フェレット

フェレットのインフルエンザは人間からうつる?フェレットのインフルエンザの予防法、症状、治療など、まとめ

毎年10月を過ぎると、ニュースが過熱する人間のインフルエンザ。

犬や猫には人間のインフルエンザはうつりませんので犬&猫の飼い主さんは安心ですが、フェレットの飼い主さんの場合、ちょっと事情が違います。人間とフェレットはある種の株のインフルエンザを共有していて、お互いのインフルエンザがうつる可能性が高いのです。

今回は、フェレットのインフルエンザ、風邪についてご紹介します。

フェレットのインフルエンザの症状

インフルエンザとは、インフルエンザウィルスに感染することで起こる感染症のこと。通常の風邪との違いは感染力が強い点、人間の場合38℃以上の高熱が出たり、体中が痛くなるなどの症状が表れる点でしょう。

通常、人間のインフルエンザウィルスは猫や犬にはうつりませんが、フェレットにはうつる場合があります。

フェレットに表れる症状は、咳、鼻水、食欲不振、くしゃみ、気管支炎、下痢、発熱などで症状が重くなると幼少並びに高齢のフェレットの場合は死に至ることもあります。

また、鼻水が続くと鼻の軟骨が変形してしまうこともあるようですので、早目の対処が必要です。

また、フェレットのインフルエンザはジステンバーと症状が似ていますので、その違いを確定することも大切です。

鼻水、咳、くしゃみなどの症状が出たら病院に連れて行った方が良いでしょう。

フェレットのインフルエンザ、治療方法は?

フェレットのインフルエンザに特効薬はありません。

インフルエンザに罹ったと判断されると抗生剤や消炎剤などが投与されますが、副作用があるため熱が出ていても解熱剤などを投与することはあまりありません。

頼みの綱はフェレット自身の免疫機能ですので、免疫が働くように環境や食事を整えてあげましょう。

身体が冷えないように温かくし、食欲がない場合は栄養剤などで必要なカロリーを補うようにします。

症状が重い場合は、入院して治療した方が安全な場合もありますので獣医さんと相談しましょう。

フェレットのインフルエンザの予防法は?

フェレットのインフルエンザにはワクチンはありませんので、フェレットにできる予防方法はありません。

フェレットのインフルエンザは外部から飼い主さんが持ち込んでくることが多いので、まず、飼い主さんがインフルエンザに罹らないこと、インフルエンザのウィルスを持ち込まないことが非常に大切です。

対策として、飼い主さん自身がワクチン注射を受ける(ワクチンの効果は限定的ですし、そのウィルスがフェレットにうつるウィルスかどうかの特定が難しいのも事実ですので、100%防げるわけではありません)、外から帰ったらうがい、手洗いをするなどが大切です。

また、空気清浄機を使って、室内のウィルスを除去するのも良いのではないでしょうか。

これらの予防方法は、飼い主さん自身の健康のためにも必要なことですので、是非、実行してください。

フェレットの病気、アリューシャン病って、どんな病気? アリューシャン病の症状、治療、予防について

アリューシャン病は、アリューシャン系といわれるミンクでの発生率が高い病気で、少し前までミンク特有の病気だと思われていましたが、最近ではフェレットへの感染も増えてきています。

感染すると免疫不全やアレルギー症状などを起こして、死に至る可能性も高い怖い病気です。今回は最近多い、フェレットのアリューシャン病についてご紹介します。

アリューシャン病ってどんな病気?

アリューシャン病は、パルボウィルスが原因で起こる感染症で、感染したフェレットの尿、便、血液、唾液などから感染します。

感染した母フェレットから胎盤を通じて仔フェレットに感染するケースも多く、この場合は半年から一年の潜伏期間の後に発症し、発症後、半年以内に命を落とすと言われています。

逆に、生後一年以上発症しないフェレットは、発症しなかったり、発症しても進行が遅いこともあるようです。

アリューシャン病に感染するとどんな症状が出るの?

アリューシャン病に感染しても、すべてのケースで発症するわけではなく、中には無症状で天命を全うするフェレットもいます。

発症すると初期段階では鼻水、咳、くしゃみ、脚の痺れなどが起きますが、実はこの段階では他の病気と間違えられることも多く、それが病気の発見を困難にしています。

さらには末期になるまで症状が出ない場合も少なくない点も、この病気の難しいところでしょう。

末期になると全身の血管や臓器がダメージを受けるため、血尿や全身麻痺などの症状が起こります。

アリューシャン病の治療方法や予防方法はあるの?

現状、この病気を完治させる治療方法は確認されていませんし、ワクチンなど有効な予防手段もありません。

しかしながら、最近はインターフェロンや免疫抑制剤の投与などで回復事例もあるようです。

早期に病気の発症を発見し、治療を行うことが大切ですが、この病気は他の病と間違えられやすく、気が付かないうちにウィルスを撒き散らしていることが多いと言われています。

感染を防ぐにはなるべく、他のフェレットと接触させない方が良いでしょう。

アリューシャン病の診断は、血液検査による検査が第一です。血清総蛋白値やグロブリン値を見て、値が高いようならアリューシャン病を疑います。

数値が高ければADV抗体検査も実施されますが、ウィルスに感染していても陽性になるとは限りませんので、幅広い視野から病気を検証する必要があります。

また、購入した時点で感染していても症状がないため、フェレットを購入する場合は、信頼できるお店やブリーダーさんから購入することをおススメします。

フェレットのウンチが緑色? もしかしたら、伝染性の下痢かもしれません。

フェレットの病気の中でも特徴的な病気のひとつが伝染性カタル性腸炎(ECE)です。

感染率が高いので、1匹が感染すると次々とうつっていく可能性があり、高齢になったフェレットの飼い主さんにとっては充分な注意が必要な病気です。

今回は、フェレットの伝染性下痢についてご紹介します。

フェレットの伝染性カタル性腸炎ってどんな病気?

