夏に備えて覚えて!犬の熱中症の症状・予防・治療方法について

犬を飼っている人ならば、犬は汗をかきにくく暑さに弱いことはご存知かもしれません。

真夏は熱中症にならないように、気を配っている人も多いことでしょう。しかし、夏になる前でも、熱中症は起こります。毎年、夏が来る前に、熱中症の症状や予防方法をチェックしておきましょう。

犬の熱中症は5月から

犬が熱中症を発症するのは、気温が22度程度からと言われています。このとき注意をしなくてはいけないことは、犬の体高は低いため、犬がいる場所はアスファルトの照り返しなどで実際の気温よりも高温になっているということです。そのため、人間にとってはそれほど暑くなくても、犬は熱中症になってしまうこともあります。

5月を迎えたら、散歩中や日中はできるだけ涼しい環境を保ち、愛犬が暑がっていないか、様子を観察してあげましょう。

犬が熱中症になってしまう例

炎天下の中、外につないだままにしてしまった

これは熱中症になりやすいケースとしてご存知の人も多いことと思います。短時間でも、熱中症になってしまうケースが多くあります。

2時間程度、木陰でつないでおいた

木陰につないだつもりで安心してはいけません。繋いだときは木陰でも、時間がたつにつれ、日当たりがよくなってしまう場合があります。

短い時間だけ、車に置いて買い物に行った

密閉された車の中はすぐに気温が上がります。犬を車の中に待たせたままで車を離れることは避けましょう。

この他にも、散歩中や運動中に熱いアスファルトの照り返しで熱中症になることもあります。

呼吸と目の充血が発症のサイン

熱中症になりかけている犬は、呼吸が荒くなってきます。暑い日は常に呼吸が荒い犬もいるため、これだけでは判別しにくいかもしれません。

その他のサインとしては、目が赤く充血してくることがあります。

普段は赤くない目が充血しはじめたら、犬が暑さを感じていないか、苦しそうな呼吸を続けていないか確認してみましょう。

さらに症状が進むと意識が朦朧とし、けいれん、下痢、嘔吐などの症状が出始めます。こうなる前に犬の体温を下げる処置を行ってあげてください。

対処方法

症状が進んだ場合は、一刻も早く病院へ連れて行きましょう。初期の場合は、水を使って犬の体温をすみやかに下げる応急処置を行ってください。

  • 水をかける。
  • しっかりと濡らしたタオルで全身を拭く。もしくは霧吹きなどで、毛がしっかりと濡れるくらいに犬の全身を濡らす。
  • 扇風機などで風を当てる。
  • 足の付け根などに冷たいタオルを当てる。

まずは、これらの応急処置を行いましょう。症状が治らないようであれば、すみやかに病院へ連れて行きましょう。

まとめ

熱中症はどの犬種でも、また、夏でなくともかかる可能性のある病気です。重症の場合には命に関わる病気でもあります。

毎年のことですが、暑くなりはじめる季節には、こまめな観察と水分補給をはじめとした丁寧なケアで愛犬の健康を守ってあげてくださいね。