「大好き~!!」でも猫にとっては迷惑千万になる愛情表現

猫を飼っている飼い主さんは、猫が好きすぎてたくさん愛情表現をしたくなりますよね。しかし猫は嫌がられてという経験した飼い主さんも多いのではないでしょうか。嫌われないためにも猫の嫌がる行動を知っておきましょう!

注意!猫が迷惑しているかもしれない愛情表現

悲しい愛情表現を5つ紹介です!
でも実は喜ぶ猫もいます。その違いは飼い主さんが見極めてくださいね!

1.抱っこ

一番最初に思いつくのは抱っこです。抱っこ大好きな猫もいますが、嫌いな猫も多いのです。猫がリラックスしているか?すぐに降りたがらないか?などを見ながらしてみましょう。

もし降りたい素振りをしたら降ろしてあげましょうね。

2.頬ずり

猫は大好きな飼い主さんでも顔が近づいてくるのを嫌がることがあります。顔を近づけて嫌がるようであれば、無理に頬ずりするのはやめておきましょう。どうしてもしたい時は、猫が見ていないスキにしましょうね。

3.高い高い!

猫は高いところが好きだからと言ってする人がいるようです。しかし猫を持ち上げるのは猫にとって安定する体制ではありません。だいたいの猫が嫌がりますので止めておきましょう。

4.マタタビ

全ての猫がマタタビ好きではありません。全く興味を示さない猫もいるほどです。迷惑と思われているわけでは無いですが、興味を示さないのであればやめておきましょう。

5.撫でられすぎる

撫でてもらうのは好きな猫は多いのですが、よく聞くのが撫でていると突然噛まれるという話。撫でられるのに飽きたり、嫌になった猫が「やめろー」という事があるようです。

飽きてきたなと思ったり、嫌がってるなと思ったらやめてみましょう。

意外に猫が楽しむこと

喜ぶと思っていたことが、実は嫌がったりするのですが、これをしたら嫌がると思っていたことを実は楽しんでたりすることがあります。

鬼ごっこ

イタズラして追いかけたら猫が楽しんでイタズラするようになってしまった。という事もあるので要注意です。猫は鬼ごっこが大好きというのは意外と知られていないようです。悪さをしても追いかけるのはやめましょう。

変なポーズ

例えばヨガやストレッチをしていると猫が寄ってくるという経験はありませんか?オモシロ画像などでよくあります。なぜか分かりませんが、楽しそうに邪魔しにきますよね。それを逆手にとり家の中で変わったポーズをしてみると猫が喜ぶかもしれませんよ。

猫に嫌がれないためにどうすれば?

猫に喜ばれることはと考えると、猫が落ち着く場所を作り、好きな遊びができる環境があり、ご飯やトイレを落ち着いてすることができる猫が喜ぶ空間を作ることではないかと思います。

またスキンシップも大切です。抱っこできないのも困りますから、あまり嫌がられない抱っこの仕方を学んだり、撫でるタイミングを見計らうスキルを身に付けたり、良い環境で、嫌な事をされない場所であることが猫にとって喜びになるのではないでしょうか。猫にとっての喜びが飼い主さんの喜びでもありますので、無理せず猫との楽しい生活を作っていきましょう!