしょう。

メリットとデメリットを把握する

ハムスターに野菜は必要ですが、それぞれの特性を知って与えなければなりません。ピーマンはハムスターにとっても有用な栄養素が豊富であると同時に、毒性も持ちます。ハムスターの健康を第一に、量や与える頻度に注意して食べさせるようにしてください。

ハムスターに春菊を食べさせても大丈夫?気をつける点は?

春菊といえば栄養豊富な鍋の具材として、思い浮かびます。緑黄色野菜の少なくなる冬場、ハムスターにあげてみようかと考える人もいるでしょう。でも、ハムスターに春菊を与えても良いものでしょうか。ここでは春菊の気になる成分や注意点について、ご紹介していきます。

差し迫った毒性は見られない

春菊にはいくつか気になる成分はありますが、ハムスターにとっていきなり毒性が高いというほどではないようです。葉もの野菜の春菊には、シュウ酸や硝酸塩が含まれます。シュウ酸についてはほうれん草の4%程度と、あまり神経質になる必要はありません。また、体内でガンを誘発するといわれる硝酸塩も、連日大量に与えるのでなければ問題ありません。気になるようであれば、加熱することで無害化されます。尿路結石の原因となるカルシウムが多く含まれていますが、ごくたまに食べさせる程度であれば心配はないでしょう。ただ、春菊には独特の苦みがありますので、ハムスターによってはあまり好まないこともあります。

春菊の驚くべき栄養

鍋料理の脇役となりやすい春菊ですが、その栄養は主役級です。ほうれん草のようなアクも少なく、サラダにも推奨されるほど。春菊に含まれる主な栄養素は次の通りです。

  • βカロテン
  • ビタミンB1・B2
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • マンガン
  • カルシウム
  • カリウム

冬場に旬を迎える春菊には、感染症対策となる栄養分が豊富に含まれています。βカロテン、ビタミンCはともに抗酸化作用が高く、体内のサビといわれる活性酸素の除去に働きます。粘膜や皮膚を強化し、抵抗力を高めます。ビタミン群、ミネラルがバランス良く含まれ、身体全体を内側から整えていきます。独特の香りの成分は、α-ペネン、ペリルアルデヒドで胃腸の調子を改善し、食欲を増進させる働きがあります。

ハムスターに春菊を与えるときは

春菊などのくせのある野菜は、ハムスターによって好き嫌いがあります。個体差があり、まったく口にしない可能性もありますが、好んで食べるようであれば連食させずに日を空けて与えるようにします。春菊を食べさせた日は、カルシウム分の多い煮干しなどを与えるのは避け、バランスが取れるように気をつけてください。どのような食べ物でも、同じものをたくさん与えるのは良くありません。種類を多く少しずつ、がハムスターにとってベストです。基本はペレットと水ですが、野菜に含まれる有用な栄養素もうまく取り入れたいもの。葉もの、根菜などそれぞれの特性を知り、健康的な食生活を提供してあげてください。

たまに少量なら問題なし

飼い主さんによっては、特に気にせずに春菊を食べさせていた、という人もいるようです。カルシウムやその他の成分について留意し、与え過ぎないようにします。同じ成分をもつ葉もの野菜が重ならないように、工夫してあげてくださいね。

ハムスターにじゃがいもを与えるときには、葉・芽・皮に要注意!

ほとんどの家には常備されているじゃがいも。ハムスターにも食べられそうな気がしますよね。でも、じゃがいもには毒性の高い部位がたくさんあります。ハムスターを危険にさらさないためにも、じゃがいもについての知識をしっかり学んでおきましょう。

与えるのはゆでた真ん中を

じゃがいもの芽に毒があることは、よく知られていますよね。調理実習などで、芽を取り除くように教えられた人も多いのではないでしょうか。じゃがいもの芽、そして葉や茎さらに皮には、ソラニンという毒性の強い成分が含まれています。特に芽の部分では、人間をも死に至らせるほどの猛毒が発生します。じゃがいもの皮は厚めにむいた方が良いとされるのも、この成分があるからです。身体の小さなハムスターに食べさせる場合には、これらの部位について細心の注意が必要です。ハムスターに与えるのであれば、ゆでたじゃがいもの真ん中のあたりが安全ですが、特にじゃがいもを食べさせる必要はないことも覚えておきましょう。

