猫の種類(犬種)

ベテラン女優猫「あなご」がすごい!

猫ブームと言われる昨今、テレビで猫を見かける機会も多いですね。今回ご紹介したいのが、そんな猫の中でも真っ白な毛と愛らしい顔で人気の、猫役者の代表「あなご」ちゃんです。ドラマ「猫侍」で一躍有名になったあなごちゃん、実はもともとはごく普通の猫ちゃんだったんです。そんなあなごちゃんの魅力をご紹介しましょう。

あなごの基本情報

ベテラン女優あなご

あなごは、1998年7月5日生まれのメスの白猫です。なんと、すでに18歳!人間に換算するともう90歳を超えているおばあちゃん猫なんですよ(猫の平均寿命は現在15~16歳です)。きれいな白毛と丸い童顔のおかげで全く年齢を感じさせませんね。2017年1月放送開始のドラマ「猫忍」にも友情出演している、まだまだ現役のベテラン女優猫なんです。

あなごの生い立ち

実は、あなごは10年前まではごく普通の家庭で飼われていた、普通の猫だったんです。しかし、10年前に飼い主さんの事情で飼えなくなってしまい、タレント事務所に預けられたことが人生(猫生?)の転機になったのです。かなり遅咲きの女優さんですね。

さらに、あなごは子持ちの人妻なんですよ。旦那の「たらお」と息子の「いくら」の3頭でタレント事務所に預けられたんだそうです。映画「ねこタクシー」ではいくらとあなごの親子共演も実現しているんですよ。

あなごとたらおが結婚していて、その子供がいくら・・・複雑な関係ですね(笑)。

あなごの出演作品

あなごの代表作「猫侍」シリーズ

あなごの代表作はなんといっても「猫侍」です。主演の北村一輝さんの飼い猫「玉之丞」役として、北村さんと息の合った演技を見せています。猫侍は「猫侍」「猫侍Season2」という連続ドラマと、映画「猫侍 南の島へ行く」、スペシャルドラマ「猫侍 玉之丞 江戸へ行く」も放送された、非常に人気のシリーズです。

ただ、もう18歳となると連続ドラマは負担が大きくて難しいかもしれませんね。たまに元気な姿は見たいですが、ゆっくり余生を過ごしてほしいです。

その他のあなご出演作

人気女優のあなごは他にもたくさんの作品やCM、バラエティにも出ています。あなごが出た主なテレビ番組は以下の通りです。

NHK大河ドラマ「平清盛」
笑っていいとも
SMAP×SMAP
アフラックCM「まねきねこダック」
ソフィCM「はだおもい」

普通、観客が多いバラエティの場に出るのはとてもストレスになるのですが、さすが大女優あなご、堂々とバラエティの仕事もこなしています。

他のタレント猫・役者猫もチェックしてみよう

「Y!モバイル」の「ふてにゃん」で有名な「竜馬」や「猫なんかよんでもこない」の「チン」役の「のりこ」などたくさんの役者猫がいます。あなご以外にも、気になった猫ちゃんたちの情報もチェックしてみましょう。意外な発見があるかもしれませんよ!

働く猫に胸キュン!

かつてはネズミを捕る目的で飼われることも多かった猫ですが、現在の日本では一般家庭にネズミが出ることも稀になり、猫は可愛がる対象として飼われることが増えてきました。けれど世界を見渡すと、ネズミ捕り目的の猫はまだまだたくさんいます。そしてただネズミを捕るだけでなく、それを正規の「お仕事」にしてしまっている猫、そしてその職場によっては有名人(有名猫)になった猫もいるんですよ! 今回はそんな世界の猫のお仕事事情を探ってみましょう。

イギリスの「公務員猫」ラリー

世界の働く猫といえば、有名なのは何といってもイギリスの首相官邸に努める「公務員猫」のラリーくんです。なんとその肩書は「首相官邸ネズミ捕獲長」。首相官邸があるダウニング街では昔からネズミが多く、その対策として16世紀から猫を「雇う」習慣があるのです。なお猫は公務員なので、首相の任期とは無関係。首相が交代しても猫は引き続き勤務を続けます。公務員なので当然お給料も支払われ、現在のお給料は年収100ポンド。2016年9月半ばのレートが1ポンド約130円なので、年収13,000円にもなります。
さらにイギリスで注目すべきは、首相官邸のラリーだでなく、外務および英連邦省にもネズミ捕獲長が存在するのです。外務および英連邦省に努める猫の名はパーマストン。ところが2匹はあまり仲良しではなく、火花を散らす様子が撮影されて話題になりました。
参考 Twitter

