犬の飼い方

外で犬を飼っている人向け!屋外の犬小屋の防寒方法

以前と比べて室内で飼うことが多くなった犬ですが、居住スペースの問題や番犬目的で屋外で犬を飼う人もたくさんいらっしゃいますよね。屋外で飼う場合に気になることと言えば、冬の寒さや夏の暑さの対策です。屋外でも愛犬に快適過ごしてもらえるよう、今回は外で犬を飼っている方向けに犬小屋の防寒方法についてまとめました。

犬は寒さに強いの?

基本的に犬は、人間に比べて寒さに強いと言われています。特に寒い地方が原産の犬種は、かなり厳しい寒さにも耐えられるような特徴を持っています。
しかし、数ある犬の中には暑い地方が原産の犬種もおり、寒さに弱い犬がいることも事実です。
暑い地方原産ということ以外にも、子犬や老犬などの体力のない犬、小型犬、短毛種の犬、シングルコートを持つ犬などは寒さにそれほど強くありません。

では、実際に行える犬小屋の防寒をご紹介します。

風を防ぐ

冷たい風が犬小屋に直接当たらないよう、犬小屋の設置場所を移動してあげるか風を遮るもので回りを囲ってあげましょう。段ボールやビニールシートなどの簡易的なものでも効果はあります。

毛布を敷く

当たり前と言えば当たり前ですが、犬小屋に毛布などを入れて犬がくるまれるようにしてあげましょう。古くなって着なくなったセーターなどでも大丈夫。
断熱材を犬小屋の床に敷き詰めるという方法もあります。

犬小屋と地面との空間を設ける

犬小屋の底面がべったりと地面に付いていると、冷たい地面に犬小屋も冷やされてしまいます。高床式で地面との空間が開いている犬小屋を選ぶようにしましょう。この地面との空間は、梅雨の時期の湿気対策にも役立ちます。

小屋の入り口にカーテンを付ける

文字通りのカーテンを付けるというよりも、カーテン上のものを付けて冷気が犬小屋の中に入らないようにしてあげましょう。ビニールシートを切ってのれんのようにしておくのも効果があります。

湯たんぽを入れる

犬小屋用のヒーターなどもありますが、屋外だと飼い主の目が行き届かないこともありますので、湯たんぽを使う方がいいでしょう。きちんとした湯たんぽではなくても、お湯の入ったペットボトルを犬小屋の中に入れてあげるだけでも寒さ対策になります。

防寒対策で犬も快適に!

いかがでしたか?
人間より寒さに強いと言われる犬ですが、愛犬のために防寒対策をきちんと行って寒い冬も快適に過ごせるようにしてあげたいですね。今回取り上げた防寒方法を参考にしてみてくださいね。

短い足が可愛らしいミニチュアダックスフンドの飼いやすさについて

短い足でチョコチョコと歩く姿が可愛らしいミニチュアダックスフンド。ユニークな仕草とちょっととぼけたような顔立ちで人気の高い犬種ですね。1度は飼ってみたい小型犬として名前があがることも多いですが実際はどんな感じなのでしょう。今回はそんなミニチュアダックスフンドの飼いやすさについて調べてみました。

ミニチュアダックスフンドの性格は?

ミニチュアダックスフンドにはコートタイプが3タイプあり、それぞれのコートタイプで性格がやや異なるようですね。そのため飼いやすさの感じ方もコートタイプによって若干違いがあるようです。

スムースコート

ダックスフンドのもともとの毛質である、短くやや固い毛が密集して生えているコートタイプです。性格的にも犬世界の楽天家といわれるダックスフンドの性格がもっとも色濃く表れるコートタイプで、陽気で遊び好き、好奇心が旺盛な犬が多いといわれています。

表情豊かで動きが機敏なのも特徴のようですね。賢く陽気な犬が多いのでしつけはしやすいといわれていますが、猟犬としての気質も強く残ってタイプなので無駄吠えや穴掘りには注意が必要なようです。

ロングコート

ほどよく長くややウェーブのかかった毛質をしています。日本では1番人気の高いコートタイプで、耳の先や首の下に優雅な飾り毛があるのが特徴的ですね。

ロングコートタイプは掛け合わせの段階で、スパニエルやセッターの血筋が入っているため、スムースコートの犬種よりも温和で大人しい性格をしているといわれています。やや神経質で臆病なところもあるようですが、基本的には飼い主への依存度が高く甘えん坊な犬が多いため、3つのコートタイプの中ではしつけもしやすく飼いやすいといわれています。

ワイヤーコート

ゴワゴワとした粗い手触りの剛毛な毛質をしています。掛け合わせの段階でシュナウザーの血が入っているためシュナウザーのような眉毛と口髭があるのが特徴です。

シュナウザーの他にテリアの血が入っているのでテリア気質を持った犬が多く、勝気で勇猛な性格をしているといわれています。飼い主への依存度は3つのコートタイプでもっとも低く、独立心が旺盛な犬が多いためしっかりとしたしつけが必要なようです。

リーダーシップをしっかりと取って犬との関係を築くことができれば、家族としてよいパートナーとなってくれるコートタイプのようですね。

ミニチュアダックスフンドのしつけで気になる点は?

小柄で愛らしい姿のミニチュアダックスフンドは愛玩犬のイメージがありますが、他のサイズのダックスフンドと同様に、臭覚を使って主にアナグマやウサギの猟をおこなってきたれっきとした猟犬です。

ミニチュアダックスフンドの猟は穴の中に潜って猟をするスタイルです。穴の中から外の飼い主に自分や獲物の場所を知らせるためには、大きな声で吠えて場所を知らせる必要があります。ウサギなどの穴に入り獲物を追うためには、自分が通れるように穴を掘っていく必要もありますね。また穴の中での猟のため、時に猟師の力を借りずに獲物を自分で仕留めるなければなりません。そのため動くものに噛みつく習性があり噛む力も強いといわれています。

ミニチュアダックスフンドのしつけで難しいといわれているのが無駄吠え、穴掘り、噛み癖ですが、このようにミニチュアダックスフンドの猟の形式を考えると猟犬としての気質によるものであることがわかりますね。ミニチュアダックスフンドのしつけは、これらの猟犬として習性をよく理解して、状況に応じて対応していく必要があるようです。

ミニチュアダックスフンドの臭いと抜け毛は?

室内で犬を飼う時の飼いやすさの目安の1つは抜け毛の量と犬の臭いですね。ミニチュアダックスフンドの抜け毛や臭いはどうなのでしょうか?

前にも書いた通りミニチュアダックスフンドには3つのコートタイプがありますが、体臭の方はどのコートタイプもあまり気にならないようです。しかし抜け毛の量は多いようで、特に換毛期と呼ばれる年に2回ある毛の抜け替わりの時期には、かなりの量の抜け毛があるようです。

抜け毛の対策には被毛の手入れをすることが必要ですが、ミニチュアダックスフンド被毛の手入れの方法はそれぞれのコートタイプによって異なります。もっとも手がかからないといわれているのはスムースコートで、普段の手入れは豚や猪などの毛で作られた獣毛ブラシでブラッシングをするだけで十分だといわれています。

ワイヤーコートもスムースコートと同様に普段の手入れは獣毛ブラシでブラッシングをするだけで十分だといわれていますが、ワイヤーコート特有のゴワゴワとした毛質を保つためにはプラッキングという手入れが必要になります。

3つのコートタイプでもっとも手がかかるのがロングコートタイプの犬で、柔らかくカールのかかった被毛はもつれやすいため、ピンブラシやスリッカーブラシを使用してこまめにブラシングをする必要があります。また抜け毛も柔らかく長い毛質のために目立つという特徴があるようです。

ミニチュアダックスフンドのかかりやすい病気は?