恐ろしいじゃがいもの中毒症状

じゃがいもに含まれているソラニンの中毒症状とは、具体的にはどのようなものなのでしょうか。人間にあらわれる症状としては、次のようなものが挙げられます。

  • 頭痛
  • 下痢
  • おう吐
  • 腹痛
  • めまい

症状を訴えられない動物たちの場合も、動きが悪くなったり、下痢やおう吐が見られます。特に小さなハムスターの場合には、様子がおかしいと思ったときにはもう遅いと考えて良いでしょう。学校などで栽培された未成熟なじゃがいもを、皮ごと食べて食中毒症状を起こした例は数多くあります。農林水産省でも、じゃがいもの芽で死に至る可能性があることを、正式に発表しています。

ハムスターにじゃがいもを食べさせるときは

じゃがいもは腹持ちが良いため、主食のペレットを食べなくなる可能性もあります。心配な成分も多いので、あえてじゃがいもをハムスターに食べさせる意味はありません。それでも新鮮なじゃがいもがたくさん手に入り、飼い主さんがゆでて食べるといった場合、十分安全な部分をほんのひとかけらあげる程度であれば問題はないでしょう。ソラニンの他にも、古くなったじゃがいもに生えるカビには、中毒症状をひきおこすセプシンが発生します。じゃがいもは熱への耐性があるビタミンCが多く含まれている、健康食材でもあります。しかしハムスターに与える食物としては、適当であるとはいえません。ビタミン類は他の野菜や果物でも安全に補うことが可能です。

ハムスターの食べ物としては推奨されない

じゃがいもは、人間にとってはなくてはならない食材ですが、ハムスターにとってはそうではありません。でも飼い主から与えられれば、ハムスターは嬉しそうに食べてしまいます。ハムスターのために危険性を良く知った上で、安全な食となるよう判断をしてあげてくださいね。

ハムスターは酸味が苦手?レモンはあげる必要のない食べ物

爽やかな酸味のレモンは、人間の食生活にはとても良い効果のある果物です。でも、ハムスターにとって、大きな害はないものの特別に食べさせる必要はありません。ここでは、ハムスターとレモンの関係について考えてみましょう。

ハムスターはすっぱいと感じる?

ハムスターの味覚センサーは、かなり感度が低く、ヒトの5分の1以下です。味を感じる味蕾(みらい)と呼ばれる細胞の数は、人間で1万個、犬では2000個。ハムスターは、さらにそれよりも少ないと言われています。それでも、危険性のある食べ物を見分けるための味覚はそれなりにもっています。ハムスターの好むのは、甘味。そして苦手なのは、苦味と酸味です。ハムスターが特に好むのは、果物の中でもメロンなどの甘味の強い果物。ほとんど甘さを感じず、強烈にすっぱいレモンは与えても食べない可能性が高いのです。ハムスターの食生活は、ペレットと水、少量の野菜で十分満たされます。果物は、ほぼお楽しみとして考えて構いません。あえて好まないレモンを、ハムスターに与える意味はありません。

レモンのビタミンC

いつの頃からか、レモンはビタミンCの代名詞のように扱われています。が、すっぱさイコールビタミンC、というわけではないようです。実はレモン以上にビタミンCが豊富な食べ物はかなりあります。

  • パセリ
  • ブロッコリー
  • ピメント
  • みかん
  • いちご

上記の食品は、ハムスターが食べても問題がないものばかりです。しかも、レモンよりもずっとハムスターに好まれます。さらにハムスターは糖類のグルコースを元にして、ビタミンCを体内でつくることができます。よほど体力が落ちていない限り、ペレットを食べさせているだけでもビタミンCが不足することはありません。ハムスターが病気をしたり、元気がないときには、ビタミンを多く含む嗜好性の高い果物や野菜を与えると良いでしょう。

ハムスターと果物

柑橘系の果物全般がハムスターに悪いわけではありませんが、グレープフルーツやレモンは苦味や酸味が強すぎるので、避けた方が良いものとされています。甘味を好むハムスターは、与えられると大抵の果物を食べますが、中にはまったく口にしないものもあります。逆に、例え毒性のものであっても、気づかずに食べてしまうことも。果物のタネの中には、ハムスターを死に至らせるほどの毒性があるものも多く存在します。ハムスターにとって、果物はお楽しみのおやつのようなもの。愛情から思わぬ結果を引き起こさないように、しっかりとした知識の下で、与えるようにしてください。

人間とは異なるハムスターの食生活

健康の象徴のように感じるレモンですが、ハムスターには必ずしも必要とされません。さまざまな味を与えたいと思っても、やはりハムスターにも好みがあります。「与えても良いが与える必要がない」という食品は、意外とたくさんあります。人間とハムスターの食生活はまったく違う、を大前提にすることが大切です。

豆苗はハムスターに安心して与えられる 食べ過ぎにはご注意

値段も安く、年中手に入る豆苗は、ハムスターに与えやすい野菜のひとつ。緑の部分から豆の部分まで、好んで食べるハムスターも多いようです。ここでは、ハムスターに豆苗を食べさせる際の注意点や、その栄養について見ていきましょう。

そもそも豆苗って何?