他には財務省でも、野良から大出世した黒猫のグラッドストンがネズミ捕獲長として就任。イギリスでは猫と官庁は切っても切り離せない関係のようです。

世界ではメジャー!図書館猫

首相官邸や外務省に努めるキャリア猫もいれば、もっと庶民的な職場に勤める猫もいます。庶民派ワークの代表選手は、図書館に勤める猫。アメリカやヨーロッパの図書館ではよくネズミが出没します。ネズミから大切な蔵書を守るために西洋の図書館には「図書館猫」がいることが多いのです。
有名なのはアメリカ、アイオワ州のスペンサー公立図書館で働くデューイ。2006年に病気になりその生涯を終えていますが、「図書館ねこデューイ」という書籍が日本でも出版されていますので、知っている人も多いかもしれません。
またアメリカでは図書館猫をめぐって市議会で議論が繰り広げられる事件も起きました。
2016年6月、テキサス州ホワイト・セトルメントの図書館で6年間働いているブラウザーに対し、ある市議会議員が「犬は図書館に入ることができないのに猫が図書館にいるのは不公平だ」として立ち退きを求めたのです。それを知った周辺の住民やインターネットユーザーから「可哀想だ」という多数のメッセージが届き、7月に行われた市議会の投票で「残留」が決定。ブラウザーは生涯図書館に居られることが決定しました。
Browserを救え!:退去を命じられた米国ホワイトセトルメント公共図書館のネコBrowserの残留を願う署名集まる(記事紹介) | カレントアウェアネス・ポータル

働く猫に癒される

官公庁で働く猫や図書館で働く猫は有名ですが、この他にも西洋では市場でネズミ捕りのための猫が多数活躍しています。日本では和歌山電鐵の貴志駅で駅長を務めた「たま駅長」が有名でしたね。
猫はネズミを捕る優秀なハンターでもあり、私たちを癒してくれる素晴らしい存在。日本でももっともっと、いろいろな場所で猫を「雇用」してくれると猫好きとしては「猫の勤務先」を訪れる楽しみが増します。
どちらかネズミが出てお困りのところ、ありませんか? 優秀なスタッフをご紹介しますよ。

ベンガルってどんな猫?徹底解説!

野性味あふれる姿が特徴のベンガル。純血種としての歴史はまだ浅いですが、その特徴的な毛並みで一気に人気猫種として注目を浴びるようになりました。

ベンガルはベンガルヤマネコとイエネコとの交配で生まれた品種です。1960年代にジーン・サグデンという女性が最初にこの交配を試みています。

その後カリフォルニア大学で研究のために再びこの交配が行われ、ここで生まれた猫たちはジーンさんに譲られました。

彼女は1983年にこれらの猫をベンガルと言う名前で登録団体に申請、1985年にはキャットショーでセンセーショナルなデビューを果たすのです。

ベンガルの体の特徴

引きしまった筋肉質の体を持ち、非常に優れた運動能力を持つ猫種です。特に高いところにジャンプする時の跳躍力にはすばらしいものがあります。

特徴的な毛並みである豹柄のような模様はロゼットと呼ばれ、異なるカラーや色調を持つスポットのことを言いますが、イエネコでこのロゼットを持っているのはベンガルだけ、とても貴重なものですね。

ベンガルの性格の特徴

名前の持つイメージや見た目の野性的な雰囲気からは想像できないような人懐こさと陽気な性質を持っています。おもちゃで遊ぶのも大好きで飼い主さんが積極的に遊んであげるととても喜びます。

ベンガルは猫としては珍しく水遊びが好きな子が多いのも特徴でしょう。

ベンガルの飼い方、注意点は?