ミニチュアダックスフンドにはかかりやすい病気などはないのでしょうか?ペットの医療費には公的な保険がないので、病気がちであるかどうかも飼いやすさの重要なポイントですね。

ミニチュアダックスフンドでもっとも気をつけたい病気は椎間板ヘルニアです。足が短く胴の長い体型をしているミニチュアダックスフンドはその体格から、椎間板ヘルニアの好発犬種として名前があがることが多いようです。

椎間板は背骨と背骨の間に挟まってクッションの役目を果たしているもので、ゼリー状の髄核とそれを覆う繊維輪でできています。この繊維輪が肥満や老化、外傷などで破れて髄液が外に飛び出してしまい、周りにある神経や脊髄を圧迫している状態を椎間板ヘルニアといいます。

症状としては歩き方がおかしい、運動を嫌がる、足の痛みや麻痺などがあります。

治療法としては軽度の場合は安静療法や投薬などの対症療法がおこなわれますが、重度の場合は外科的な手術によって飛び出した髄核を除去する必要があります。また症状が進んでしまうと排泄の補助や歩行の補助などの介護が必要になる場合が考えられる病気です。

椎間板ヘルニアは肥満などで誘発されることが多いといわれています。また階段などの段差の上り下りや高いところからの飛び降りなども原因となるようです。ミニチュアダックスフンドを飼う場合は体重の管理に気を付け、家の中の段差などを見なおしてみる必要があるようですね。

またミニチュアダックスフンドのように、垂れ耳の犬種で注意が必要な病気が外耳炎です。外耳炎も1度かかるとなかなか治りにくい病気のようで、長期の通院が必要なことが多いようです。コートタイプに関わらずミニチュアダックスフンドの場合は、週に1度~2度の頻度で耳の掃除をしてあげる必要があるようです。

ミニチュアダックスフンドの飼育費用は?

犬を飼うということは命を預かることなので相応の費用がかかります。つまり自分たちの経済力にあった犬でなければ飼うことは難しいということです。

ミニチュアダックスフンドは小型犬なので、大型や中型の犬種に比べるとエサ代やワクチン代などの費用は少なくてすむようです。またトイレやケージなどの犬の生活のために必要なグッズも小型のもので大丈夫なのですべてを用意してもおおよそ3万円前後で準備ができるようですね。

スムースコートの場合は特に必要ありませんが、ロングコートやワイヤーコートの場合はトリミング代がかかることがあるようです。ミニチュアダックスフンドのトリミング代は1回でおおよそ2千円~3千円前後が相場だといわれています。ワイヤーコートの固い毛質を保つために必要なプラッキングをお願いする場合は、通常のトリミングよりも高額なることが多いようですね。

まとめ

ミニチュアダックスフンドの飼いやすさについて実際に生活をすることを考えて、色々と調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

ミニチュアダックスフンドはコートタイプによって飼いやすさの感じ方に違いがあるようですね。また体の大きさにも個体差が大きいように性格も個性豊かな犬種のようなので、一概にミニチュアダックスフンドだから飼いやすいのかどうかを判断するのは難しいようです。

ただミニチュアダックスフンドの場合は、しつけに関してやや根気がいる犬が多いようです。焦らずゆっくりと犬との関係を築いていけるような人に向いている犬種かもしれません。

犬の里親になる方法、探し方について

犬の里親を探すには?

犬の里親になるためには

犬の里親になるためにはどうしたらいいのか?犬の里親募集しているところにはボランティア団体や動物愛護センターなどがあります。
ボランティア団体といっても個人でボランティアをされていたりする方もたくさんおられますネットなどで「犬里親募集」と検索するとこんなに?と思うほどヒットします。
動物愛護センターについては市役所で聞かれると場所を教えくれます。

2、「ネットで見つかったけどありすぎてよくわからない」と思われる方もおられるかもしれません
確かにボランティアとして親身にされている団体や個人の方が大半ですが中には営利目的なんて許されざることも中にはあるようです、ボランティアで活動されている方にはブログで保護犬を紹介したりされている方も多いので人柄や取り組みが伝わってくるかと思いまので情報を得やすいです

保護犬ってなに?

1、犬の里親募集される子たちを保護犬と表現されます、この保護という表現は嫌だといわれるボランティアさんは多いのですが、保護される子たちは飼い主の育児放棄、高齢者により育児の継続ができなくなった、廃業ブリーダーにより放置された、劣悪な環境下での飼育のため保護した、ペットショップで売れ残り殺処分寸前だった、野良犬を保護したなど理由はさまざまですが人の手により手放され人の手により保護された犬のことを言います。

2、理由はさまざまですが傷ついたり怖い思いをした子たちだということは共通するかと思われます。
しかしながらボランティアさんに聞いた話、そういった子でも純粋に人に好意をしめしてくれる子が多いんだそうです、中には男の人が怖かったり、大きな音が怖かったりする犬もいます
健康状態がすべて言い分けでもありません、保護された理由として病気をもっていたり、中には劣悪な環境下の末フィラリアにかかっていたりする子もいます、もちろんなんでこんな子が?と不思議に思うような健康で素直な子たちも多いようです。

里親募集される犬たちは攻撃性がない、もう一度人と暮らすことができると判断された子たちです。

ボランティアさんに引き渡される犬たちも判定された子たちです、では一家庭犬に向かない犬たちはどうなるの?と問いたくなるのですが、実際悲しい運命をたどる犬の数の方が圧倒的に多いです。

保護されて里親を探せる犬たちはほんのひと握りだそうです。そんな悲しい現実も保護犬の裏にはあります。

里親になるためには

1、 里親になるためには、先ほども述べましたが愛護団体に行って実際に犬にあってみる、譲渡会参加する、ブログやホームページをみて申し込むなどの方法があります。

譲渡会の情報などもネットやホームページに書かれてあることが多いです。なかには里親喫茶店と言ってお茶を飲みながら保護犬と触れ合えるお店もあります、経営は保護団体なので里親に名乗りでることもできます。

2、保護された子たちは避妊手術をうけます、これは次の犠牲がでないようにするためだそうです。
望まれない命が増える分、捨てられる犬が増える、というのが理由です。

個人ボランティアさんには病気やケガの子にはしっかり治療をしてから里親にだす方もいます。
もしくはハンディや病気をわかったうえで引き取り治療をしてやってくださいという場合もあります。
もちろんボランティアなのでなんの利益が働くわけでもないのですが、この治療費などもまた、ボランティアの方々の呼びかけで募った寄付金で補われています。

2、 里親ではありますが無償で引き取れるわけではありません、避妊代として2~3万のとこともあれば7~8万円必要なところもあります。
これは営利目的ではく次の子を保護にかかる費用として使用されます、その団体、個人により差があると思いますので譲渡の前にはしっかりと確認しておく必要があります。

あとで費用はいらないと思っていたのと思わぬトラブルにならないためにもしっかりと確認しておく必要があると思います、また何に使用された内容かも知る必要があるかもしれませんね。

里親として保護犬を迎えるにあたり

里親に名乗り出ようと思われた方の中にはかわいそうな犬と思われる方もいるかもしれません。
しかしながらボランティアさんたちはかわいそうな子とは考えていません、むしろ幸せになれる、チャンスをもらったラッキーな子、と考えています、里親募集の時に「なぜ里親になろうと思ったのか」など内容は変わるにせよ動機は必ず聞かれます、また仕事をしているのか、共働きなのか、留守番の時間はどれくらいか、小さい子供さんはいるのかなど事細かに質問に答える必要があります。

これは、保護された子たちが二度と同じめにあわないようにするための大事な情報になります。
マンション住まいか、戸建てか、マンションならばペットを飼えるのかなどもチェックされます。
また独身の方はご遠慮くださいと言われるところもあります、独身者の場合結婚などの環境の変化が予測されるからかと思います、これは絶対と言うわけではありません。

せっかく里親になろうと思っていたのにそんなに事細かなこと言われるの?と思われる方もいるかもしれません。
里親になるというの覚悟のいることかもしれません、もしかしたら里親になりたくてもなれない人もでてくるかもしれません、それでもボランティアさんは命をつなぐ役目として必要なことなのですとおっしゃいます。

ペットショップに行くとショーウインドウ越しに小さなかわいい子たちがはしゃいでいます、思わず目を細めてみていたくなります、でもその裏には、その子たちを産むためだけに飼われ、役目が終われば捨てられる、そんな負の連鎖が終わらないのだそうです。

保護犬を知らない方もおられるかもしれません、ペットショップに行く前に保護犬を迎えることを考えてみてはいかがでしょうか?心が通じたときの感動はほかに代えがたいものがあると思います。

一緒に泳ごう!愛犬のための水遊びグッズ4選

暑くなってくると、プールや海へ遊びに行くのが楽しみになってきますよね。今年の夏は愛犬も一緒に連れでレジャーを楽しんではいかがでしょうか?
愛犬用の水遊びグッズをそろえて、思いっきり遊びましょう!

