犬のグッズ

外で犬を飼っている人向け!屋外の犬小屋の防寒方法

以前と比べて室内で飼うことが多くなった犬ですが、居住スペースの問題や番犬目的で屋外で犬を飼う人もたくさんいらっしゃいますよね。屋外で飼う場合に気になることと言えば、冬の寒さや夏の暑さの対策です。屋外でも愛犬に快適過ごしてもらえるよう、今回は外で犬を飼っている方向けに犬小屋の防寒方法についてまとめました。

犬は寒さに強いの?

基本的に犬は、人間に比べて寒さに強いと言われています。特に寒い地方が原産の犬種は、かなり厳しい寒さにも耐えられるような特徴を持っています。
しかし、数ある犬の中には暑い地方が原産の犬種もおり、寒さに弱い犬がいることも事実です。
暑い地方原産ということ以外にも、子犬や老犬などの体力のない犬、小型犬、短毛種の犬、シングルコートを持つ犬などは寒さにそれほど強くありません。

では、実際に行える犬小屋の防寒をご紹介します。

風を防ぐ

冷たい風が犬小屋に直接当たらないよう、犬小屋の設置場所を移動してあげるか風を遮るもので回りを囲ってあげましょう。段ボールやビニールシートなどの簡易的なものでも効果はあります。

毛布を敷く

当たり前と言えば当たり前ですが、犬小屋に毛布などを入れて犬がくるまれるようにしてあげましょう。古くなって着なくなったセーターなどでも大丈夫。
断熱材を犬小屋の床に敷き詰めるという方法もあります。

犬小屋と地面との空間を設ける

犬小屋の底面がべったりと地面に付いていると、冷たい地面に犬小屋も冷やされてしまいます。高床式で地面との空間が開いている犬小屋を選ぶようにしましょう。この地面との空間は、梅雨の時期の湿気対策にも役立ちます。

小屋の入り口にカーテンを付ける

文字通りのカーテンを付けるというよりも、カーテン上のものを付けて冷気が犬小屋の中に入らないようにしてあげましょう。ビニールシートを切ってのれんのようにしておくのも効果があります。

湯たんぽを入れる

犬小屋用のヒーターなどもありますが、屋外だと飼い主の目が行き届かないこともありますので、湯たんぽを使う方がいいでしょう。きちんとした湯たんぽではなくても、お湯の入ったペットボトルを犬小屋の中に入れてあげるだけでも寒さ対策になります。

防寒対策で犬も快適に!

いかがでしたか?
人間より寒さに強いと言われる犬ですが、愛犬のために防寒対策をきちんと行って寒い冬も快適に過ごせるようにしてあげたいですね。今回取り上げた防寒方法を参考にしてみてくださいね。

愛犬の水分補給について考えよう!夏のお水の与え方

毎日暑い今の季節、愛犬が水を飲む回数が増えてきたのではないでしょうか?
犬は汗腺がないため、汗をかくことはできませんが、暑い時は特にハアハアとパンディングすることで舌から体内の水分が失われてしまうのです。
ここでは、脱水症状や熱中症にならないために、しっかりと水分補給ができるような工夫と注意点を紹介していきます。

飲み水の置き場所を考えよう

愛犬の飲み水は、直射日光の当たる場所を避けて置くようにしましょう。
日があたることで水温が上がると、犬の唾液や食べカスなどが混じった水は、雑菌が増えやすくなり、食中毒を起こしてしまう可能性があるので注意が必要です。

飲み水の置き場を増やしてみよう

飲み水の置き場所が1か所の場合は、いくつか増やしてあげるといいでしょう。
子犬を飼いはじめる時によくセットになっている給水ボトルですが、飲むのにコツが必要です。
給水ボトルを使っていてあまり水を飲まない場合は、ボウルや深めのお皿など、数か所に違う器に入れた飲み水を用意してあげると、好みのものから飲んでくれることもありますよ。

いつでも新鮮なお水が飲めるようにしよう

入れてから時間が経って生ぬるくなったお水なんて、人間もわんちゃんも飲みたくないですよね。
一度入れた飲み水は長時間置いておくことは避け、なるべく頻回変えるようにし、いつでも新鮮なお水が飲めるようにしてあげてくださいね。

外出時も水分補給を忘れないようにしよう

お散歩へ行く時は、飲み水を持って行くようしてください。
お散歩でたくさん歩いて暑くなると、熱中症になってしまう危険が高くなります。
ハアハアとパンディングしている時は、しっかり水分補給をすることが大切です。
また、お家ではしっかりお水を飲んでいても、おでかけすると外ではお水を飲まなくなってしまう犬も多いです。
そのような場合でも、少し味が付いていると飲んでくれることもあります。
犬は甘味を好むため、犬用のスポーツドリンクを持って行くのがおすすめです。
近所に取り扱いしているお店がない場合でも、ネットショップなどで手に入れることができますよ。

