犬が食べてはいけない食べ物を再確認!

犬が食べてはいけない身の周りにあるものはしっかり認識できていますか。ネギ類やチョコレートなどは頭に浮かぶかもしれませんが、ついあげてしまいそうなものでも、犬を死に追いやってしまうほどの物があります。これを機に、知識のアップデートをしましょう。

ネギ類

ネギ、玉ねぎ、ニラなどのネギ類のものは赤血球を破壊する成分があるため、犬には与えていけないことは、多くの方がご存じかと思います。ネギを食べた際の症状は貧血、嘔吐、下痢、黄疸など、重症の場合は亡くなります。

ネギ類に関して重要なことは、『加熱したものや、煮汁もだめ』ということです。少量でも中毒を示す犬もいるので、最大限注意をしましょう。

カフェイン(コーヒー・ココア・チョコレート)

カフェインは犬が一定量以上を摂取すると中毒をおこすことがあります。(チョコレートに含まれるのはカフェインと似たテオブロミンという物質ですが、同様に中毒を起こす原因になります。) 摂取後数時間から半日程度で、嘔吐・下痢・神経過敏・けいれん・こん睡などの症状がでます。

ぶどう

ぶどうやレーズンも犬には与えてはいけないことをご存じでしょうか。比較的最近明らかになったのですが、ぶどうを犬に与えると腎臓に障害を与え、急性腎不全を起こしてしまう可能性があります。ただ原因となる成分はまだ明らかになっていないのが現状です。症状としては、摂取後しばらくして嘔吐、元気がなくなる、多尿・無尿、多飲などです。

アボカド

アボカドも最近では食卓に上がる機会も増えましたが、犬はアボカドを食べてはいけないのです。これはまだご存じのない方もいるかもしれませんが、アボカドに含まれるペルシンという成分は犬が一定以上摂取することで嘔吐下痢を引き起こし、死に至る可能性もあります。

キシリトール

キシリトールはガムやタブレットにも含まれていて、身近なものですが、キシリトールを犬が摂取するとインスリンが多量に分泌されるので低血糖になって亡くなってしまうことがあります。低血糖になると意識が低下し、てんかん、脱力、こん睡などの症状がでます。

一般的には摂取から30分以内に出るようですので、ご家庭で様子を見るなど悠長なことはせずに食べてしまったらすぐに病院へ行きましょう。

どの食べ物に関しても共通して言えることなのですが、どのくらいあげたら中毒になるかというのはあくまでも目安でしかありません。犬によっては中毒量より小量の摂取でも症状がでることがありますので、口に入らないように気をつけましょう。

そしてご家庭で様子を見ている間にみるみる体調が悪くなり対処が遅くなってしまうことがありますので、食べてしまった場合はまず動物病院に連絡をしましょう。

治療としては基本的に治療は対症療法です。発見が早ければ吐かせたり、胃洗浄ですむこともありますが、吸収して症状が出ていると集中的な治療が必須です。何かあったらすぐに動物病院へ行きましょう。