愛犬用水遊びグッズ4選

1.犬用ライフジャケット

泳ぐのが上手なワンちゃんでも、念のため装着しておきたいライフジャケット。
小型犬・中型犬用であれば、手ごろな値段で購入することが可能です。色合いもポップでカラフルなものが多いので、万が一海岸などで迷子になってしまってもすぐ見つかりそうですね。
[amazonjs asin=”B06XDPYXQ9″ locale=”JP” title=”Jeerui ペット用 ライフジャケット フローティングベスト 救命胴衣 水遊びに 小型から大型犬まで (XL, ブルー)”]

2.犬用ラッシュガード

浅瀬の川遊びで活躍するのがラッシュガード。愛犬を紫外線や怪我から守ってくれます。水遊びの時だけでなく、普段の泥はね防止や冬の雪遊びにも活躍する優れものです。

犬用ラッシュガード

3.水に浮くオモチャ

せっかく水遊びするなら、水に浮くオモチャも一緒にそろえてみるのはいかがでしょうか。愛犬もきっと新しいおもちゃに大喜びするはずです。

・ハーレイボーン
くわえやすい形状と、ゴムボールのような弾力でワンちゃんに人気のおもちゃ。耐久性もしっかりしているので、おもちゃをすぐ壊してしまうという大型犬にもおススメです。
ハーレイボーン
・ジョリーボール
馬でも遊べるようにと作られたこちらのおもちゃ。持ち手が付いているので、陸で遊ぶときにも転がりすぎず、不規則な動きを見せるので、追いかけるワンちゃんも大興奮です。
ジョリーボール

4.犬用速乾タオル

楽しく泳ぎ終わった後は、タオルドライを忘れずに。濡れたままでいると、天候によっては愛犬の身体が冷えて風邪の原因になってしまいます。アウトドア時は吸水性・速乾性のあるものが便利ですよ。

・BLITZペット用
ドイツの超吸水タイプふきんです。布に毛がつきにくく、速乾性に優れていると評判のふきんですよ。
BLITZペット用
・犬用バスローブ
特に大型犬におすすめなのが、こちらの犬用バスローブ。吸水性が良いだけでなく、なによりバスローブ姿のワンコが可愛らしくて仕方ありません。このバスローブを着けたら、あなたの愛犬も行楽地で人気者になってしまうかも?!
犬用バスローブ

遊ぶときは愛犬から目を離さないで

水辺で遊ぶときに気をつけたいのが、やはり水難事故。水の流れが速い場所や、水深のある場所には近づかないようにしましょう。愛犬から目を離すことがないよう、安全に気をつけながら楽しみたいですね!

犬も実はアロマ好き?犬が好む香り

皆さんは好きな香りってありますか?
多くの方が、自宅などでアロマを焚いて自分の好きな香りを楽しんだり、疲労回復や安眠を求めてアロマテラピーに取り組んだりしていますよね。
実はこのアロマテラピー、犬にも効果的で愛犬のためにも活用できるんです。でも、どんなアロマオイルでも使っていいのでしょうか。今回は、犬も好む基本のアロマと、犬には嗅がせたくない注意が必要なアロマをご紹介します。

犬も好むアロマとは

アロマテラピーとは、花や果物、草木など植物から抽出したオイルを使い、香りの力で心身の調子を整える自然療法のことです。
アロマと一口に言ってもたくさんの種類がありますので、どれを使ったらいいのか分からない、という方も多いのではないでしょうか。
それに、犬は嗅覚が人間よりもはるかに優れているので、アロマの香りを嫌がらないかも心配ですよね。
そこで、ここでは犬にも受け入れてもらいやすく、かつ効果的なおすすめアロマをいくつかご紹介していきます。

カモミール・ローマン

効果:落ち着かせる、痛みを和らげる、消化不良などの胃腸の不調改善。
青リンゴのような香りが特徴的なカモミール・ローマン。愛犬が落ち着きのない時などにおすすめ。ディフューザーなどでほんのり香らせるといいですよ。

ローズ

効果:幸せな気分にさせる、気持ちをリフレッシュさせる。
香りからも華やか印象を与えるローズ。日常的にストレスを抱えている犬や過去の出来事で心に傷を負っている犬におすすめ。

ラベンダー

効果:リラックス、緊張をほぐす、殺菌・抗菌効果。
アロマと聞いて、多くの人が思い浮かべる代表格。愛犬を落ち着かせたい時はもちろん、マッサージと併用して犬との絆を深めたい時にも使いたいアロマです。

ゼラニウム

効果:ダニ除け、虫除け、抗菌効果。
ダニを寄せ付けなくするアロマとして有名なゼラニウム。少量のオイルを水で薄めて、虫よけスプレーとして使うのがおすすめ。ただし、愛犬の肌に合わないようであれば直接体にかけるのはやめましょう。

キャロットシード

効果:パサついた体毛や乾燥した肌のケア。
ナッツのような、漢方薬のような特徴的な香りのキャロットシード。キャロットシードのオイルと水、グリセリンを混ぜて、ブラッシングスプレーとして使うのがおすすめ。

犬には危険なアロマもあります

鎮静効果やリフレッシュ効果、虫除けなど様々な良い効果があるアロマですが、中には犬にとって不向きなアロマもあります。
その多くは、少しの量でも皮膚への刺激が強く、肌が弱い犬にとってあまり使いたくないものであったり、神経に作用する毒性が高い濃度で含まれているものだったりします。

愛犬のアロマテラピーに取り組む際には、次のアロマオイルは避けた方が良いでしょう。
・オレガノ
・ウィンターグリーン
・ウォームシード
・セイボリー
・クローブ
・ビター・アーモンド
・ヒソップ
・マグワート
・タイム
・タンジー
・カラマス
・サッサフラス
・アニス
・サンタリナ
・カンファー
・ジュニパー
・バーチ
・カシア
・マスタード
・ラベンダーストエカス
など。

また、愛犬にアロマテラピーを行う際には、純粋な精油を使うようにしましょう。
それから、愛犬がオイルの原液を飲み込んでしまわないように細心の注意を払いましょう。
人間に香りの好みがあるように、犬にもあります。犬に好まれやすいアロマでも中には嫌う子もいますので、愛犬が嫌がるなら無理には使わないようにしてください。

アロマで愛犬と一緒にリラックス

人にも犬にも効果のあるアロマテラピー。
自分も愛犬も好きな香りを探し出して、一緒にリラックスタイムを楽しんでくださいね。

寒い冬に気をつけたい!犬の留守番対策

日中は仕事があるので愛犬はひとりでお留守番、というご家庭も多いのではないでしょうか。
気候がいい時は気になりませんが、毎日寒い日が続く冬に心配なのが、お留守番中のことですよね。
ここでは、愛犬がひとりの時の防寒対策や、エアコン・ヒーターを使用するときの注意点などを紹介します。

愛犬の目線になって考えてみよう

愛犬がひとりで留守番することが多いご家庭では、自分の体が愛犬と同じ目線になるようにしゃがんでみましょう。
暖かい空気は上にいく性質があるため、寒い空気は下に溜まりやすくなり、足元が冷えやすくなります。
つまり、私たちより低い位置にいる愛犬の高さでは寒いかもしれませんね。
一般的に犬の適温は20℃前後と言われています。
留守番中の寒さ対策は、愛犬と同じ目線で適温を考えるところから始めてみましょう。

留守番中に使用する暖房器具はなにがいいの?

暖房器具の種類は数多くありますが、倒れたりすると火事になる危険性があるストーブなどは、留守番中の使用はやめておきましょう。

エアコンが便利

エアコンでタイマーや室温の設定をしながら使用するのがいいでしょう。
寒さがましな日は夕方からの設定にするなど、状況によって対応してあげてくださいね。

乾燥対策をしよう

エアコンを使用するときは、空気が乾燥しがちです。
加湿器を使うほか、濡れタオルをつるしたり、留守番中も適度な湿度になるようにしましょう。

ペット用品でも注意が必要

ペット用ヒーターなどの便利なものがありますが、コードを齧ってしまうわんちゃんもいるので、危険な場合があります。
初めて使う時は、家族がそばにいて様子を見ながらにしましょう。
また、直接肌に触れると低温やけどになってしまう可能性もあるため、タオルを巻くなどして、気をつけてあげてくださいね。

暖房器具以外の対策は?

暖房を使用して室温をコントロールすることは大切ですが、それ以外にもできる留守番中の寒さ対策を紹介します。

ドーム型ベッド

平らなベッドよりも、ドーム型になっているベッドの方が保温効果が高いのでおすすめです。
また、犬は昔、穴を掘って暮らしていたため、暗くて狭い場所を好む性質があり、落ち着くのだそうです。
ドーム型のベットは、留守番中のわんちゃんにぴったりだと言えますね。

毛布などでケージを囲う

金属製のケージは風通しがよく、床に置いているため、とても冷えやすいです。
毛布を敷いてあげたり、まわりを囲ってあげることで暖かくなりますよ。

保温性のある服を着せる

服を1枚着せるだけで、体感温度は変わります。
部屋着には、動きやすい薄手の服がおすすめ。
愛犬のサイズを測り、ピッタリな服を選んであげましょう。

屋外犬の留守番対策は?