まとめ

脱水症状や熱中症にならないために、しっかりと水分補給ができるような工夫と注意点を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
夏は、他の季節にも増して水分補給が大切な季節です。
上で紹介したような工夫をしてもあまりお水を飲んでくれない場合は、ごはんを水分たっぷりなものにして、水分補給を助けてあげましょう。
ささみの茹で汁や、お肉と野菜をコトコト煮たスープをドライフードにかけてあげると、きっと喜んで食べてくれますよ。
色々な工夫をして、暑い夏を乗り切ってくださいね。

マメなお手入れで長持ち!愛犬の冬用グッズお手入れ方法とは

冷え込む冬になると、愛犬のために寒さ対策をするという飼い主さんも多いのではないでしょうか。特に、チワワやトイプードル、ミニチュアピンシャーなどの寒さに弱い犬種や、体力のない子犬や老犬の飼い主さんは気を遣うことも多いと思います。犬の冬用のグッズと言えば、犬に着せる服が重宝しますよね。しかし、散歩や粗相で汚れたり、襟が伸びてしまったりとくたびれやすいのが悩みです。そこで今回の記事では、犬用の服を長持ちさせるお洗濯のポイントをご紹介します。

犬服の洗濯の方法

犬の服を長持ちさせるには、どんな洗濯の方法が適しているのでしょうか。
洗濯機を使って洗っているという飼い主さんもいらっしゃると思いますが、洗濯機で洗うとどうしても生地の痛みや色あせが気になってしまうものです。
やはり長持ちさせることを考えると、手洗いするのがおすすめです。

洗濯の前に抜け毛をコロコロ

犬の服には、愛犬の抜け毛がたくさん付いてますよね。
抜け毛は洗濯する前に、コロコロなどできれいに取り除いてしまいましょう。抜け毛が少ないと言われる犬種でも、けっこう服に毛が付着していますので、外側も内側も丁寧にコロコロしてくださいね。

洗濯液を作る

服から犬の抜け毛を取り除いたら洗濯に入っていきますが、洗濯に必要な洗濯液を作りましょう。
作り方は簡単。
まず、洗濯桶などに溜めた30度程度のぬるま湯に、お使いの中性洗剤を規定量混ぜるだけ。
汚れがひどい場合には、これに酵素系の漂白剤を混ぜましょう。酵素系の漂白剤を混ぜると、しつこい汚れを落としてくれるだけでなく、除菌や消臭効果も期待できます。汚れは落ちるけど、においがなかなか取れないとお困りの飼い主さんにおすすめの方法ですよ。

浸け置きは30分~1時間を目安に

洗濯液が出来上がったら、さっそく浸け置き開始です。
優しく押し洗いをして、そのまましばらく放置。浸け置きは30分~1時間程度を目安にしましょう。あまりに長く浸けすぎると、一度落ちた汚れが再び服に付着する再汚染や色落ちが起きる可能性がありますので、注意してくださいね。

浸け置き洗いが終わったら、汚れが染み出した洗濯液を捨て、水ですすぎましょう。
漂白剤を入れている場合には、多めにすすぐといいですよ。

干す時は襟が伸びないように気をつけて

襟が伸びてよれてくると、服ってくたびれた印象を与えますよね。
犬の服なのでそこまで気にしなという方であれば大丈夫ですが、もし気になるのであれば、愛犬の服を干す時にはハンガーなどに通さずに、逆さにして洗濯バサミなどで干すようにしましょう。こうすることで、襟の伸びも解消されますよ。

愛犬お気に入りの服もしっかり長持ちさせよう

いかがでしたか?
少し手間はかかりますが、その分愛犬の服を長持ちさせることができます。今回の記事を参考に、愛犬お気に入りの服を長持ちさせるためにぜひ試してみてくださいね。

寒いのは犬も一緒!知っておきたい愛犬のための防寒対策

3月になっても、まだまだ寒い日は続きます。

気温が上がっても、風が冷たいままだと体感温度は低くなりますよね。人間は寒い時にコートなどを着て、室内ではエアコンをつけたりして暖をとりますが、犬はどうなのでしょうか。

もちろん、犬によって寒がりかそうでないかの個体差はあります。シングルコートと呼ばれる犬種は毛が1層なのでもちろん寒さを感じやすいですし、反対にダブルコートの犬は毛が2層構造になっているので、寒さに強いとも言われています。