豆苗は根元に豆がついていることでわかるように、発芽野菜の一種です。元は、グリーンピースでおなじみの、えんどう豆。きぬさや、スナックえんどうなどとも同じ仲間ということになります。発芽野菜の多くは、とても栄養価が高く、健康効果もあります。また、水を使って栽培するので、農薬の危険性もありません。ハムスターたちも豆類は大好きなので、喜んで食べてくれます。気をつけたいのは、意外に糖質が高いこと。与え過ぎると肥満の恐れがあります。ハムスターの長生きの秘訣は、人間と同じく粗食だといわれます。タンパク質や糖分などは控えめに、さまざまな食餌を与えることで健康が保たれます。

豆苗は元気の源だった

野菜売り場でも決して目立つ存在ではありませんが、豆苗には価格以上の実力があるようです。豆苗に含まれている主な栄養素には、次のようなものがあります。

  • βカロテン
  • 葉酸
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • マグネシウム
  • カルシウム
  • カリウム

特に注目されているのが、βカロテンの多さです。体内に入ると必要な分だけビタミンAに変わります。強力な抗酸化作用をもつことで知られ、細胞や血管の若返りを促進し、抵抗力を高めます。美容ビタミンとして知られる、ビタミンC、ビタミンEとの相乗作用で、身体中を元気にしてくれる働きが期待できます。ハムスターにとっても、感染症を防止し、粘膜や皮膚の強化に役立ってくれそうです。

ハムスターに豆苗を食べさせる際の注意点

豆苗は健康効果が高く、ハムスターにとって特に問題となる成分はありません。が、どのような野菜であっても、食べさせ過ぎるとその水分から下痢をする危険性は常にあります。また、一種類だけを大量に続けて与えることは、何らかの障害を起こす原因となります。他の野菜と上手に混ぜて、バランスよく食べさせることが大切です。
豆苗は一度食べてしまっても、根の部分を水に浸しておくことでまた芽が伸びてきます。うまく育てると2度くらいは収穫ができるといわれています。ただし、菌がついてカビが発生する恐れがあります。毎日水を変えて清潔に保ち、少しでも変色などがあった場合には栽培をあきらめましょう。

発芽のエネルギーをハムスターにも

植物の発芽する力は、生命力に満ちています。豆苗の元気をハムスターにも、分けてあげたいですね。豆類は食べ過ぎると肥満につながります。量や与える頻度を調節して、ハムスターの健康生活を守ってあげてくださいね。

ハムスターは水菜を食べても大丈夫 与えるときの注意点は?

しゃきしゃきとした歯触りの水菜は、1年を通して手に入りやすく、ハムスターにも食べさせたい野菜です。葉もの野菜として気になる成分もありますが、大量に与えなければ問題はないようです。水菜をハムスターに食べさせるときには、どんな点に注意したら良いのでしょうか。

獣医さんの推奨野菜入りする水菜

水菜はほうれん草などと比較するとアクが少なく、サラダでも食べられる野菜です。ただ、アブラナ科の葉もの野菜である水菜にも、ガンを誘発する硝酸塩や甲状腺に影響を及ぼすゴイトロゲンといった成分は存在します。しかし、ハムスターに毎日大量の水菜を与え続けるということがなければ、それほど神経質になる必要はありません。ペレットとともに野菜を与えるよう指導している獣医さんも、水菜を推奨野菜に加えています。水菜は96%が水分。冬場に旬を迎えるので、あまり水を飲まなくなる季節にはハムスターの水代わりとなります。ほとんどのハムスターが水菜を好んでいるようです。鍋用などに購入したら、ハムスターにも1本あげてみると良いですね。

水菜は水分だけの野菜?

