きゅうりでビタミンCが破壊?ハムスターにあげない方が良いの?

一見、何も問題のなさそうなきゅうり。何気なくハムスターにも与えたくなります。でも、きゅうりはハムスターにとっては、あまり良い食餌ではなさそう。ここではきゅうりをハムスターに与える問題点や、注意する点について見ていきましょう。

メリットよりもデメリットが多い

きゅうりはその95%以上が水分です。そのため、少し食べさせ過ぎると下痢をしてしまう可能性があります。まったく水を飲まないというハムスターにどうしても水分補給をさせたい、という場合をのぞけばあまり健康に役立つ野菜とはいえません。良く聞かれる説には、きゅうりに含まれるアスコルビン酸酸化酵素が、他の食材のビタミンCを破壊するというものがあります。しかし、これに関しては最近の研究で、ビタミンCを変異されるものの、体内で再びビタミンCとして吸収されるため影響がないことが解明されています。ハムスターについては健康被害というよりも、水分量が多く栄養価に乏しいという点の方がきゅうりの評価を下げるポイントとなっています。

きゅうりには水分以外に何が含まれているの?

ハムスターにとってのきゅうりは、あまり役立つ成分がなさそうですが、きゅうりには何が含まれているのでしょうか。

  • ビタミンC
  • カリウム
  • カルシウム
  • マグネシウム

きゅうりにはわずかなビタミン類とミネラルが含まれています。ギネス認定では、もっとも栄養価の低い野菜として記録されています。夏場に旬を迎えるきゅうりのもっとも強力な効能としては、身体を冷やす作用です。人間にとっては、夏場の食欲を支える薬味やサラダの具材として効果があります。口当たりの良さや、他の食材と調和した美味しさには捨てがたいものがあります。栄養的には、ハムスターにきゅうりを食べさせなければならない大きな理由は何もありません。

きゅうりをハムスターに食べさせるときには?

夏でもあまり水を飲まないハムスターであれば、きゅうりをひとかけらおやつにしても良いでしょう。その際、軟便になっていないかを確認しておきます。きゅうりは食事としては、ほとんど意味がありません。主食の邪魔にならないことが前提です。食べ合わせに関しては、先に挙げたようにビタミンCの破壊は気にしなくても良さそうです。水分量の多い野菜や果物と一緒に与えるのは、下痢を起こしやすくなりますので避けてください。ハムスターにとって、下痢といえども命取りとなる恐れもあります。体調が悪いときには、小動物用のヒーターなどで下から温めてあげましょう。水分の多いきゅうりは悪くなりやすいので、必ずその場で手から与えるだけにし、放置しないようにしてください。

きゅうりは食べさせなくて良い

雑食性のハムスターにとって、さまざまな味を食べてみるのは悪い事ではありません。しかし、きゅうりはそのほとんどが水分で、ハムスターの身体づくりに役立つ養分が不足しています。水を飲まないなどの特別な理由がない限り、与える必要はなさそうです。