賛否両論ハムスターはいちごを食べても大丈夫?注意点は?

ハムスターがいちごを抱えている図は、ビジュアル的にとても可愛らしいものです。でも、ハムスターにいちごを食べさせても大丈夫なのでしょうか。いちごが属しているバラ科の植物は、未成熟期のタネに毒性があると言われています。いちごの粒々はすべてタネ。ちょっと心配になってしまいます。さっそくハムスターといちごについて見ていきましょう。

赤く熟れていればあまり心配はいらない

バラ科植物のタネに関しての毒性も、赤く熟れたいちごを食べさせる分には、あまり気にする必要はないといわれています。ただ、ハムスターにとって果物は水分が多く、下痢をしてしまう可能性があります。結論としては、十分成熟したものを少量であれば、神経質に考えなくても良いということです。ただしハムスターにとっていちごは、おやつでしかありません。また、果実部分よりもヘタ部分を好むハムスターもいます。タネの毒性が気になるからといって、いちいち取り除いてあげるくらいであれば、与える必要はないでしょう。いちごの甘味が気に入ってしまい、ペレットなどの主食を食べなくなっては本末転倒となります。

いちごには栄養はあるの?

美肌の果実として女性が大好きないちごですが、ハムスターにも良い栄養分は含まれています。

  • ポリフェノール
  • ビタミンC
  • キシリトール
  • カルシウム
  • カリウム
  • 葉酸

いちごのビタミンCの多さは良く知られていますが、ポリフェノールにも恵まれています。そのため非常に抗酸化作用が高く、毛細血管や肌細胞にも働きかけるため、美肌果物といわれています。抵抗力も向上し、感染症対策にもなります。また、ガムの成分でおなじみのキシリトールも含まれており、虫歯予防の働きもあります。ハムスターにとってもこれらの成分や、血液の合成にかかせない葉酸などは有益な栄養素といえるでしょう。

ハムスターにいちごを与えるときは

ハムスターにいちごを食べさせる際には、次のようなことに注意しましょう。

  • 与える量としては1/4個程度
  • よく熟れたもの
  • 体調を管理する
  • 連食させない

いちごは水分量が多いので、与え過ぎると下痢の原因となります。身体の小さなハムスターにとっては、いちご1粒は多すぎます。良く熟れたものを清潔なナイフでカットして与えてください。いちごは悪くなりやすいので、食べ残しはすぐに取り除きましょう。旬の季節だからといって、連食はさせないように。いちごの糖分に慣れると、ペレットや野菜を食べなくなります。タネを取り除くまでは必要ありませんが、タネや実が青いものは与えないようにしてください。

少しだけ、を守る

ハムスターは、ペレットを主食としていれば栄養的には万全といわれています。果物は水分補給や、雑食性であるハムスターのおやつとしての位置づけです。ハムスターの体調を見ながら、適量を心がけるようにしてください。