薄緑色で、か細い水菜。あまり栄養分が期待できそうにもありません。でも、実は意外なほど健康効果のある野菜です。水菜の主な栄養素には次のようなものがあります。

  • βカロテン
  • ビタミンB1・B2・B6
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • ビタミンK
  • マグネシウム
  • カルシウム
  • カリウム

水菜にはわさびの辛み成分と同じアリルイソチオシアネートが含まれていて、強力な抗菌作用があります。大腸菌やカビの発生防止に効果があります。βカロテンは体内のサビといわれる活性酸素を抑制し、血液や細胞の再生サイクルを促します。人間には美肌作用などが期待される水菜ですが、ハムスターにとっても粘膜や皮膚に好影響があるかもしれませんね。

ハムスターに水菜を食べさせるときには

水菜には少量であっても、葉もの野菜特有の成分が含まれています。水菜をハムスターに食べさせる日は、同じ成分をもつ野菜との食べ合わせに気をつけてあげてください。人参などの異なる種類と組み合わせれば安心です。水菜だけを大量に与えたり、連食させないようにします。水分が多い野菜や果物も、下痢の心配があるので同じ日には避けた方が良いでしょう。ハムスター用のペレットと水だけでも、栄養的には十分といわれていますが、雑食性のハムスターにとってはさまざまな食べ物を食べることはより自然です。できるだけ偏りがないように、野菜の種類を考えてあげることが、ハムスターの食生活には大切です。

水菜を上手に与えよう

ハムスターは野菜だけでは生きられませんが、水分やビタミンを補う意味でも野菜は大切な食餌です。水菜を上手に取り入れて、ハムスターの食生活をバラエティに富んだものにしてあげてくださいね。水菜のように簡単に栽培できる野菜を数種類、ハムスターのために育てるのも楽しい作業となるかもしれませんね。

ハムスターはセロリを食べられる?与える際の注意点は?

ハムスターに与えられる野菜として、セロリの位置は微妙です。が、獣医さんがとくに禁じている野菜ではないようです。人間でも好き嫌いが分かれるセロリですが、ハムスターに食べさせるときには、どんなところに注意すれば良いのでしょうか。

有害な成分は少ないセロリ

セロリはシュウ酸の量も少なく、その他にも特にハムスターにとって問題となる成分は含まれていないようです。それでも積極的に、セロリを与える飼い主さんは多くありません。キャベツなどと違い、定期的に食材として利用しないという理由の他、セロリが苦手ということもあるのでしょう。確かにセロリは香りの強い野菜のため、ハムスターによっては食べない場合もあります。が、獣医さんによっては食べさせるのに適した野菜の中に、セロリを入れています。手元にあるのならば、ハムスターの野菜に加えても大丈夫です。セロリも他の野菜と同様に水分が多いので、与える量には注意が必要です。

実はセロリはかなりの健康野菜

水分と繊維だけのイメージが強いセロリですが、実はかなりの栄養価に恵まれた野菜です。セロリの主な栄養素は次の通りです。

  • βカロテン
  • ビタミンB1・B2
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • カルシウム
  • マグネシウム

セロリには一般的な栄養素としては知られていない、機能性植物成分を多く含んでいます。クマリン、フラボノイド、アビオイル、フタライド、フェノールカルボン酸、テルぺノイド、カロチノイド、などといったこれらの成分は、ビタミン類ではありませんが、非常に抗酸化作用が高く、抗がん作用などが認められています。良く知られているβカロテンやビタミンCも含まれているため、細胞などの身体の深部から健康を支えてくれます。特に葉の部分の栄養価が高いため、ハムスターが好むのであれば少し混ぜると良いでしょう。

ハムスターにセロリを食べさせるときは

セロリは水分が多い野菜なので、食べ過ぎると下痢をする恐れがあります。ハムスターが抱えられる程度の大きさにカットしてあげれば、繊維も気になりません。歯触りが良いので、人間が思うほどには嫌うハムスターは少ないようです。葉の部分は栄養価が高く、水分量も茎よりは低いので、食べるようであれば与えてみると良いでしょう。ハムスターの理想的な食事内容としては、低たんぱくのペレットを中心に、糖質の少ない野菜を加えるのが良いとされています。水分を取らせたい場合には、水分量の多いセロリなどの野菜で補うとビタミン類などの健康効果もあわせて期待できます。同じ野菜ばかりを食べさせるのではなく、組み合わせを考えて与えることが大切です。

食べるのであれば与えても大丈夫

セロリはハムスターにとっては、それほど避けたい野菜ではないようです。他の野菜と同じく、与える量と頻度に気をつければ食べさせても大丈夫です。ハムスターは草食よりの雑食性動物。新鮮な野菜を上手に与えてあげてくださいね。