猫にマタタビの危険性! マタタビの成分、効果と与え方

猫と言えばマタタビとすぐに思いつく人もいるかもしれませんが、猫にとって大好物だと勘違いしている人も多いでしょう。

猫が夢中になるマタタビとはそもそもどういったものなのかご存知でしょうか。

今回はこの猫とマタタビの関係について紹介します。

マタタビとは

マタタビは極東地域の山地に自生している落葉つる性木本で、日本国内では北海道から九州の広い範囲で見ることができます。

開花期は6月から7月で、梅の花によく似た花を咲かせ、花の半分程が白色に変化します。

マタタビにはマタタビラクトン、アクチニジン、β—フェニルエチルアルコールという成分が含まれており、猫はこの成分に反応すると言われています。

その効果は、マタタビの実、枝、花、葉すべてにあります。

マタタビの危険性

マタタビはネコ科の動物にとって性的に興奮させる薬と言われています。

よく、人間がお酒に酔った時のような表現に例えられることがありますが、実際はお酒に酔っているような可愛い状態ではありません。

マタタビは猫の中枢神経に働きかけ、脳麻痺を起こさせる作用があり、性的興奮と同じように喉を鳴らしたり、目を細めたり、よだれを流したりさせてしまいます。

しかし、この麻痺症状が進行してしまうと、脳に障害をきたし、呼吸困難になってしまうことがあるので非常に危険です。

猫にマタタビはやめた方がいい?

ペットショップでもマタタビを見かける機会は多く、手軽に入手できるため、危険なものだという認識はないかもしれません。

しかし、マタタビは脳に被害をもたらしてしまう可能性もあることを知れば、危険をともなうということがわかるのではないでしょうか。

研究結果からもマタタビが猫の中枢神経のもたらす麻痺は危険なものだということが述べられていたり、実際にマタタビによる呼吸困難で救急搬送され、亡くなってしまった猫もいます。

安全に猫にマタタビを与えるには

ここでポイントとなるのは、猫にあげるマタタビの量です。

一般的に市販されているマタタビは0.5g程度と猫が食べても脳に麻痺が出るほどではないものがほとんどです。もちろん、猫によっても個体差はあります。

さらに、マタタビは人間でいう麻薬などとは違い常習性はなく、持続力もないので途中で飽きてしまう猫も多いのが特徴です。

マタタビを与える場合は、大量に長時間与えてしまうと危険なので様子を見ながら少量で与えるようにしましょう。