伝染性カタル性腸炎は、別名グリーンスライム病、緑色下痢症などと呼ばれていますが、感染の原因や根本的治療方法などは、未だ解明されていません。

感染力は95%とも言われ、近くに伝染性カタル性腸炎に感染しているフェレットがいれば、他のフェレットにもほぼうつってしまう病気です。

フェレットの伝染性カタル性腸炎の症状は?

最も特徴的な症状は緑色の下痢便でしょう。症状が進むと嘔吐や食欲不振、体重減少などの症状も出てきます。

ただし、若いフェレットの場合は感染しても症状が出ないことも多く、それ故、気付かないうちに他のフェレットにうつしてしまうことも少なくありません。

若いフェレットなら死亡率も高くありませんが、高齢のフェレットの場合は別の疾患を抱えていることも多いため、合併症で死に至るケースも出てきます。

また、潜伏期間が長いため、感染直後は症状が出なくても、免疫力の落ちた時に突然、症状が出ることもあります。

新たにフェレットを購入して多頭飼いする場合は新入りがウィルスを持っていないかどうかの充分な検査が必要でしょう。

フェレットの伝染性カタル性腸炎、治療法はあるの?

現在、この病気を完治させる積極的な治療方法はなく、起きている症状に対する対症療法が中心です。

病院では抗生物質や腸壁を保護する薬、下痢による脱水を防ぐ点滴などが行われます。

食欲のないフェレットに対しては栄養価の高い高カロリー食を上げることも推奨されています。

フェレットの伝染性カタル性腸炎に予防方法はあるの?

感染を防ぐワクチンなどはありません。先ほどもご説明したように、他のフェレットとの接触をなるべく避けるのが唯一の予防方法でしょう。

また、感染はフェレットからだけでなく、ウィルスを保有するフェレットに触れた人やペットショップに行った人の靴などから感染することもありますので、飼い主さん自身も注意が必要です。

他のフェレットを触ったり、たくさんのフェレットが集まるところに行ったら、手洗いを徹底する、洋服を着替える、靴底を消毒するなどの手を打てば感染を防ぐ助けにはなります。

最後に

実は緑の便は伝染性カタル性腸炎の特徴ではありますが、他にも緑の便が出る病気はあります。緑の便が出ても素人判断はせずに、獣医さんに診てもらうことが大切です。

治療に時間はかかることもありますが、死亡率は低いので、根気よく治療していきましょう。

なんでも食べちゃうフェレット。誤飲誤食による腸閉塞の危険について

フェレットの困った習性のひとつが「何でも食べてしまうこと」。

ケージの中に入れておいたトイレ砂から、部屋に落ちている小さな落し物まで、飼い主さんが予想もできないモノまで口に入れてしまうことが多いため、フェレットは腸閉塞になりやすいと言われています。

今回は、フェレットの誤食と腸閉塞の可能性に関してご紹介しましょう。

理由はわからないけれど、何でも食べちゃう

普段はケージに入っていることが多いフェレットですが、たまには室内に離して自由にしてあげたり、一緒に遊んだりしたいですよね。そんな時に気を付けたいのが部屋の中に散らばっているモノ。フェレットは飼い主さんがびっくりするようなモノまで食べてしまうので、注意が必要です。

たとえば、プラスチックのお皿、石鹸、消しゴム、スポンジ、サンダルの底、発砲スチロール製の緩衝剤、プラスチックのスプーン、ぬいぐるみの目の部分など…ありとあらゆるモノが口に入れる対象になるようです。中でもゴム製やプラスチック製など、噛み心地の良いモノが好きなようですね。

室内だけでなく、ケージの中だって安心できません。たとえばフェレットのおもちゃ。通常は口に入る大きさではありませんが、パーツが取れてしまったりすると、それを飲み込んでしまうことがあります。

また、トイレ用に入れてある砂も口に入れてしまうことがあり、塗れると固まるタイプの砂は、食べた後にお腹の中で固まってしまう危険性があるので要注意です。

だから危ない。フェレットは腸閉塞になりやすい

異物を食べても便と一緒にそのまま出てくることも多いのですが、飲み込んだ量が多かったり、中で固まってしまったりすると腸閉塞になることも少なくありません。

現にフェレットに多い病気のひとつが腸閉塞なのです。腸閉塞になると開腹手術が必要になりますので、フェレットに負担が掛かりますし、手術代も馬鹿になりません。

また、飲み込んだモノが尖っていたりすると、腸を破る可能性があるため、すぐに手術するケースもあるようです。

異物だけじゃない。食品の中にも危ないモノが

犬でも猫でも食べてはいけない食品がありますが、フェレットにも危ない食品はあります。

チョコレート、コーヒー、ネギ類、牛乳、お酒、レモン等は、フェレットの健康を害する危険があり、一歩間違うと死に至る場合もあります。

犬や猫に比べるとフェレットは何でも口にする習性があるため、危ない食品を食べてしまって危篤に陥るケースも多いようです。

とにかく、危ないモノを置かないことが大切

フェレットは動きが早いため、「食べたい」モードに入られてしまったら、止める暇もなく飲み込まれてしまいます。

誤食や腸閉塞を防ぐためには、フェレットを室内に離す場合は、モノを徹底的に片付けることが大切です。

もちろん、ケージの中にも食べられてしまう異物を置かないように注意が必要です。

誤食による腸閉塞に関して言えば、フェレットの健康は飼い主さんの気配りや努力に掛かっていると言っても過言ではないのです。