屋外で飼っている場合は、比較的寒さに強い犬種がほとんどだと思いますが、ハウスなどの寒さをしのげる場所を必ず作ってあげましょう。
中には暖かいベッドや毛布を用意してあげてくださいね。

まとめ

大切な愛犬とはずっといっしょにいたいですが、生活を送っているとそういうわけにもいきません。
冬の留守番中は、寒さ対策を万全に。新鮮なお水もたっぷり用意して出かけましょう。
そのかわり、家に帰ってきたらちゃんと留守番をしてくれたことをたくさん褒めて、いっしょにいる時間を大切に過ごしてください。
愛犬にとって、大好きな飼い主さんといっしょにいる時間がいちばん幸せな時間なのですから。

そろそろ抜け毛の季節!換毛期の犬の正しいケアとは

犬は汗腺がほとんどないので、汗を出すことができず、体温調節には別の機能を使うほかありません。

犬の体温調節のために必要なものの一つが「換毛」です。これは、春先や秋口におこなわれることが多く、大量の毛が抜け落ちたり、また冬の前には新しい毛が生えてきたりします。このような時期を換毛期と呼びます。

しかし、すべての犬に換毛期があるわけではないのです。

換毛期がある犬

換毛期がある犬というのは、主にダブルコートの犬です。

犬は毛質によって2種類に分けられ、毛が1層構造なのがシングルコート、2層構造になっているのがダブルコートです。

ダブルコートの犬には皮膚を保護するためのオーバーコートと、体温を調節する働きを持つアンダーコートがあります。

冬が近くなると寒さに耐えるために毛が生えますが、逆に夏の前になると暑さによって熱がこもらないように毛が抜けるのです。

ダブルコートの犬というのは長毛の犬と思われがちですが、短毛の犬にもダブルコートはいます。ダブルコートの犬としては、長毛ではゴールデンレトリーバーやスピッツ、チワワやポメラニアン、ダックスフンドやキャバリアなどがいます。

そして短毛犬種ではラブラドールレトリーバーやシベリアンハスキー、柴犬や秋田犬フレンチブルドッグやコーギーなどがダブルコートの犬種に該当します。

換毛期の抜け毛のケア

ブラッシング

換毛期になると、とにかくダブルコートの犬の毛はごっそり抜けます。あまりに大量に抜けるので、「何かの病気かな?」なんて思う人もいるほどです。

犬が歩いたり遊んだりするたびに毛が抜けていては掃除をするのが大変なので、あらかじめブラッシングをして犬の抜け毛を掃除しておくといいでしょう。

ブラッシングは毛並みを整えるだけでなく、肌を程よく刺激することで血行を良くしたり、皮膚を綺麗にしたりする働きもあります。ただし、力を入れすぎると皮膚にダメージを与えてしまうので、気をつけましょう。

シャンプー

ブラッシングと同様に効果的なのが、シャンプーです。シャンプーをすることで抜け毛も落ちるので、換毛期のケアとしてはおすすめです。

ただし、これもやりすぎは禁物で、シャンプーで皮膚を洗いすぎると地肌が乾燥して肌のトラブルにつながってしまうこともあります。

ですので、できるだけ刺激の少ないシャンプーを選ぶのはもちろん、保湿作用もあるシャンプーなどを選ぶといいでしょう。

また、犬は自身で体をなめて清潔にする習性もあるので、シャンプーの回数もそこまで必要ありません。シャンプーの回数が多いと地肌への負担も増えるので、月1回くらいでも十分です。多くても月に3回くらいまでの頻度にしてみましょう。

まとめ

いかがですか?犬の大切な衣替えでもある換毛期は、「抜けるのだから特にケアしなくてもいい」と考えずに、愛犬が気持ち良く季節の変化に適応できるようにしてあげましょう。

桜シーズン到来!愛犬とお花見に出かける際に気をつけたいこと

暖かくなり春を感じる日々。桜の開花を待ち望んでいるという方も多いのではないでしょうか?

週末は家族でお花見に行く予定という方の中には、もちろん愛犬も一緒に桜を楽しみたい!と楽しみにしている方もいることと思います。愛犬も寒い冬が終わり新緑や花の香りの中、飼い主さんとのお散歩やピクニックをとても楽しみにしているはず。

でもちょっと待って!特に人出の多いお花見シーズンは愛犬にとって危険が潜んでいることもあるんです。

シャイな犬は気をつけて!大きな音で愛犬が迷子に!?

お花見シーズンや夏祭りなどで多いトラブルが犬の迷子です。

特にお花見の時期には公園などで盛り上がり、お酒を飲んでいる人も沢山。中には泥酔状態の大盛り上がりを見せる席もあります。急に歌いだしたり、拍手が巻き起こったり、大声で叫ぶ声が聞こえてきたり。

犬にとってはお花見だからと理解できるものではありません。

飼い主さんが桜に心奪われていると、急な音に驚いた愛犬が思いもよらぬ力で引っ張りリードが手から抜けてしまったり。抜けないと思っていた首輪やハーネスがするりと抜けてしまったり。
特に普段から音が苦手、人が苦手、といったシャイな愛犬の場合には特に注意してあげましょう。一度パニックになってしまうと、飼い主さんの声も届かずどこかへ走っていってしまってそのまま迷子になってしまう危険があります。

食いしん坊さんからは目を離さずに!お花見で多い拾い食い

日本を代表する美しい桜ですが、残念ながらお花見客の残していくごみ問題が毎年ニュースに取り上げられています。

中には食べ残しや、ジュースの残り、お菓子や食事のパッケージ、トレイなど、愛犬にとっては魅力的なものも沢山。特に先の尖った串、取り上げられまいと慌てて飲み込んで喉に詰まってしまうようなサイズのものは命に関わることも。
飼い主さんが全ての落し物を把握しながらお花見をするというのは難しいことです。

最近では飲食禁止というお花見エリアも増えてきているので、できればそういった拾い食いの心配がない場所、あまり人の来ない近所の穴場スポットなどを選ぶと、飼い主さんも愛犬ものんびり楽しむことができるでしょう。

犬の目線から考えたい、人混みに潜む危険

お花見の際に人は桜を見上げることに夢中になって視線が上にいきがちです。しかし愛犬たちが過ごす世界は地上20センチ~超大型犬でも1メートル程度。

カメラを覗きながら、桜を眺めながら、家族や友人とおしゃべりに夢中になりながら、各々お花見を楽しむ人が多い中で特に小型犬は人間の視界に入らない、気づいてもらえないことが多くなります。また飼い主さん自身も人の多さで見通しが悪かったり、つい桜に目がいってしまって、普段のお散歩よりも足元の愛犬を取り巻く危険に気づくのが遅くなってしまうことも。

知らないうちに犬の存在に気付かなかった人に愛犬の足や尻尾を踏まれてしまった、鞄やカメラの三脚が目に当たった、目の前の人が食べ物を落とし愛犬が拾ってしまった。様々なトラブルが起こりえます。

全てを想定して防ぐことはできませんが、人が多ければ小型犬は抱き上げる、なるべく人の少ない道や場所を選ぶなどして防げるトラブルは防ぎたいものです。

愛犬と楽しい思い出を

少し怖いことばかり書きましたが、愛犬とのお花見というのは限られた回数しか出来ないことです。美しい桜に嬉しそうな飼い主さんの姿、一緒にお出かけをする愛犬はとても幸せに感じることでしょう。

気をつけるポイントを抑えて、暖かい春と美しい桜を存分に愛犬と楽しみたいですね。

桜と一緒に記念撮影!愛犬と桜を一緒に写真に撮るコツ

春といえば、日本人が愛してやまない桜のシーズン!
開花宣言をまだかと待ちわび、愛犬とお花見に出かける予定の飼い主さんも沢山いらっしゃることと思います。

もちろん愛犬と桜の記念撮影をしたいですよね?
しかし背が高く上の方に花が咲く桜と地面の低いところに立つ愛犬を一緒に撮るのは至難の業…。そんな悩める飼い主さんのために、桜を愛犬の上手な写真の撮り方をご紹介します!