ベンガルは純血種にありがちな固有の病気などもなく、性格も温和で社交的なため猫を飼うのが初めての人でも飼いやすい品種です。

人懐こく甘えん坊なのでいつも誰かがそばにいてくれるような環境が望ましく、にぎやかなファミリー向けの猫と言えるでしょう。

活発で運動を好むため、十分に運動できるだけの広さがある家で過ごすのが理想です。高いところに登るのも大好きなので、キャットタワーやキャットウォークを設置してあげるとよいですよ。

独特の毛並みを美しく保つためには高タンパク、高脂肪のキャットフードを。短毛種なので特別なお手入れは必要ありません。1日1回の軽いブラッシングで十分ですよ。

ベンガルはまだ珍しい猫、飼っている人も少なく、猫好きな人にとってはあこがれの猫種とも言えます。

以前はかなり高価な猫でしたが、ここ最近は国内でもブリーダーが増えだいぶお求めやすい価格になってきたようです。

日本にはなぜ『短いしっぽの猫』が多いのか!?ボブテイルの謎に迫る(´エ`)ノ

長いものや短いもの、曲がっていたりもする猫のしっぽ。じつは日本にはしっぽの短いネコが多いんです!!海外の人たちの間でも『日本猫』といえば三毛・短いしっぽというイメージだそう…

■なぜ短いしっぽが多いのか?

日本では昔から「しっぽの長い猫は長生きすると猫又になる」という迷信がありました。昔の人々はそれを信じ、しっぽの短い猫を保護して生活を共にしてきたと言われています。そのため短いしっぽの猫が増えたのではないか?という説が有力だそう。

また、しっぽの曲がっている『カギしっぽ』は「幸運をひっかける」として縁起がよかったので、同じく保護されていたそうです。

そんな短いしっぽは遺伝的には『劣性遺伝』なので、両親ともに短いしっぽの猫からしか生まれません。実は貴重な存在だったのです!!

みーこちゃんのおしり。 たまらん(๑¯◡¯๑) #ねこ部 #catstagram #ねこ#ボブテイル

a* nさん(@anyaaknao)が投稿した写真 –

短いしっぽとおしりがたまりません(*´`*)♪

■短いしっぽ=ボブテイル

ぽんぽんのように丸くて短いしっぽのことを『ボブテイル』と呼びます。日本猫をルーツとする『ジャパニーズ・ボブテイル』という種類の猫もいるのです!!他にも、アメリカン・ボブテイルやクリルアイランド・ボブテイルという短いしっぽが特徴の猫も…

今では猫又になって喋ってくれたらいいのに…なんてネコ好きさんもいるほどなので、しっぽの長さに関係なくかわいがられているネコさんたち(*´`*)愛らしくて魅力的なボブテイルの猫さんをご紹介します♪

手もかわいいし、しっぽもかわいい

@suzu_ponが投稿した写真

三毛でボブテイル!!

today’s komachi #猫 #ボブテイル #japanesebobtail #cat #三毛猫 #calico

@komachi_and_sadaharuが投稿した写真 –

キジトラボブテイル♪

オッドアイでボブテイル!!

肉球もかわいい…♡

しっぽで感情表現をするネコさんたち。ボブテイルの子たちは尻尾の動きがわかりづらいのですが、時間をかけて分かり合えるようになったら幸せも倍増するかもしれません(*´`*)

謎多き三毛猫!三毛ネコの真相に迫る!

小説になるほど他の猫とはひと味違う三毛猫ですが、三毛猫に関する言い伝えや話しは昔からいくつもあり、都市伝説化されてしまった話もあるほどです。

最近では洋猫の勢いに押され、三毛猫のような猫を見かける機会は減ってしまいましたが、それでも三毛猫は今でも重宝されている猫です。

今回は知れば知るほど奥が深い三毛猫について、たっぷりその魅力をご紹介しましょう。

そもそも三毛猫ってどんな猫

ペットショップなどでみる猫には色々な毛の猫がいますが、野良猫として私たちに馴染んでいる日本の猫には基本として黒と明るい茶色、白い猫がほとんどだと言われています。

三毛猫は3色の毛を持つ猫のことで、一般的には黒、茶色、白の3色をバランスよく持った猫が三毛猫だと言われています。

3色の毛を持つ猫の中でも白地毛に赤や黒の毛が小さく何カ所かにある白が圧倒的に多い猫をトビ三毛と言い、白地毛に赤トラやサバのような縞模様のある猫をシマ三毛またはキジ三毛と言います。

