猫に首輪って必要?鈴付きでもOK?猫の首輪についてまとめてみました!

猫さんの首輪といえば『鈴付き』のものをイメージする方が多いかと思います。しかし、鈴が付いているのってストレスにならないのかと疑問に思ったことはありませんか??

なぜ鈴をつけるようになったのか?

昔々、猫はネズミを駆除するための動物でした。農作物をネズミから守るために鈴のついた首輪をして、猫の存在をアピールしていたそうです。

chinamiさん(@sawamichi)が投稿した写真


現在では、猫さんがどこにいるかを把握しやすいというメリットも。家の中を自由に行動できる猫さんたちは飼い主さんに見つからないように『かくれんぼ』をしていることも(*´`*)そんな時、飼い主さんに有利になるのが、鈴付きの首輪です♪音色のするほうを探せば必ず猫さんを発見できます!!

デメリットになることも…

聴覚が優れている猫さんたち。小さい頃から鈴付きの首輪に慣れていればストレスになる可能性は低いですが、成猫になってからいきなり鈴付きの首輪をつけると、うるさくてストレスになることも…もちろん、首輪自体が嫌いな子もいるので、要注意です!!

全く嫌がらない子は鈴つきでもなんの問題もありません!!

きれい好きな猫さんたちにとって、毛づくろいしにくくなる首輪は邪魔だと思うこともあるようで、嫌がる子も多いようです。嫌がる場合は無理には付けず、慣れてくれるまで短時間だけつけたりしてもいいかもしれません!!

室内飼いでも首輪は必要か…

室内で飼っている猫さんでも、何が起こるか分かりません。突然、窓から脱走してしまったり、災害などで離ればなれになってしまったり…

#ペットのおうち というサイトで発行してくれる迷子札が届き、てんこもりちゃんたちにも付けました。 こちらは事前にサイトでペットのプロフィールを登録してペット個人のIDを取得し、 申請するとそのIDとペットのおうちURLが刻印されたタグが送られてきます。 これを首輪につけておけば迷子になってしまった時に、保護された方がサイトにアクセスしてIDを入力することにより、ペットの情報の確認・飼い主との連絡が取れるようになります。 プロフィールページには普段あげているご飯から持病、お薬、かかりつけの病院まで詳細に登録できます。 電話番号と名前を入れた首輪だけで十分かもしれないけど、てんてんにはてんかんや結石があることとその薬と餌のことも書いておけるし、また2匹それぞれのページに、他にももう1匹猫がいるから災害の時には2匹一緒に保護して欲しいという旨も書いておけて少しでも安心感があります。 現在はキャンペーン期間につき、数量は限られてますが無料で発行してもらえます。 有料期間になると500円だそうですが、それでもお求め安いですよね。 もしもの時のため、一つの安心の手段として。 愛犬愛猫家の方々へ、この機会に是非発行をお勧めします。 #ペットのおうち #迷子札

みつりんこさん(@kahorin_m)が投稿した写真 –

もしもの時に備え、首輪に迷子札を付けておくこともオススメします!!名前が分かるだけでも探している人と保護した人が繋がりやすくなります。

画期的な迷子札のシステム!!

迷子札にIDが刻印されていて、指定サイトに接続してIDを入力すると飼い主さんの情報や保護したペットの持病、アレルギーなども分かるようなシステムも!!

ペットのおうち】という国内最大のペットコミュニティサイト内で『ペットプロフ』を登録して、PET-IDを発行。IDとサイトURLを刻印されたチャームを犬猫さんの首輪につけておくだけでOKです!!

ペットプロフには飼い主さんの情報もちろん、犬猫の情報も入力可能です。健康状態や性格、特徴、好き嫌いなどを入力しておくことで、迷子になったペットたちを見つけた方が対応しやすくなります。ペットたちにとっても、いつもと違う環境だと不安になったりストレスが溜まったりしてしまいます。自分たちでは伝えられないことがペットプロフを通して保護主さんに伝えられるシステムなのです!!

保護主さんがペットプロフの詳細を確認するときは『ペットのおうち』を通して情報が転送されるので、飼い主さんの許可無く情報が公開されることはありません!!

ペットが迷子になってしまった時や、災害などで離ればなれになってしまった時、飼い主さんに何かあった時、何も対策をしていないとペットが救われる可能性は低くなります。事前に出来る限りの対策をしていくことが大切です!!

ペットの身元を示すひとつのツールとして、迷子札とPET-IDを活用してみてください!!

★ペットのおうち
HP:http://www.pet-home.jp/