定番はやっぱり抱っこ!桜の花に包まれて

抱っこできる愛犬や、人が多く歩かせるには不安な場合に有効なのが抱っこ。

枝が垂れている場所の隙間から愛犬の顔をのぞかせれば、桜に包まれる愛犬の写真が撮れます。「うちのこ重いから…。」なんて言わず、落とさないようにしっかり抱っこしてあげてくださいね。
また桜の枝や葉に当たって傷つけてしまわないように、細心の注意を払って撮影しましょう。

狙い目は早朝!背景一面に咲く桜で幻想的な瞬間を

どうしても近く近くで撮ろうとしてしまうと、愛犬と一緒に撮ることが難しくなってしまう桜。
少し都心から離れ広いところで、遠くに咲く一面の桜を背景にしちゃいましょう!後ろ一面淡いピンクに包まれたかわいい愛犬の姿が撮れますよ。

桜が痩せて花が少なかったり、まだ6分咲きだったりする場合、写真にすると意外と花がまばらなのが写ってしまいます。せっかくなので満開の時期を狙いましょう。
また人が多い時間だと愛犬も緊張してしまったり、そわそわしがち。自然な散歩中のような和やかな表情を収めるために、人の少ない早朝がおすすめです。

あわせて愛犬の周りには菜の花が咲いていたりすると、ピンクと黄色、緑のコントラストが美しい写真が撮れますよ。

川沿いの桜は最高のロケーション!高低差を有効活用しよう!

私が一番おすすめしたいのが川沿いに延々と続く桜。

川沿いの桜は川に向かって斜面を覆うように咲いていることが多いです。川沿いの道に川を背に立てば自然と背景を覆うように桜が。そして川に降りれるような階段がある川であれば、階段は最高の撮影スポットです。
土手があってその下に桜が並んでいるような川も、土手が最高の舞台になりますね。

また延々桜が咲いている川であれば人が分散されるので、人が少なく迷惑にならない場所も探せますし、桜が綺麗に写りこんでくれるスポットも探しやすいです。
愛犬とお散歩しながら、ちょこちょこ記念撮影、とっても楽しいのでおすすめです。

散った桜も美しい、愛犬と桜の絨毯で終わりかけのシーズンも楽しんで

桜というとつい見上げて咲いている花ばかり見てしまいますが、愛犬たちがいる足元にも目を向けてみませんか?

そこには散った桜の花びらが。
満開のシーズンよりも散り出してから楽しめる桜の絨毯。なるべく沢山敷き詰められているところを選んで撮ったり、歩いている姿を上から撮ったり。また秋になればイチョウや紅葉の季節にも楽しめます。

たまには飼い主さんも一緒に

ついつい愛犬ばかり撮ってしまいがちですが、家族と出かけた週末には桜を背景にお散歩風景を撮りあってみませんか?

「待て!」とポーズを決めている写真ももちろんかわいいですが、大好きな飼い主さんと歩いている愛犬はとても自然体です。飼い主さんが思っている以上に、愛犬はあなたを見上げながら歩いていますよ。

限りある犬生、最高の思い出を残していきましょう

私は愛犬を亡くしたときに、もっと写真を撮っていればと思ったと同時に、一緒に写っている写真があまりに少なく後悔しました。いつも愛犬の姿だけを収めていたんですね。

愛犬との時間は永遠ではありません。
あなたには、愛犬の今この瞬間を、そして移り変わる季節の中で過ごす愛犬の姿を、飼い主さんを愛おしそうに見つめるその表情を、沢山撮って残していってもらえたらいいなと思います。

ジメジメ・カイカイ!梅雨の時期に気をつけたい犬の皮膚トラブル

雨が多く、ジメジメとしたこの季節。
このジメジメが、わんちゃんにとって皮膚トラブルのもとになりやすいことは、ご存知ですか?
ここでは、梅雨の時期に注意したい肌トラブルと、その対処法を紹介します。

マラセチア皮膚炎とは?

マラセチアは、犬の皮膚に常在する真菌です。
健康な皮膚では問題は起こさない菌なのですが、何らかの理由で皮脂が増えすぎたり、皮膚の抵抗力が落ちることでマラセチア菌が増殖し、皮膚炎を引き起こしてしまうのです。

マラセチア皮膚炎の症状と原因

症状

症状としては皮膚の赤みや痒み、脱毛、べたつき、酸っぱいような独特の臭い、乾燥などが挙げられます。
また、垂れ耳の犬種は外耳炎として症状が表れることも多いです。

原因

梅雨の時期にマラセチア皮膚炎になってしまう犬が多いのは、マラセチア菌が湿った所で増殖しやすいためです。
マラセチア皮膚炎を引き起こす原因は、雨の日の散歩後にタオルドライだけで済ましたり、シャンプー後にしっかり乾かさなかったりしたことなど、湿気と汚れが原因で引き起こされることが多いです。

マラセチア皮膚炎が発症しやすい犬種

皮脂が多い、垂れ耳の犬種が発症しやすいと言われています。
なかでもシーズーが圧倒的に多いと言われていますが、テリアやスパニエル系、パグ、ミニチュアシュナウザー、バセットハウンド、ゴールデンレトリーバー、シェットランドシープドック、ボーダーコリーも罹りやすい皮膚炎です。

膿皮症とは?

膿皮症も、犬の皮膚に常在する黄色ブドウ球菌が異常繁殖して起こる皮膚炎です。
この膿皮症は、犬の皮膚炎の中では最も発症率が高いと言われています。

膿皮症の症状と原因

症状

皮膚に赤いブツブツや膿疱、かさぶた、脱毛などの症状がみられます。
初期段階として、皮膚の浅い部分にニキビのような膿ができる表面性膿皮症、その膿が毛の根元に達した表在性膿皮症、皮下組織にまで進行した深在性膿皮症と分類されます。
この進行が進んでしまうと痒みや発熱などがきつくなってしまいます。

原因

やはり、汚れや湿気が原因で黄色ブドウ球菌が繁殖しやすくなるため、高温多湿な梅雨の時期に多く発症すると言われています。
また、乾燥によって皮膚のバランスが崩れやすい冬にも多く発症します。

膿皮症に発症しやすい犬種

長毛種や、シワが多い犬種に発症しやすいと言われています。
犬種としては、イングリッシュ・セッター、コッカー・スパニエル、ブルドッグ、ペキニーズなどが挙げられます。

皮膚トラブルの対策とまとめ

梅雨の時期に気をつけたい皮膚トラブルについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
これらの皮膚炎にならないためには、湿気が多い梅雨の時期には長毛種は短めにカットする、適度にシャンプーをしてしっかり乾かす、ブラッシングでアンダーコートを取り除くなど、飼い主さんがしっかりとケアしてあげることが大切です。
それでも罹ってしまったら、すぐに獣医さんに連れて行って早めに治療しましょう。

忠犬なだけじゃない!?柴犬の飼い主が感じる愛犬の困ったこと

柴犬はこういう犬

最近では、空前の柴犬ブームが巻き起こっています。猫グッズと同様に、柴犬をモチーフにしたカバンやアクセサリー、キーホルダーやスマホケースなど、様々な商品が店頭に並ぶのを見かけることもあるでしょう。

柴犬は日本で昔から飼われている和犬の代表とも言える犬種ですが、現在ではその忠実ぶりから海外でも人気に火が付いています。

柴犬は和犬として昔から生きてきたので、血気盛んな一面があり、とても活発な犬種でもあります。また、日本昔話である「桃太郎」や「花咲か爺さん」に登場する犬は、柴犬がモチーフだと言われています。

柴犬を飼ってみて困ったこと

運動量が多く、散歩が大変

柴犬は他の小型犬よりは少し体が大きいですが、小型犬に分類される犬種です。活発な犬なので、毎日の散歩は欠かさず行わないと運動不足になってしまいます。

運動量も多く、体重に見合った距離を歩かせることが大切です。例えば、10kgの犬であれば、10km歩かなければなりません。

運動量が足りなくなるとストレスがたまり、家の中で暴れまわったりなどの問題行動を起こすようになるので、注意が必要です。

毛が抜ける

柴犬を飼う人の多くが抱えているのが、愛犬の抜け毛の多さではないでしょうか。柴犬は毛が短い犬種ではありますが、ダブルコートと言って冬場になると毛が二層になる犬種なので、春と秋に1回ずつ、換毛期が訪れます。そのため、この期間中の抜け毛は非常に多くなるのです。

短毛だからと油断せずに、換毛期にはきちんと毎日ブラッシングをして、毛のもつれや抜けた毛が散乱するというような状態にならないように気をつけましょう。

警戒心が強い

柴犬は、昔から番犬として飼われることが多かった犬種であり、主人に対しての忠誠心は他の犬種と比べても高いのが特徴です。主人の言うことはよく聞くので、しつけがしやすい犬種でもあります。

反面、主人以外の人には警戒心から懐きにくいことがあるので、子犬の頃から他の人や犬にも慣れさせておくことが大切です。

また、しつけの際には子犬の頃から上下関係をしっかり認識させておかないということを聞かない犬にもなりかねないので注意しましょう。

まとめ

いかがですか?柴犬はつぶらな人みとぷりっとしたお尻がとってもキュートで飼いやすい犬種でもあるので国内外問わず人気が高くなっています。

少し困った部分もあるかもしれませんが、そんなところも愛犬のチャームポイントとして愛してあげましょう!

