ハムスターは小松菜を食べても良いの?注意が必要な成分とは

小松菜はほうれん草と比べてアクも少なく、何となく安心して食べさせてしまう野菜ではないでしょうか。でも、小松菜にもハムスターにとっては注意が必要な成分が含まれているのです。ここでは小松菜をハムスターに食べさせる際、知っておきたい注意点についてご紹介していきます。

毎日大量に与えなければ大丈夫

小松菜には確かに気をつけなければならない成分が含まれていますが、一方で獣医さんが食べさせて良い野菜として挙げるものでもあります。小松菜を日常的に、ハムスターに食べさせている飼い主さんも多いようです。小松菜は、アブラナ科に属しておりシュウ酸やゴイトロゲンといった有害成分を微量に含んでいます。また、カルシウムが非常に豊富なため、大量に常食させると、尿路結石の原因となります。ただ、ペレットを主食として他の野菜と混ぜながら与える分には、それほど神経質になる必要はありません。有害物質については、心配であれば軽く湯がくことで、無害化されます。ハムスターは身体が小さいので、どのような成分でも影響が大きくなります。一種類だけを与え続けずに、さまざまな食べ物をあげることで危険性が分散されます。

見逃せない小松菜の栄養

最近では一年中を通して、身近な野菜となった小松菜ですがどのような栄養があるのでしょうか。

  • βカロテン
  • ビタミンB1・B2
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • 葉酸
  • カルシウム
  • カリウム

小松菜は葉物野菜として、抗酸化作用の高い栄養素を多く含んでいます。旬となる冬季には抵抗力を向上させるので、感染症予防として効果が期待できます。問題となりがちな硝酸塩は血中酸素を減らしてしまう成分ですが、ゆでることで影響をなくすことができます。尿路結石の原因をもたらすカルシウムも非常に多く含まれているので、ハムスターには連食を避けて、他の野菜とバランスよく食べさせることが大切です。

ハムスターに小松菜をどう与えれば良い?

小松菜はカルシウムの多い野菜です。おやつに煮干しやチーズなど、カルシウムを多く含むものを与えている場合には、重ならないように注意しましょう。適量としては、小さな葉を1枚程度で十分です。有毒成分が心配な場合は、ゆでればほとんど問題はありません。茎にも栄養がありますが、ハムスターによっては上手に葉っぱだけを食べる個体も見かけます。どのような野菜であっても、連食を避け、栄養価を知って上手に組み合わせる工夫が必要です。できれば無農薬のものを、良く洗って水分を拭き取ってから与えましょう。小松菜は比較的栽培がたやすいようです。ハムスター用にプランターで、無農薬の野菜を育てるのもステキですね。

知識をもって与えよう

青々とした健康野菜の小松菜も、ハムスターにとっては有害となることがあります。その成分を知ることは、ハムスターの長生きにつながります。雑食性のハムスターは、自分では食べられるものを選べません。飼い主の責任として、しっかり管理をしてあげてくださいね。