うさぎに梨は良い果物?でも食べ過ぎには注意

草を主食としてきたうさぎは、野菜を主体とした食事が基本です。果物はうさぎも好みますが、必ずしも必要な食べ物ではありません。しかし、最近の研究から、梨に含まれる成分がうさぎの骨に良い影響を与えるという説もあります。うさぎに梨を食べさせることについてのメリットや、与えるときに気をつけたいポイントについて見ていきましょう。

うさぎは梨を食べたい?

うさぎは一般的に果物が大好きです。みずみずしく甘い梨も与えれば、食べるうさぎがほとんどでしょう。ただし梨は水分が多いため、食べ過ぎると下痢をしてしまう個体もいます。また、果物には果糖が含まれているため、毎日与えていると肥満や虫歯の原因となります。与える場合は、旬の良く熟したものを少量とします。糞が固い場合や、水分量が足りないといううさぎには、効果があります。うさぎにとってそれほど梨の成分に問題はありませんが、どうしても必要というものではありません。特別なおやつとして位置づけ、癖にならない程度にしておきます。果物ばかり食べさせていると、栄養が偏り、他の野菜を食べなくなることもあります。

梨はうさぎに良い果物?

90%以上が水分の梨ですが、意外な健康効果があります。

  • 解熱作用
  • 塩分の排出
  • 豊富な食物繊維
  • 便秘の改善

うさぎは体温の高い動物ですが、それは草類を食べることで身体が冷えるのを補うためだと言われています。現在、ペットして飼われているうさぎでペレット中心の食生活を送っている場合には、身体を冷やす食べ物を摂る必要があります。梨に含まれるアルブチンやカテキンは、こうしたうさぎの体内環境を整える役割が期待できます。また、カリウムやアスパラギン酸は余分なナトリウムを排出し、腎臓の働きを助けます。梨の糖分であるソルビトールには、便を柔らかくし、腸のぜんどう運動を促すため消化力をサポートします。

うさぎに梨を与えるときには

うさぎの健康に役立つ成分にも恵まれた梨ですが、前述にもあるようにうさぎに必須の食べ物ではありません。効果的に利用することで、補助的に役立てることができます。うさぎは果物を好むので、与えられればそれだけ食べてしまいます。梨の水分と成分は適量であれば胃腸の働きを整えますが、多すぎると下痢をします。うさぎにとっての適量の10gとは、人間から見ればほんのひとかけらです。しかし、うさぎの身体や1日の食事の量からは、十分なのです。旬の時期に特別なおやつとして、少量を与える。毎日はあげない。など与える際には、ルールが必要です。うさぎの食事の全体量から管理を行い、与え過ぎには注意しましょう。

梨の食感を楽しませて

梨の独特の歯触りは、うさぎにとっても心地良いようです。喜ぶからといって、与え過ぎは禁物。糞の状況などを確認しながら、楽しいおやつとして利用しましょう。うさぎは人間と違います。梨の糖分や水分についての知識をもち、健康管理のひとつとして食べさせてください。