いくつになっても可愛い愛犬♡シニア犬が見せる可愛い仕草とは?

シニア犬は若い頃とは動きも仕草も変化する

小さな子犬の頃はよちよち歩きで、少し大人になると元気いっぱいに走り回る愛犬に癒されてきた飼い主さんも多いはずです。

そんな犬も生き物である以上、体は人間と同じように衰えていき、小型犬であれば6歳、大型犬は5歳頃からシニア犬と呼ばれる年齢に差し掛かります。

シニア犬になれば体の機能も衰え始めるので、若い頃と同じように活発に動き回ることはなくなるかもしれません。そんな愛犬の変化に悲しみや寂しさを感じる飼い主さんもいるかもしれませんが、シニア犬はシニア犬ならではの愛らしい姿を見せてくれることもあるんです。

シニア犬だからこその愛らしい仕草

顔つきが穏やかになる

犬の顔はずっと同じように見えて、年々変化していきます。子犬が大人になるような劇的な変化ではありませんが、シニア犬になると若い頃よりも顔立ちが丸く、穏やかな表情になると言われています。

キリッとして凛々しい表情だった子は少し柔らかい顔立ちになるでしょうし、元からキュートな顔立ちだった子は可愛らしいというよりは穏やかで温かみのある表情になるかもしれません。

そんな風に愛犬の表情の変化を楽しみながら、写真に残して行くのもいいでしょう。

ゆっくり歩くようになる

人間もそうですが、加齢とともに犬も体の様々な機能が衰えていくので、あまり活発に動き回れなくなります。

若い頃は元気で走り回っていたのに……なんて少し寂しく感じる人もいるかもしれませんが、ゆっくりとした動きで歩き回るわんちゃんも、それはそれでなんだか可愛いものです。

見られなくなったものを悔やむよりも、愛犬の新しい一面を見つけて笑顔を向けてあげることの方が、わんちゃんも嬉しく思ってくれるはずです。

長年一緒にいることで、絆が深まる

犬も賢い生き物なので、何年も一緒にいると、だんだんと家族のことがわかってくるようになります。空気を読んで動いたり、飼い主の家族一人一人の名前をしっかり認識するようになったりする愛犬を見ていると、嬉しいものですよね。

また、家族の行動パターンを理解し、遊んでもらえるタイミングや餌の時間を測って人間側の意図を汲み取ってもらえると、とてもありがたいですよね。

それは、一緒に過ごしてきた時間が長いからこそ、絆が深まったからこそ見られるものだと思います。

まとめ

いかがですか?愛犬が歳をとるということは悲しいことばかりではありません。愛犬とともに歳を経ることで、一緒に過ごしてきた時間で育んだ愛犬との絆を感じることができるようにもなるのです。

いたずらがバレちゃった!叱られた時の犬の反応~確信犯編~

大切な家族の一員である愛犬ですが、時にはいたずらをして飼い主さんを困らせることもありますよね。
仕事で疲れて帰ってきたら、部屋の中が大惨事!!なんてことになってたらショックで立ち上がれません・・・。
そんないたずらが飼い主さんに見つかって叱られてしまった時、あなたの愛犬はどんな行動を取りますか?
確信犯タイプ?それともちゃんと反省してくれるタイプ?
ここでは、「確信犯タイプ」で開き直った愛犬が見せるなんとも憎めない行動を紹介していきます。

歯を見せてイーっ!

飼い主さんがいたずらを発見して叱っている時、最初はしょんぼりして下を向いていた愛犬。
しかし、お説教が長くなるにつれて表情が変化してくることもあるんです。
その時、「イーっ」という歯を見せる表情をしていたら、これは全然反省していない証拠です!!
このような表情をするのは、主従関係において飼い主さんが下に見られており、自分が怒られていることに納得していないためです。
いたずらを叱るより先に、主従関係を築き直すところから始めた方がいいかもしれませんね。

お腹を見せて笑いながらごろん

「ダメでしょ!!」という飼い主さんの怒った声で、自分のいたずらがバレてしまったことに気づいた愛犬。
駆け寄ってきて、飼い主さんの足元にゴロンと転がりながら笑顔でお腹を見せて、しっぽをフリフリ。
こんな時は、「まあまあ、そう怒らないでよ~」と飼い主さんの怒りを逸らそうとしているのだそうです。
確かに、こんなことをされたら思わず笑ってしまいますよね。

ヤバい!逃げ遅れたっ!!

いたずらをしている時、飼い主さんに現行犯で見つかってしまった、愛犬。
とっさに逃げようとたけれど、飼い主さんの「こらっ!」という声で片足上げて固まった愛犬の姿、見たことはありませんか?
その後は、観念したように飼い主さんを見上げてくるはずです。
「怒られるのはわかっているけど、いたずらはやめられないんだよね・・・」そんな愛犬の声が聞こえてきそうな反応ですね。

まとめ

怒られたときに愛犬が見せる、なんとも憎めない行動を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
ほかにも、いたずらが見つかって怒られた時の反応としては、首をかしげたり、知らんぷりでポーカーフェイスを装ったり、満足げな顔をしたり(!)と、犬によって実に個性的な反応があるようです。
もちろん、いたずらはしてはいけないことなのですが、こんな反応をされたら思わずクスッと笑ってしまいますよね。

犬が登場!ことわざから学ぶ人生の心得とは

昔から言い伝えられてきた「ことわざ」ですが、日常会話の中で使っていたり、ふとした時に自身を顧みるきっかけになったりしますよね。
日本には「犬」が登場することわざがたくさんあるのですが、そのなかでいくつ知っているものがありますか?
ここでは、犬が登場することわざと、そこから学ぶことのできる心得について紹介していきます。

犬は三日飼えば三年恩を忘れぬ

【意味】
犬は3日間かわいがると、その飼い主を3年間慕って恩を忘れない。
犬でさえも受けた恩を忘れないのだから、人間は尚更恩知らずであってはならない、という戒めのことわざです。

ちなみに、「犬は三日の恩を三年忘れず」の後に、「猫は三年の恩を三日で忘れる」と続くことわざもあるのですが、これは犬と猫が人への恩を記憶する能力の違いを表しています。
また、そんな性格なのに猫は犬と同じように愛されるという不条理をも表していると言われています。
一般的に犬は忠実、猫は気まぐれとされていますが、どちらも飼い主さんからは愛される大切な存在。
「ちょっとずるいなぁ」と苦笑いしたくなってしまうことわざですね。

夫婦喧嘩は犬も食わぬ

【意味】
夫婦喧嘩は、何でもよく食う犬でさえ見向きもしないのだから、放っておくほうがよい。
つまらないことが原因で争っていて、すぐ仲直りするものだから他人が気を使って仲裁するほどのことはない、ということわざです。

ちなみに、我が家の愛犬は夫婦喧嘩がはじまると最初の内は心配そうに周囲をウロウロしているのですが、気付くとベッドでグースカ寝ています。
このことわざが表すように、「どうしようもないなぁ」と放っておかれているのかもしれませんね。
その姿を見て、「またやってしまった・・・」と、毎度反省する飼い主たちです。

飼い犬に手を噛まれる

【意味】
目をかけていたり、かわいがっていた信用している相手に裏切られたり、思わぬ害を受けること。
また、自分の反省点を気づかせるために、用いることもできることわざです。

このことわざは、毎日食事を与えたり、散歩に連れて行ったりしてかわいがっているにもかかわらず、家で飼っている犬に手を噛まれてしまったという、悲しい出来事から生まれたと言われています。
これを人との間でのやり取りに例えたものなのですが、主に職場での人間関係について用いられることが多いことわざです。
このことわざを聞くと、テレビドラマなどで俳優さんが「かわいがってやったのに飼い犬に手を噛まれたぜ・・・」とセリフを言っている映像が思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか?

