ハムスターはオクラを食べても大丈夫?注意する点とは

刻むと粘りが出るオクラは健康に良いことで知られていますが、ハムスターに食べさせて良いか迷う野菜ですね。成分的には、ハムスターの害になるようなものは含まれていません。ハムスターにオクラを食べさせることで、何か気になるようなことがあるのでしょうか。さっそく見ていきましょう。

ネバネバ成分が気になる?

オクラのネバネバした部分は、意外にも水溶性の食物繊維です。ガラクタン、アラバン、ペクチンからできており、整腸作用、抗がん効果があるといわれています。ハムスターに食べさせる際にも気になるのがこの点ですね。オクラを食べさせている飼い主さんによると、ハムスター自身はあまりネバネバが気にならないようです。一部で頬袋に貯めこんだ際の心配をする声もありますが、頬袋の機能は巣穴に運ぶためのものであり、そこまで神経質になる必要はなさそうです。オクラのその他の成分についても、問題となるようなものは見当たりません。他の野菜と同じく、極端に量を与えたりしなければ食べさせても大丈夫です。

オクラにはどんな栄養があるの?

夏に旬を迎えるオクラは、夏バテ防止や疲労回復の効果があります。見逃せないオクラの栄養とはどのようなものなのでしょうか。

  • βカロテン
  • ビタミンB1・B2
  • ビタミンC
  • マグネシウム
  • カルシウム
  • カリウム

オクラは、胃腸の状態を整える作用があります。胃壁を保護して消化を促し、便秘を解消します。また、βカロテンやビタミンCの働きによって、細胞や粘膜を強化し、体内からサポートしてくれるのです。またオクラは、中性脂肪の増加を防ぎ肥満防止の効果があるといわれています。ハムスターに与えられるのはほんのわずかばかりですが、それでもオクラの健康成分が少しでも期待できると良いですよね。

ハムスターにオクラを食べさせるときは

オクラ1本はハムスターにとっては、かなりの大物です。適当な大きさにカットし、ハムスターの手の中に入る程度にしてあげましょう。また少し固めの場合には、軽く湯がくことで甘味も増して食べやすくなります。生の場合には、良く洗って水気をふき取ります。冷蔵庫に長く保管したものは、カビっぽくなるので与えないでください。オクラの水分はあまり多くないので、下痢の恐れはなさそうですが、量を与え過ぎるのは良くありません。あくまでペレットの補食として考え、他の野菜とのバランスをみて食べさせるようにしてください。生の野菜や果物は、傷みやすいので食べ残しや隠したものは取り除くようにしましょう。

様子を見ながら与える

オクラはそれほど人気のある野菜でもなく、ハムスターによっては興味も示さない固体もいるようです。野菜はペレットの副食で、どれかを必ず食べさせなければならないということはありません。ハムスターの嗜好に合わせて、バランス良く与えるのが一番です。