また白地毛に赤、銀色(青)のブチや縞模様、ブチが小さくいくつもがある猫を銀三毛もしくは青三毛と言います。

三毛猫はメスしかいないというのは本当か

昔からよく言われているのは三毛猫にオスはいないという話です。もちろん、オスの三毛猫もいますが三毛猫のオスは非常に数が少なく、幸運を招くと古くから信じられていて航海安全の守り神として重宝されていたこともあるほどです。

1960年代に入り遺伝子学的に三毛猫のオスが少ないということが解明されました。それによると三毛猫のオスが生まれる確率は3万匹に1匹以下といわれていて、遺伝子学的にもほぼメスしか生まれてこないことが分かっています。三毛猫の毛の遺伝子がメスの染色体の上にしか現れないからというのが理由ですが、いかにオスが貴重かということがよく分かります。

三毛猫の人気

三毛猫は日本では小説や昔話にも登場するくらいに身近な猫ですが、実は海外では珍しい猫とされていて、トーティー&ホワイトと呼ばれたり、キャリコなどと呼ばれたりしています。

そしてその人気も日本好きな外国人を中心に沸々と火が付き始め、mikenekoとして表記されることもあるくらいです。

未だ謎多き三毛猫ですが、洋猫人気で店頭でも洋猫を中心に販売などがされる中、三毛猫は日本らしい猫として、また独特な色彩を持つ猫として日本でも人気の絶えない猫です。

遺伝的になりやすい病気を知っておこう!猫種によってなりやすい病気とは?

純血種の猫には、その猫によってなりやすい病気があると言われています。猫の病気を事前に知っておくことで、様々な症状に早く気づくこともできるようになり、早期治療が可能になります。

たくさんある猫の病気の中でも、遺伝的になりやすい病気をいくつかご紹介します。この機会に、愛猫がなりやすい病気を改めて調べてみてはいかがでしょうか?

心臓の病気になりやすい猫

心臓の病気にかかると、運動する時間が減ったり、すぐ息切れをして疲れやすくなる、また呼吸自体が口呼吸で苦しそうになるなど、様々な変化が起こります。

心臓の機能が落ちる「肥大型心筋症」という病気には、ペルシャ系の猫や長毛種の猫がなりやすいと言われています。もちろん、個体差がありますので、その他の猫種でも、この病気を発症することはあります。

肥大型心筋症は体全体へ送る血液が減ってしまうため、血栓ができ、それが詰ってしまうこともあり、命への危険性が高い病気です。

しかし、早期に発見することで、進行を遅らせることができる病気です。特に愛猫が高齢になった時は、定期的に健康診断に行き、心臓の状態も見てもらうように心がけるとよいでしょう。

甲状腺の病気や泌尿器系の病気になりやすい猫

猫の中でも、甲状腺機能低下症になりやすいのがアビシニアンと言われています。気づきやすい症状として、脱毛や皮膚炎を起こしている時です。また、体温が下がっていたり、もともと遊び好きなアビシニアンがあまり動かなくなったなどがあります。

血液検査などによって、ホルモンの状態を調べることが必要になり、治療も獣医さんと相談し様子を見ながら行うことになります。

泌尿器系の病気になりやすい猫といえば、ロシアンブルーも遺伝的になりやすいと言われています。特に尿路結石は、痛みも強いので、そのまま元気がなくうずくまってしまったり、血尿が出る場合もあります。

日頃からトイレの回数や色、量をチェックすることを忘れないようにしましょう。

骨格や関節の病気になりやすい猫

先天的に骨格に関する病気になりやすい猫もいます。スコティッシュフォールドは、骨軟骨形成不全症と言う病気になりやすいと言われています。

これは成長期に起こる病気で、生後4ヶ月頃から骨の変形によって痛みを感じます。進行が止まっても痛みが続く猫もおり、治療も様子を見ながら行うようになります。

マンチカンに多い骨格・関節の病気としては股関節形成不全があります。この病気も痛みがあり、歩くことを嫌がったり、歩き方がおかしくなることもあります。また、マンチカンは椎間板ヘルニアになることも多く、関節性の病気には注意が必要です。

日頃から運動と食事管理、特に成長期には注意が必要になってきます。場合によっては、重度の歩行障害などを起こすこともあるので、日頃からの観察が大切なのです。

定期的な健康診断や日頃のチェックが大切

猫によって個体差もある為、なりやすい病気は様々ですが、遺伝子の仕組みによって注意が必要な病気も最近ではわかるようになってきました。

病気の兆候というものは、健康診断や血液検査などでわかるものです。また、普段と何か様子がおかしいと感じたら、獣医師に相談するなどして病気の早期発見につとめるようにしましょう。

ネコの色柄の不思議!!『靴下ネコ』はなぜみんな白靴下なのか…(*´д`)?

