ハムスターに最適なブロッコリー 食べさせるときの注意点は?

青々としたブロッコリーは、ハムスターの健康生活に役立てたい野菜のひとつ。気になる成分もありますが、連日大量に食べさせなければ問題となることもなさそうです。ここでは、ハムスターにブロッコリーを食べさせる効果や、与える際の注意点について見ていきましょう。

ハムスターも大好きなブロッコリー

比較的、安定して手に入りやすいブロッコリーを、ハムスターに与える飼い主さんは多いようです。ブロッコリーの成分で取り上げられるのが、ゴイトロゲンという物質。キャベツなど、アブラナ科の仲間に含まれる甲状腺腫誘発物質です。ただ、危険性は低く、毎日大量にブロッコリーのみ食べさせ続けなければ、神経質になることはありません。ブロッコリーは栄養価が高く、すぐれた食材です。ハムスターにも是非食べさせたい野菜。また、生でも加熱しても与えられるので、残留農薬が気になる場合や、高齢のハムスターにはゆでても良いでしょう。獣医さんも推奨野菜に、ブロッコリーを挙げることが多いようです。

ブロッコリーの栄養って?

茎や葉も活用できるブロッコリーは、栄養に満ちた野菜です。ブロッコリーの主な栄養素には、次のようなものがあります。

  • βカロテン
  • ビタミンB1・B2
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • カルシウム
  • カリウム
  • 葉酸

カロテンやビタミンCは非常に抗酸化作用が高く、体内の活性酸素を除去します。血液や細胞の若返りに効果があり、抵抗力を高めます。豊富なカリウムは血圧を正常化し、むくみを取り、余分な塩分を排出します。ハムスターには量こそあまり与えられませんが、ブロッコリーのもつ栄養素は、健康的な食生活の主要メンバーとして十分期待ができそうです。

食べさせ過ぎには注意

ブロッコリーはハムスターにとって好ましい野菜のひとつですが、与える量には注意が必要です。どんな野菜でも、食べ過ぎはその水分量の多さから下痢を起こす可能性があります。またハムスターにとっては、ブロッコリーもカロリーが高い野菜。肥満体にならないよう、気をつけてあげなくてはなりません。ブロッコリーのぷつぷつした蕾部分は、農薬が滞留しやすいため、外国産の場合は与えない方が良いかもしれません。与える場合には、十分に水洗いをし、キッチンペーパーなどで水滴を取り除きます。葉の部分も与えられますが、カルシウムが多いので結石予防のため量は控えめにしてください。固い茎も丈夫なハムスターは食べてくれますが、老年の場合はゆでて柔らかくしてあげた方が良いでしょう。

ブロッコリーを楽しい食生活に

ハムスターの健康的な食生活は、ペレットを主体にし、数種類の野菜を変えながら与えるのが理想的です。ブロッコリーはローテーションに入れても良いほど優れた野菜ですが、量には注意する必要があります。どの野菜もバランス良く、体調を観察しながら食べさせるようにしてくださいね。