犬の里親になる方法、探し方について

犬の里親を探すには?

犬の里親になるためには

犬の里親になるためにはどうしたらいいのか?犬の里親募集しているところにはボランティア団体や動物愛護センターなどがあります。
ボランティア団体といっても個人でボランティアをされていたりする方もたくさんおられますネットなどで「犬里親募集」と検索するとこんなに?と思うほどヒットします。
動物愛護センターについては市役所で聞かれると場所を教えくれます。

2、「ネットで見つかったけどありすぎてよくわからない」と思われる方もおられるかもしれません
確かにボランティアとして親身にされている団体や個人の方が大半ですが中には営利目的なんて許されざることも中にはあるようです、ボランティアで活動されている方にはブログで保護犬を紹介したりされている方も多いので人柄や取り組みが伝わってくるかと思いまので情報を得やすいです

保護犬ってなに?

1、犬の里親募集される子たちを保護犬と表現されます、この保護という表現は嫌だといわれるボランティアさんは多いのですが、保護される子たちは飼い主の育児放棄、高齢者により育児の継続ができなくなった、廃業ブリーダーにより放置された、劣悪な環境下での飼育のため保護した、ペットショップで売れ残り殺処分寸前だった、野良犬を保護したなど理由はさまざまですが人の手により手放され人の手により保護された犬のことを言います。

2、理由はさまざまですが傷ついたり怖い思いをした子たちだということは共通するかと思われます。
しかしながらボランティアさんに聞いた話、そういった子でも純粋に人に好意をしめしてくれる子が多いんだそうです、中には男の人が怖かったり、大きな音が怖かったりする犬もいます
健康状態がすべて言い分けでもありません、保護された理由として病気をもっていたり、中には劣悪な環境下の末フィラリアにかかっていたりする子もいます、もちろんなんでこんな子が?と不思議に思うような健康で素直な子たちも多いようです。

里親募集される犬たちは攻撃性がない、もう一度人と暮らすことができると判断された子たちです。

ボランティアさんに引き渡される犬たちも判定された子たちです、では一家庭犬に向かない犬たちはどうなるの?と問いたくなるのですが、実際悲しい運命をたどる犬の数の方が圧倒的に多いです。

保護されて里親を探せる犬たちはほんのひと握りだそうです。そんな悲しい現実も保護犬の裏にはあります。

里親になるためには

1、 里親になるためには、先ほども述べましたが愛護団体に行って実際に犬にあってみる、譲渡会参加する、ブログやホームページをみて申し込むなどの方法があります。

譲渡会の情報などもネットやホームページに書かれてあることが多いです。なかには里親喫茶店と言ってお茶を飲みながら保護犬と触れ合えるお店もあります、経営は保護団体なので里親に名乗りでることもできます。

2、保護された子たちは避妊手術をうけます、これは次の犠牲がでないようにするためだそうです。
望まれない命が増える分、捨てられる犬が増える、というのが理由です。

個人ボランティアさんには病気やケガの子にはしっかり治療をしてから里親にだす方もいます。
もしくはハンディや病気をわかったうえで引き取り治療をしてやってくださいという場合もあります。
もちろんボランティアなのでなんの利益が働くわけでもないのですが、この治療費などもまた、ボランティアの方々の呼びかけで募った寄付金で補われています。

2、 里親ではありますが無償で引き取れるわけではありません、避妊代として2~3万のとこともあれば7~8万円必要なところもあります。
これは営利目的ではく次の子を保護にかかる費用として使用されます、その団体、個人により差があると思いますので譲渡の前にはしっかりと確認しておく必要があります。

あとで費用はいらないと思っていたのと思わぬトラブルにならないためにもしっかりと確認しておく必要があると思います、また何に使用された内容かも知る必要があるかもしれませんね。

里親として保護犬を迎えるにあたり

里親に名乗り出ようと思われた方の中にはかわいそうな犬と思われる方もいるかもしれません。
しかしながらボランティアさんたちはかわいそうな子とは考えていません、むしろ幸せになれる、チャンスをもらったラッキーな子、と考えています、里親募集の時に「なぜ里親になろうと思ったのか」など内容は変わるにせよ動機は必ず聞かれます、また仕事をしているのか、共働きなのか、留守番の時間はどれくらいか、小さい子供さんはいるのかなど事細かに質問に答える必要があります。

これは、保護された子たちが二度と同じめにあわないようにするための大事な情報になります。
マンション住まいか、戸建てか、マンションならばペットを飼えるのかなどもチェックされます。
また独身の方はご遠慮くださいと言われるところもあります、独身者の場合結婚などの環境の変化が予測されるからかと思います、これは絶対と言うわけではありません。

せっかく里親になろうと思っていたのにそんなに事細かなこと言われるの?と思われる方もいるかもしれません。
里親になるというの覚悟のいることかもしれません、もしかしたら里親になりたくてもなれない人もでてくるかもしれません、それでもボランティアさんは命をつなぐ役目として必要なことなのですとおっしゃいます。

ペットショップに行くとショーウインドウ越しに小さなかわいい子たちがはしゃいでいます、思わず目を細めてみていたくなります、でもその裏には、その子たちを産むためだけに飼われ、役目が終われば捨てられる、そんな負の連鎖が終わらないのだそうです。

保護犬を知らない方もおられるかもしれません、ペットショップに行く前に保護犬を迎えることを考えてみてはいかがでしょうか?心が通じたときの感動はほかに代えがたいものがあると思います。