キジトラやサバトラ、白黒に三毛、茶トラなど様々な色柄・模様がある猫さん。靴下を履いているように手足の先だけ白い猫さんもいます♪『靴下猫』や『ソックス猫』と呼ばれる猫さんたちはみんな白い靴下を履いています。なんでみんななのか気になりませんか??

猫の色柄の不思議

猫の毛色や柄は遺伝によって様々な出方をします。似ていても少し模様が違ったり、色の濃さが違ったりと無限大!!さらに不思議なのが、猫のクローンは元の猫と同じ色柄にはならないそうです!!母ネコの胎内での環境なども色柄に影響しているのではないかと言われていますが、実際は分からない部分が大きいそうです…なんだか神秘的ですね(*´`*)

【うちの猫のキモチがわかる本】という本には、『猫の色は上からソースを垂らすようについていく』と紹介されていました。その垂れ具合いで柄が決まるということです!!

こちらの可愛い白黒ネコさんは、黒色がたらーっと垂れて肩あたりで止まり、ピッと飛んだソースが鼻についたようなイメージです。ソースがまんべんなく行き渡ると全体に柄が出たり、単色の毛色になったり…まだまだわからない部分が多いネコの色柄。不思議です…(*´ェ`*)

上から垂れるということは…

背中には色柄が出やすく、お腹には出にくということ!!
だから、お腹だけ黒くて他は白い猫は存在しないのです!!
へそ天のネコさんを見てみると…

Alainさん(@alain_cat)が投稿した写真

@chimamamamakiが投稿した写真

真っ白な子もいれば、飛び飛びに柄があったり、全体に柄があってもおなか側はちょっと薄かったりします!!しかし、色柄の発生メカニズムは詳しく解明されておらず、まだまだ不思議だらけ!!色のソースが途中でなくなって手足の先が白いままになったというのが一番有力な説だということです…

なにはともあれ、可愛い靴下柄のネコさんをご紹介しておきます(*´`*)!!

両手足に靴下(*´∀`*)

短めの靴下♪

Fujiさん(@bl0ck1)が投稿した写真

ハイソックス。

ごんたさん(@gonta_black)が投稿した写真

キレイに靴下!!

cafelamintさん(@cafelamint)が投稿した写真

可愛い靴下♡

靴下猫は幸運を呼ぶという迷信もあるそう!!見ているだけで幸せになるので、間違っていないかもしれません(*´`*)♪

野良猫ちゃんの身体能力がスゴイ!

木登りをしたり高い場所へジャンプしたり、ジャンプした場所から飛び下りたりと猫の身体能力がとても高いことは誰もが知っています。特に飼い猫よりも常に野外で自由に動き回っている野良猫のほうが野性味あふれる動きを見せてくれます。もともとはライオンやヒョウの仲間である猫。

狩りをして獲物を捕る本能のままの動きは私たちの目をくぎ付けにします。特に猫のジャンプ力には目を見張るものがありますよね。自分の身体の高さよりも、ずっと高い場所までいとも簡単に飛び上がることができる能力には驚きます。

野良猫のジャンプ力に惚れ惚れ


こちらは野良猫の子猫がトンボを捕まえる動画です。自分の身体の大きさよりもずいぶん高いところまで飛び、しかも空中でくるりと回転して見事に着地しています。
猫のジャンプ力は1メートル~最大2メートル近くにもなります。猫の体高は、種類にもよりますが約25cm。自分の身体の5倍程度は軽く飛ぶことができるのです。

この猫のジャンプ力の秘密は後ろ足にあります。猫は後ろ足の筋肉が前足に比べて非常に発達していて、太い筋肉がついています。そして背筋も強くジャンプ向きの体型です。さらに野良猫ちゃんはそのシビアな生活環境もあって総じてスリム。軽い身体と鍛えられた筋肉でより一層高く飛び上がることができるのです。