犬も歩けば棒に当たる

【意味】
犬は意味もなくうろつき歩くから、棒で打たれるような災難に遭うことになる。
つまりは、じっとしていればよいものを、出しゃばると思いがけない目に遭うという戒めのことわざです。

これは、野犬が多かった時代、食べ物に困った下級武士が野犬を棒で叩いて捕えていたことに由来すると言われています。
また後に、「積極的に外に出ることで、思いがけない幸運に恵まれることもある」という意味にも使われるようになりました。
現代ではお正月のかるたに使われていたり、小学校に入って習うことわざのひとつだったりと、とても身近に感じることわざではないでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ここで紹介した以外にも、犬が使われていることわざは、たくさんあります。
興味を持っていただけたら、ぜひ調べてみてくださいね。

ちょっぴり過保護?愛情たっぷりな小型犬の飼い主さんあるある

小型犬は身体が小さい分、大型犬に比べて少しデリケート。
愛犬が寒さや暑さに弱かったり、お腹を壊しやすかったりしたら、飼い主さんとしては出来る限りのケアをしてあげたいと思いますよね。
ここでは、小型犬の飼い主さんによくみられる行動をポイントごとに紹介していきます。

かわいい服を買って着せるのが楽しい!

小型犬を飼うまでは、道で服を着ている小型犬を見かけるたびに「犬に服を着せるなんてなんだかなぁ・・・」とモヤモヤした気持ちになっていたのに、いざ自分が小型犬を飼うことになったら、愛犬に服を着せている、そんな小型犬の飼い主さん。
さらには、ショップでかわいい服を見つけたら買ってしまったり、自分で作ってしまう器用な飼い主さんも!
服を着ているのは、中型犬や大型犬に比べて、圧倒的に小型犬が多いはずです。
これは、小型犬が寒さや暑さに弱いので、服を着せることで体温調節をしているという側面があるためですが、何にせよかわいい愛犬がかわいい服を着ていると、それだけで幸せになってしまいますよね。

フードを数種類ローテーションしてあげている

いつも同じフードをあげるのではなく、数種類のフードをローテーションして与えているという小型犬の飼い主さんのお話しを、よく耳にします。
小型犬は季節の変わり目に体調が変化しやすく、急にいつものフードを食べなくなっても、お気に入りのフードがいくつかあると他のものを食べてくれるため安心、ということでフードローテーションをしている飼い主さんが多いようです。
また、フードローテーションをすることで、特定の原材料が身体に蓄積することが減るため、アレルギーを予防する上でも有効と言われているようですよ。

足のケアのために家の中の環境を整えている

小型犬、特にトイプードルやチワワ、ポメラニアン、マルチーズ、ヨークシャーテリアなどの犬種は、「膝蓋骨脱臼」という膝のお皿が外れてしまう足の疾患になってしまうことが多いと言われています。
膝関節の溝が浅いことが原因と言われていますが、この膝蓋骨脱臼を悪化させないために、家の中の足元の環境を整えている小型犬の飼い主さんが多いようです。
具体的には、部屋に犬用のステップやスロープを設置したり、フロアカーベットやタイルマットを敷いたりして、滑りにくくするという方法です。
また、「膝蓋骨脱臼」に加えて、ミニチュアダックスフントに多い「椎間板ヘルニア」を悪化させないためにソファやベッドに犬用のスロープを設置して愛犬が飛び乗ったり降りたりすることを防いでいる小型犬の飼い主さんも多いですね。

まとめ

小型犬の飼い主さんによくみられる、ちょっぴり過保護な行動を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
その行動には意味があり、愛犬への愛情があふれていることがお分かりいただけたらうれしいです。

簡単にできる!愛犬のための夏対策グッズをご紹介

じめじめと暑い日本の夏。暑いと本当に体力を消耗しますよね。愛犬と一緒に暑い夏を乗り切るために、様々な対策をしている方も多いのではないでしょうか。今回は、愛犬のための夏対策に役立つグッズをご紹介します。

犬のための夏対策グッズ5選

大切な愛犬を夏バテさせないために、様々な夏対策グッズを活用しましょう。

大理石ボード

多くの飼い主さんから愛犬の暑さ対策グッズとして高い評価を得ている大理石ボード。
ひんやりとした天然大理石が優しく愛犬の体を冷ましてくれます。
天然石なのでダニやノミが繁殖することなく、簡単な汚れならさっと一拭きできるのも嬉しいポイント。角は丸く整えられているので愛犬にも安全です。

 

涼感ソフトジェルマット

愛犬とのお出かけ用に持ち運べるひんやりマットが欲しいという方におすすめ。自然な冷たさで愛犬の体を冷やし過ぎない吸熱素材のマットです。折り目に合わせて二つに折りたたむと、バッグにも簡単にはりますよ。
22″>【涼感ソフトジェルマットL 犬猫用】

ひえひえ・クールバンダナ

バンダナのポケットに保冷剤を入れて簡単に使えるクールバンダナ。こちらのグッズは小型犬用なので、バンダナ本体と保冷剤を合わせて30g未満の軽さで、犬への負担が最小限に抑えられています。バックルで簡単に装着することができます。カラーや柄のバリエーションが豊富なので、愛犬のおしゃれ感覚で選べます。

ひんやりお散歩ベスト

日中を避けて涼しくなる夕方などに散歩に行っても、意外と地面からの反射熱が残っていますよね。人間と比べて地面との距離が近い犬たちにとって、夏の反射熱は大敵。こちらのベストは水につけるだけで何回も使用できる涼感ベストです。背中に被せて首とお腹にあるマジックテープのベルトを止めるだけで簡単に装着することができます。

愛犬の熱中症チェッカー

こちらのグッズは、温度と湿度を測定して状況をLEDで表示、警戒度が高まるとブザーで知らせてくれる優れもの。
警戒度は注意・警戒・危険の3段階で知らせてくれ、スイッチの切り替えで人間用に使用することも可能です。

さいごに

犬は人間よりも暑さが苦手。汗腺がほとんどないので汗をかいて熱を発散することもできません。
今回紹介した夏対策グッズの他にも色々なアイテムがありますので、デリケートな愛犬のために活用して、厳しい夏を一緒に乗り切っていきましょう。

犬と家でも外でも一緒いたいんです

「愛犬といつでもいっしょにいたい」という思いは、大型犬・中型犬の飼い主さんも、小型犬の飼い主さんも同じですよね。
でも、電車などの公共交通機関に乗ることができなかったり、犬は抱っこやケージに入れてのみ入場可能な施設があったりと、大型犬や中型犬といっしょにお出かけするには制約が多いです。
それに比べると小型犬は、お出かけする時も同伴しやすいと言えますね。
ここでは、小型犬に焦点を当てて、飼い主さんによくみられる行動を紹介していきます。

おでかけはいつもいっしょ

キャリーバッグやケージに入れて電車などの公共交通機関に乗ることができる小型犬は、比較的いっしょにおでかけしやすいですよね。
犬の同伴が可能なカフェでも、店内は小型犬のみ入店OKというお店も多いのが現実です。
小型犬は大型犬や中型犬に比べて体重も軽く、大きなスペースも必要としないので、いっしょにおでかけしやすいのですが、飼い主さんはきっちりとマナーを守って行動するようにしてくださいね。

いっしょに眠る幸せタイム

愛犬と一緒に寝ているという小型犬の飼い主さん、多いのではないでしょうか?
寒い季節は特に、いっしょ布団の中に入ると、湯たんぽにもなってくれちゃう愛犬はとってもありがたい存在!
お互いにあったかくてうれしいですよね。
ふわふわした愛犬を抱っこしながら眠る癒しの時間は、何物にも代えがたい幸せです。
ちなみに、夏はいっしょに布団に入ると暑いので、飼い主さんの足元に寝ていることが多いようですよ。

歩かないお散歩とは、いかに???

「お散歩」とは、その名の通り「外を歩く」ことなのですが、「うちのこは外で歩かないのよ~」と話す小型犬の飼い主さんが意外と多いのです。
でも、お外に出ること自体は好きなので、飼い主さんが抱っこしたり、犬用のカートに乗ったりして、お散歩をしているのですね。
道でカートに乗って気持ちよさそうにしているわんちゃんを見かけた時に、「あの犬、なんで歩いてないのかしら?」と思った方、もしかしてお散歩嫌い(でも外は好き)な小型犬だったのかもしれませんね。

まとめ

小型犬の飼い主さんによくみられる行動を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
ここで紹介したこと以外にも、小型犬の飼い主さんに共通する行動はたくさんあると思います。
あなたが愛犬のためにしていることも、小型犬の飼い主さんあるあるのひとつかもしれませんね♪

抱き心地にうっとり!大型犬の飼い主にありがちなこと6選

まるでぬいぐるみのような小型犬も可愛らしくていいですが、存在感のある大型犬も魅力的ですよね。今回は大型犬を飼っている人にしか分からない、ありがちなことを集めてみました。
読み終わる頃には、大型犬が飼いたくなってしまうかも?!

