愛犬の水分補給について考えよう!夏のお水の与え方

毎日暑い今の季節、愛犬が水を飲む回数が増えてきたのではないでしょうか?
犬は汗腺がないため、汗をかくことはできませんが、暑い時は特にハアハアとパンディングすることで舌から体内の水分が失われてしまうのです。
ここでは、脱水症状や熱中症にならないために、しっかりと水分補給ができるような工夫と注意点を紹介していきます。

飲み水の置き場所を考えよう

愛犬の飲み水は、直射日光の当たる場所を避けて置くようにしましょう。
日があたることで水温が上がると、犬の唾液や食べカスなどが混じった水は、雑菌が増えやすくなり、食中毒を起こしてしまう可能性があるので注意が必要です。

飲み水の置き場を増やしてみよう

飲み水の置き場所が1か所の場合は、いくつか増やしてあげるといいでしょう。
子犬を飼いはじめる時によくセットになっている給水ボトルですが、飲むのにコツが必要です。
給水ボトルを使っていてあまり水を飲まない場合は、ボウルや深めのお皿など、数か所に違う器に入れた飲み水を用意してあげると、好みのものから飲んでくれることもありますよ。

いつでも新鮮なお水が飲めるようにしよう

入れてから時間が経って生ぬるくなったお水なんて、人間もわんちゃんも飲みたくないですよね。
一度入れた飲み水は長時間置いておくことは避け、なるべく頻回変えるようにし、いつでも新鮮なお水が飲めるようにしてあげてくださいね。

外出時も水分補給を忘れないようにしよう

お散歩へ行く時は、飲み水を持って行くようしてください。
お散歩でたくさん歩いて暑くなると、熱中症になってしまう危険が高くなります。
ハアハアとパンディングしている時は、しっかり水分補給をすることが大切です。
また、お家ではしっかりお水を飲んでいても、おでかけすると外ではお水を飲まなくなってしまう犬も多いです。
そのような場合でも、少し味が付いていると飲んでくれることもあります。
犬は甘味を好むため、犬用のスポーツドリンクを持って行くのがおすすめです。
近所に取り扱いしているお店がない場合でも、ネットショップなどで手に入れることができますよ。

まとめ

脱水症状や熱中症にならないために、しっかりと水分補給ができるような工夫と注意点を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
夏は、他の季節にも増して水分補給が大切な季節です。
上で紹介したような工夫をしてもあまりお水を飲んでくれない場合は、ごはんを水分たっぷりなものにして、水分補給を助けてあげましょう。
ささみの茹で汁や、お肉と野菜をコトコト煮たスープをドライフードにかけてあげると、きっと喜んで食べてくれますよ。
色々な工夫をして、暑い夏を乗り切ってくださいね。