しかし、どんな犬だって少なからず寒さを感じることはあるのです。愛犬が辛い思いをしないためにも、きちんと防寒対策をしてあげることが大切です。

犬のためにしてあげるべき防寒対策

ペットヒーターを使う

ペットショップなどには、ペット用のヒーターが販売されています。

これは、犬が心地よく暖をとれる30度ほどの温度に設定されるヒーターで、マットのようになっていて直に上に乗れるタイプのものが多く、ケージに入れておけば犬は好きな時に暖をとることができます。

ただ、これを導入する場合には注意が必要で、ケージ内にヒーター以外の部分を作ってあげることが大切です。ヒーターから移動することができなければ、暑く感じた時に犬が逃げ場を失い、体調を崩してしまうこともあり得るからです。

湯たんぽを使う

ヒーターはケージの中に入れておくには画期的なものですが、それ以外にもペット用の暖房器具はあります。

犬用の湯たんぽは、レンジでチンするだけで手軽に使えるおすすめ商品です。レンジでチンをするだけなので電気代はほとんどかかりませんし、長時間暖かさをキープすることができます。

また、ヒーターのようにコンセントにプラグを差し込むタイプのものではないので、ケージの近くにコンセントがなくても使うことができます。また、クレートなどに入れて外出する時にも入れておけるので便利です。

外出時には上着を着せる

家の中であれば問題ないのですが、冬場は室内と外の気温差が大きくなります。

ということは、犬は外に出た瞬間に室内の暖かさとは打って変わって冷たい風にびっくりするでしょう。もしかしたら、体調が悪くなってしまうかもしれません。そのようなことを防ぐためにも、外出時には洋服を着せてあげるといいでしょう。

今はペット用の洋服も種類が豊富ですし、もこもこしていて防寒性に優れているものも沢山あります。

まとめ

いかがですか?犬はもこもこの毛があるから寒くても大丈夫!なんて思わずに、愛犬のためを思うなら、しっかりとした防寒対策をしてあげてください。

犬が健康だと飼い主も元気になれるものなので、ぜひ実践してみてくださいね。

犬のシャンプーの方法と回数、皮膚病予防の方法について

犬のシャンプーの方法や回数をご存知ですか?犬も人間と同じく汗をかきますし、身体が痒い!という事もあります。

犬が野良犬として人間と共存せずに外で生活していた頃は、シャンプーはもちろんの事ブラッシングもしませんでした。

しかし、今では犬と人間が共存し同じ部屋で生活する事が当たりまえとなってきました。だからこそ、犬の清潔を保ち人間と同じくらいのレベルで様々なケアをする必要があるのです。

そのケアの一つにシャンプーがあります。多くの方は犬を専門のトリマーにお願いしてシャンプーしてもらったり、毛をカットしてもらったりしていますが、それは決して安いものではありませんよね。

そのため、自宅でシャンプーしてしまう飼い主さんが多いと思います。

そこで今回は自宅でのシャンプーの方法と回数をご紹介します。あわせて、シャンプーするメリットと犬の皮膚病予防についても紹介します。

自宅でのシャンプー方法

自宅でのシャンプーは、市販の犬用シャンプーを使用してください。

人間のシャンプーは犬にとって成分が強すぎてしまいますので、皮膚に異常を起こしてしまいます。絶対に使用しないように注意して下さい。

犬もアレルギーがありますので、商品によっては犬に合わない場合がありますので、慎重に使って下さい。

シャンプーのコツは、全身を優しくマッサージするように洗う事です。ゴシゴシと擦ると嫌がったりして次からやらせてくれなくなってしまう事もあるのでとにかく優しく洗いましょう。

流すときのお湯も熱すぎたり冷たすぎないように、ぬるま湯で洗って下さい。

また、犬の目にお湯が入らないように注意が必要です。顔を洗うときは目を手で伏せて気をつけながら洗いましょう。シャンプーや石鹸の泡も目に入らないように注意です。

シャンプーは月にどれくらい行えば良いの?