大型犬の飼い主にありがちなこと6選

1.マメに部屋の掃除をするようになる

大型犬といえば、やっぱり尋常じゃない抜け毛とヨダレの量!
一日に何回も拭き掃除や掃除機をする飼い主さんもいれば、常にコロコロが手放せないという人も多いよう。抜け毛の量に勝てず掃除機が故障してしまったなんていうエピソードも見かけるほど、大型犬の抜け毛は手強い!でもそんな毎日の掃除さえも、愛犬の笑顔さえ見られるなら全然苦にならない!

2.お風呂に入れるだけでヘトヘト

大型犬のシャンプーは、洗うのに一苦労、乾かすのにも一苦労。大きな体でブルブルと水しぶきを飛ばされて、飼い主さんも一緒にずぶ濡れなんてことも…。でも洗い上がりのフワッフワの毛並みを見れば、そんな苦労も吹き飛ぶ!

3.強烈なお迎えは大変だけど嬉しい

玄関からドアの開く音が聞こえると、急いで猛ダッシュ!大きな体いっぱいに帰宅を喜んでくれる姿に、一日の疲れも吹き飛んで自然と笑顔になっちゃいます。後ろに倒れそうになるほどの強烈な愛情表現にちょっと困りつつ、でもやっぱり嬉しくて可愛いくて仕方ない。

4.帰宅時間が早くなる

今頃何してるのかな?寂しがってないかな?と気がかりなのはいつでも家で待っている愛犬のこと。
「今日もダッシュでお迎えに来てくれるのかなぁ」なんて考えながら毎日帰路に着いていたら、気づけば早くお家に帰るのが習慣になっていたという飼い主さんは結構いるようです。

5.いつの間にか運動不足解消!

大型犬ともなると、運動量も桁違い。ストレス発散や運動不足予防のために、一日1時間以上のお散歩が必要です。大型犬を飼い始めて毎日の散歩が習慣になったことで、いつの間にか自然と飼い主さん自身も足腰が丈夫で健康体質に!

6.冬は最高の抱き枕

もっふもふの毛並みに大きな体は、つい抱きしめたくなっちゃう。特に冬はあったかふわふわの抱き枕として、最高に癒される!この抱き心地は大型犬の飼い主さんならではの権利かもしれません。

大変だけどやっぱり可愛い大型犬!

ご飯の量も運動量も、全てがダイナミックな大型犬。でも手かがかるところも含めて、全てが可愛い!と感じている飼い主さんは多いようです。大型犬との生活、憧れますね。

いたずらがバレちゃった!叱られた時の犬の反応~しょんぼり反省編~

いつもはいい子なのに、少し目を離した隙にとんでもないいたずらをしでかしてくれた!という経験、ありませんか?
叱ろうと思って振りかえると、なんともしょんぼり反省した愛犬の姿が。
ここでは、思わずいたずらを許したくなってしまう、愛犬の憎めない仕草を紹介していきます。

反省してますアピールがとっても上手

いたずらをしているとき、現行犯で飼い主さんに見つかって叱られちゃった!
こんな状況の時、あなたの愛犬はどんなしぐさを見せますか?
最初は、伏し目がちで目が合わないけれど、次第に上目遣いで飼い主さんを見上げ、耳は後ろに倒している。
こんな時は、愛犬は飼い主さんの話していることをしっかり聞いていて、反省していると捉えていいでしょう。
つぶらな瞳で見つめられると、ついつい「もう怒ってないよ~」と、ギュッと抱きしめてしまいたくなっちゃいますよね。

飼い主さん、助けてください・・・

愛犬が、ゴミ箱をひっくり返して部屋がゴミだらけ!
こんな体験は、犬を飼っている人であれば経験したことがあるはずですが、なかなかショッキングな状態の部屋にゲンナリしてしまいますよね。
そんな時、ふと横を見ると、なんとも情けない顔をした愛犬が、助けを求めている・・・なぜなのでしょうか?

    • ゴミの中にあったガムテープが、毛にひっついて離れなくなっちゃった
    • ゴミ箱のふたが足に引っ掛かっちゃった
  • こんなことになっていたら、まずは愛犬を救出!
    叱ろうと思っていたけれど、こんな情けない姿を見せられたら、思わず笑ってしまいますね。

    隠れてもバレバレです

    ふと気がつくと、ブランケットに包まってしっぽだけが見えている愛犬。
    本人は、きっと上手に隠れているつもりなのでしょう。
    自分がダメなことをしてしまったことを理解しているので、見つかって叱られないように隠れているのですが、しっぽがちょこんと見えていてバレバレです。
    わかっているならしなければいいのになぁと怒りを感じながらも、ちょこっと見えるしっぽが、なんともかわいいと思ってしまうんですよね。

    まとめ

    思わずいたずらを許したくなってしまう愛犬の憎めない仕草を紹介してきましたが、なんともかわいいいいたずら犯が多いですよね。
    いたずらをするのはいけないことですが、叱るタイミングにも注意が必要です。
    いたずらをした愛犬を叱っていいのは、現行犯で見つけた時だけ。
    後から叱っても、飼い主さんが何を怒っているのかわからずに愛犬は戸惑ってしまうだけなので、
    しつけのためにも、信頼関係のためにも、気をつけてくださいね。

    犬猫と旅行に行く際の交通手段のまとめ

    犬や猫が利用できる交通手段は?

    犬や猫と一緒に旅行に行くときはどんな交通手段が考えられるのでしょうか?
    バス、飛行機、列車及び新幹線、自動車が考えられます。
    それぞれをまとめてみました。

    バス

    市営バスなどでは次の2つの条件を満たしている場合乗車することが許可されています。

    • ケースやバック等に収納されていて、ほかのお客様に迷惑をかける恐れがないこと
    • ケースやバック等は、膝の上に乗せられる程度のサイズであること

    つまり、顔の出ないキャリーやスリングに入る小型犬に限られて、人が抱えることができない中型犬以上のサイズの犬は乗車することができません。また、車内が混んでいたりするときなどは乗車を断られる可能性もあります。
    細かい規定や、運賃はバス会社によっても異なるちますので、予め乗車予定のバス会社に問い合わせをしたり、HPなどで確認しておくことをおすすめします。

    飛行機

    飛行機にも搭乗することが可能です。しかし、客席への同乗ではなく貨物室へ預けることになります。
    料金は3,000~6,000円と飛行機会社や利用路線によって変わっていきます。
    ケージに入って預けることになります。その場合、自分のケージの持ち込みも可能です。またケージを貸し出してもらうこともできます。
    ペットを預けるのは手荷物カウンターになります。手荷物カウンターでチェックインします。その後航空機への移動をします。そして到着空港の到着ロビーいて引き渡しをされるという流れになります。
    手荷物カウンターはペット専用窓口が設けてある航空会社もあるので、あらかじめ調べておくことをおすすめします。混雑時にペット専用窓口があるとチェックインがスムーズで犬猫にかける負担を少なくできます。
    空港機への移動、乗り降りは野外の作業となるため、体調を崩すことも考えられます。
    そのため、短頭犬種(ブルドック、ボクサー、シーズー、テリア、チャウチャウ、パグ、チン、ペギニーズなど)は毎年6月1日から9月30日に搭乗はできません。

    列車及び新幹線

    列車、新幹線などでは次の2つの条件を満たしている場合乗車することが許可されています。

    • 長さ70cm以内でタテ・ヨコ・高さの合計が90cm程度のケースにいれたもの
    • ケースと動物を合わせた重さが10キログラム以内のもの

    つまり全身が入るクレートに入れて乗車ができるということです。スリングや布製などのソフトタイプのケースに入れた状態では利用できません。
    犬や猫は荷物扱いになり、手回り品料金280円がかかります。
    駅の改札口で荷物を見せ、普通手回り品切符を購入します。
    犬猫用に座席を取ることはできず、膝の上や足物に置かなければいけません。

    このように、犬猫と一緒に移動をしようとすると様々な規制が設けられています。会社によっても少しずつ条件などが異なるため、犬猫と一緒に出掛けるときは事前調べがとても大切です。

    犬猫とのお出かけは犬猫のことをよく考えて

    犬猫は騒がしい場所に行くことやこれからどうなるか予想がつかないこと、場所を次々に移動することにとてもストレスを受けてしまいます。犬や猫は私たちよりもとても小さく、動体視力もよく、嗅覚聴覚もとても発達しています。多すぎる刺激を受けるととても疲れてしまいます。

    人間はいつでも一緒にいたいたし、旅行にも行きたいと思うかもしれませんが、犬猫たちの体には多少なりとも負担がかかっていることを認識しましょう。できるだけ負担の少ない日程調整、場所選びもしっかりしておきたいですね。

    犬猫と一緒に出掛けるときは事前調べがとても大切です。