猫のジャンプを動画で見てみよう

こちらの動画は多数の猫がじゃれあっていたり、けんかをしたときのジャンプのまとめです。助走もなく急にかなりの高さまで飛び上がるその身体能力には惚れ惚れてしてしいますね。飛び上がった瞬間に両手を広げ、いつでも「かかってこい!」と野性味があふれています。

https://vine.co/v/OdXBJxBuQ5h

こちらは猫のファミリーである虎のジャンプ力です。そもそもとても身体が大きい猛獣の虎。ジャンプした瞬間の迫力には息を飲みます。

こちらは飼い猫ですが、自分で開いたドアの細い縁に飛び上がり、そこを足場にして第二段のジャンプを見せてくれます。人間なら足を滑らせそうな狭い場所でも、猫は上手に目標を定めて足場にすることが可能です。

お腹を見せて寝る姿、甘えてすり寄る姿、丁寧に毛づくろいをする姿……どんな猫の姿も魅力的ですが、狩りをする姿や飛び上がる姿の凛々しさには思わずため息が漏れてしまいます。
猫の素晴らしい身体能力、特にジャンプ力は発達した後ろ足の筋肉のたまものです。もともとライオンのファミリーであり、狩りをする本能が備わっている猫の身体能力はとても高く、スリムな体型の個体が多い野良猫は野性味あふれる見事なジャンプを見せてくれます。道で野良猫を見かけたら、タイミングよくジャンプする姿が見られないかどうか、観察してしまいそうです。

サイベリアンってどんな猫?特徴や性格・飼うときの注意点を徹底解説!

サイベリアンは日本ではまだなじみの薄い猫種ですが「どこかで聞いたような気がする…?」そう思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

サイベリアンは2013年に、ロシアのプーチン大統領が秋田県知事に贈呈した猫。このことで日本でもサイベリアンという猫種の人気が広がり始めています。

サイベリアンを英語で書くとSiberian、ロシア北方の地、シベリアの猫という意味になります。シベリアだけではなくロシア北部の広い範囲に土着していた猫が由来ですが、その起源など詳しいことはわかっていません。

サイベリアンは、ロシアの広大な大地で農場や教会でネズミをとったりする猫として住民と共存してきました。

サイベリアンの体の特徴

ロシアの厳しい自然環境に順応したサイベリアン、その特徴のひとつが美しい毛並みです。

密生したゴージャスな被毛はしっぽまで豊かに大きく、あご下から胸まわりのライオンのたてがみのような毛も魅力的。

体型も他の猫種と比べると大柄、5kg~10kgを超えて大きく育つこともあるようです。全体的にメインクーンやノルウェイジャンフォレストキャットに似ているようですが、サイベリアンの違いはその体型にあります。

顔も体も全体的に丸みを帯び、たくましさに勝るメインクーンなどと比べるとふっくら柔らかい印象の持ち主です。

その親しみやすく愛らしい体型とゴージャスな毛並み、サイベリアンはまさに「モフモフするための猫」と言えるでしょう。

また、猫アレルギーの原因となるタンパク質を作る量が少ないため、猫アレルギーを起こしにくい猫とも言われているようです。

サイベリアンの性格の特徴

サイベリアンは、温和でフレンドリー、甘えん坊が多い猫種でその性格は「まるで犬のような猫」とも言われています。

人と遊ぶのが大好きなので、おもちゃを使って積極的に遊んであげるととても喜びます。
頭もよく飼い主に従順で非常に飼いやすい性格と言えるでしょう。

猫のツンデレなところがちょっと苦手な人でも、サイベリアンなら満足できるのではないでしょうか?

サイベリアンの飼い方、ちょっとした注意点

人が好きで初対面の相手にも物おじせず近づくサイベリアンですが、他の猫とのコミュニケーションがやや苦手、というタイプが多いようです。

多頭飼いにはちょっと注意が必要かもしれませんね。

また、長毛種で被毛がとても密生しているため、毎日のブラッシングなどていねいなお手入れが必要になるでしょう。

まだ猫種としては新しいサイベリアン、ペットショップなどで見かけることもあまりないと思いますが、その優しい性格は猫が初めての人でもとても飼いやすいのではないでしょうか?

冒頭でご紹介した秋田県知事に送られたサイベリアン「ミール君」も、飼い主ご夫妻に可愛がられ元気に過ごしているようですよ。