大型犬でも小型犬でも、月に1度程度が目安と覚えておいて下さい。シャンプーのし過ぎも良くないのです。シャンプーのしなさすぎも清潔感が失われて皮膚に炎症を起こしたりします。

だいたい月に1回、シャンプーをしてキレイに仕上げて下さい。ついでにブラッシングも入念に行いましょう。

シャンプーした後の毛はぐちゃぐちゃですので、奥の方の毛が絡まったりして毛玉になる事でしょう。そのまま放置せずに、いつものブラッシングよりも時間をかけて丁寧にとかして下さい。

皮膚病を予防する為に

犬の皮膚病は一度かかってしまうと治りにくく、かかった犬も痒かったり痛かったりして可哀想です。

フケも出ますので、室内で飼われている場合はソファーや絨毯、フローリングなどが汚れてしまいます。

皮膚病の原因は様々ですが、予防する為にもシャンプーは定期的に行うようにして下さい。

シャンプーで犬の皮膚病の治療?【正しいシャンプーの仕方】

犬のシャンプーは、汚れを落とす目的だけでなく、皮膚が弱く皮膚病を繰り返してしまう犬の治療としても意味があり、家庭でも気軽にすることができます。犬の体を触るので、コミュニケーションにも、体の変化を感じることもできます。特に治療の目的ではなければ、シャンプーは月に1回程度の頻度で問題ないですが、治療目的であれば獣医師の指示のもと行いましょう。

シャンプー剤を選ぶ

シャンプーの種類は数多くありますが、大きく分けると動物病院で処方される薬用シャンプーとホームセンターなどで一般に市販されているシャンプーです。(ただ、市販の商品で『薬用シャンプー』と書いてあるものもありますが、動物病院で処方されている商品とは成分の濃度が大きく異なることが多く、皮膚病の治療には意味がないこともありますので、購入の際には動物病院で一度相談することをおすすめします。)

皮膚が体質として元々あまり強くない犬、夏になると痒み、赤味、フケが悪化する犬は、かかりつけの獣医師に相談し、ぴったりのシャンプー剤を提案していただくことをお勧めします。皮膚の弱い犬はシャンプー剤の選び方一つで、皮膚の状態が大きく変わることもあります。また、シャンプーの仕方によっても効果は全く異なってくるのでしっかり勉強していきましょう。

ブラッシングをする

シャンプーをするにあたって、まずしっかりとブラッシングをすることが大事です。ブラシをしないと、被毛の絡まりが取れていない状態で水に塗れるので、シャンプーをした際にさらに毛がもつれてしまいます。必ず必要な工程なのです。ブラシは市販されているラバーブラシがおすすめです。皮膚が荒れている患部は避けましょう。

水で十分に濡らす

お湯の温度はだいたい30度前後のぬるま湯が良いです。人間よりも犬の皮膚は薄いので、人間と同じような40度くらいの温度で濡らすと、体がすぐに熱くなってしまい、痒みや炎症の問題になってしまいます。ぬるま湯と感じる程度の温度でしっかりと濡らします。

犬の性格によってはお湯に濡れること、シャワー自体を嫌がることがあるので、やさしい水圧で、足、お尻の方から徐々に濡らすようにしてください。いきなり顔にお湯をかけると犬もびっくりしてしまいます。

しっかりと泡立てる

シャンプーの量は、500円玉硬貨1枚で、手の平2枚分くらいの面積が洗えるというのが目安です。しっかり泡立てて、皮脂などの汚れを落とすよう心がけましょう。薬用シャンプーで治療の目的でシャンプーをするときは、泡だてた状態で薬用成分が体にしみるように5-10分はそのままの状態で待つことが大事です。少し気を逸らしながら、待ちましょう。

しっかりと流す

今度はしっかりと流していきましょう。これもぬるま湯で足からしていきます。洗い残しがあると皮膚炎の原因にもなりますので、丁寧に行うことが大事です。

しっかりと乾燥させる

最後に乾燥です。まずは、体をぶるぶると震わせることによって水分を飛ばしてもらいます。耳に息をふっと吹き込むことでぶるぶると頭、体を震わせ、耳の中に入った水を出し、体についた水分も飛ばしてくれます。そして人間がするように、タオルドライしていきます。

最後にドライヤーで乾燥させますが、ドライヤーの音が苦手な犬もいるので、まずは小さい音で遠くから風をかけ、手を添えながら、犬がやけどをしないように細心の注意を払うことが大切です。もし飼い主さんがなれてきたら、ドライヤーで乾かしながらブラシをかけると乾燥も早くきれいに仕上がります。

皮膚がもともと弱くドライヤーの熱で痒みが増長してしまう犬は、夏であればタオルドライと涼しい風での乾燥でも良いと思われますので、獣医師に相談してみることをおすすめします。(乾燥肌の犬には保湿スプレーなども販売されています。)

このようにシャンプーがお家でも簡単にすることができるので本当におすすめです。皮膚病の治療でずっと薬を飲んでいる体質の犬もいます。でも、薬用シャンプーは汚れと一緒に細菌、カビなどを物理的に落とすだけでなく、それらを殺す働きもあるので、効果的であることは分かっていただけると思います。

小さい皮膚炎だけなのに薬を飲ませるのに抵抗がある方、外用薬はすぐ舐めて意味がないと肩を落としている方は、患部だけでも結構ですので、手軽にお家シャンプーしてみませんか。

愛犬の健康は毎日の歯磨きから【歯磨きの仕方】

愛犬家の間では、毎日の習慣として歯磨きをすることが常識になりつつあります。犬も人間と同じように食事をしているので、歯磨きをしないと歯垢がどんどん付いてしまうのは想像できるでしょう。

犬の寿命もどんどん伸びているので、以前と比較すると歯周病や口臭を気にされることも多いです。歯周病は放置すると心臓や腎臓に悪影響を及ぼすこともあります。歯も体もいつまでも元気でいてくれるよう、毎日のケアを行いましょう。

犬と人間の口の違い

犬は人間と違って、口の中がアルカリ性に偏っており、食べ物の残りかすがたった1日で歯垢に変化してしまいます。そして歯垢を放置すると、3‐5日かけて歯石に変化してしまいます。このスピードは人間の5倍の速さなので、人間以上に歯垢、歯石が付きやすい環境です。

歯磨きを始めるにあたって

歯磨きは歯ブラシを使って行うことも、ガーゼを指に巻きつけてマッサージのようにして行うこともできます。

歯磨きをしてあげるにはしっかりと口を押さえて一定時間我慢をしてもらわなくてはいけないので、子犬の頃から歯磨きの練習をすることがベストです。徐々に慣れさせていくにあたって、ガーゼを指に巻いてマッサージをすることから始めてみても良いかもしれません。

歯磨きの方法・歯ブラシの選び方

歯ブラシは犬用のものを購入することもできますが、人間の子供用のヘッドの小さい柔らかいものを購入しても構いません。人間と同様で歯周ポケットという歯の根元の部分に歯垢が溜まりやすいので、優しくマッサージをするように心掛けましょう。

そして、犬の口の奥歯までしっかりと磨くことが重要です。犬の歯は全部で42本あるので、口を開いて奥まで見てみないと磨くこともできないと思うので、飼い主さんも努力する必要があります。

オーラルケア用品

毎日歯磨きをすることができれば、必ず使用しなくてはいけないケア用品は特にありません。歯垢を付きにくくするスプレーや歯磨きペーストなども販売されていますので、併用される分には問題ないと思います。動物病院でも扱われているものも数種類あります。

歯石が目に見えて付いている場合は一度その歯石を除去してからでないと、いくら歯磨きをしても残念ながら何の意味もありません。せっかくこれから歯磨きをしようと思っているお気持ちがあるのであれば、動物病院で全身麻酔をしてきれいにするデンタル処置をしていただいた方が良いと思いますので、一度獣医師に相談してみましょう。

動物病院によっては歯磨き教室を行っているところもありますので、歯磨き習慣を始めるに際して一度参加してみるととっつきやすくなるかもしれません。

犬や猫の飼い主さん必見!!緊急時に役立つ『家にペットがいますカード』とは?

急病で倒れてしまったり、突然事故に巻き込まれてしまったり…普段通り生活していても避けられないことはあります。そんな緊急時に役立つのが『家にペットがいますカード』なんです!!

『家にペットがいますカード』ってなに??

一人暮らしでペットを飼っている飼い主さんは特に、自分の身に何か起こってしまうとペットのお世話をしてくれる人がいません。すぐに家に帰ることができればまだ安心できますが、飼い主さん自身が病気で倒れてしまったり、事故に巻き込まれて意識不明になってしまったら…?

Twitterで話題になった『家にペットがいますカード』はきなこ舎さんが作ったカードで、飼い主さんの緊急時にまわりの方にペットがいることを伝えるもの!

かかりつけの動物病院や、緊急連絡先はもちろん、ペットの写真や普段食べているフードについて記入するところがあります。このカードを見た方は飼い主さんの緊急連絡先に連絡をし、カードを渡せばペットのお世話をお願いできるという仕組みです!

名刺サイズに折りたたむことができるので、飼い主さんは必要事項を記入しお財布やパスケースなど普段身に着けているものに入れておけばいざという時の安心材料になります。

カードを見た方の反応は…

実際に作った方々も!!

シールやスタンプなどでデコレーションするのも可愛いです!!そんな『家にペットがいますカード』はきなこ舎さんのHPから無料でダウンロード可能!ぜひ大切な家族のためにカードを作って身に着けておいてはいかがでしょうか??

家にペットがいますカード
※きなこ舎さんのHPではダウンロードは可能ですが、作成の依頼はできません。ご自身で印刷をし、カードの作成をお願いいたします。