猫の膵炎〜原因・症状と対策

膵臓は血糖値をコントロールするインスリンやグルカゴンなどのホルモンや消化酵素を生成するはたらきがある器官です。膵炎とは膵臓に炎症が起こっている状態のことを指します。膵炎が進行すると膵外分泌不全症や腸閉塞、肺水腫などの病気を引き起こす怖れがあるので早急に対処しなければ命に関わります。膵炎に関する知識を深め、猫のために適切な対処をしてあげられるようにしてください。猫の膵炎の原因や症状、対策についてご紹介します。

猫の膵炎の原因

猫の膵炎の主な原因は感染症や基礎疾患です。トキソプラズマ症や猫伝染性腹膜炎などの感染症を患っていたり、肝臓や十二指腸、胆のうなどの膵臓とつながっている臓器の炎症が波及して膵炎を引き起こすことがあります。また遺伝によって膵炎を発症することもあり、特にシャムなどの描種は遺伝によって膵炎になりやすいと言われているので注意してください。その他では腹部に深刻な外傷を負うことで酵素が漏れ出し、炎症を起こすこともあります。その場合は非常に深刻な状態になるので命の危機に陥りやすくなります。

猫の膵炎の症状

嘔吐や下痢、腹痛、食欲不振などが基本的な膵炎の症状となります。また症状が深刻化してくると黄疸が見られることもあります。膵炎は急性膵炎の症状が進行すると慢性膵炎に発展します。そのような状態になると膵外分泌不全症や腸閉塞、肺水腫などの疾患の引き金になることがあるので、膵炎の症状が深刻化する前に早期発見してあげられるようにしてください。

猫の膵炎の対策

猫の膵炎の対策は猫が腹部に外傷を負わないように配慮してあげること、感染症の予防をしてあげることが効果的です。特に腹部に外傷を負わないよう、猫の生活環境を安全に保ってあげてください。感染症については予防ワクチンがあるものであればワクチンを接種して予防することが可能です。飼い猫が膵炎を発症してしまうリスクを少しでも軽減できるように適切な対策をしていきましょう。

猫の膵炎の治療

猫の膵炎の治療をするときは入院を要する可能性があります。膵炎は消化酵素のはたらきを抑える必要があるので、そのため短期間の絶食をさせます。その間は腸内にカテーテルを通して水分や栄養素を直接的に注入して補います。その他の治療方法をしてはたんぱく質分解酵素阻害薬を投与して酵素のはたらきを抑えたり、抗炎症剤を投与して炎症を抑えたりといった方法が挙げられます。猫が膵炎を発症していると思われるときには早急に動物病院に連れていき、獣医さんの診察を受けさせてあげてください。膵炎以外の疾患があるときにはそれに対する治療も施してくれます。猫の膵炎は腸閉塞や胆のうの管が詰まってしまうなどの症状を併発することがあります。そのような症状を引き起こしている場合には外科手術をしなければなりません。適切な治療を施してあげましょう。

まとめ

猫の膵炎の原因や症状、対策についてご紹介しました。猫の膵炎の主な原因は感染症や基礎疾患、遺伝、腹部の外傷などです。それらの中には予防が可能なものもあるので適切な対策をしてあげてください。猫の膵炎の症状は一般的なものが多く、下痢や嘔吐などが基本的な症状となります。膵炎が悪化してくると黄疸などの症状が表れるようになりますが、その際には症状が進行してしまっている可能性が高いので、できる限り早期の段階で発見することが期待されます。しかし猫を観察しているだけでは原因を特定することが難しいので、猫の体調が悪いと感じたときには早めに動物病院に連れていってあげることが大事になります。猫の命を救うためには、獣医さんの診察を受けさせてあげることによって症状を引き起こしている原因を特定してもらうことが重要です。猫の不調を軽く扱わないように心掛けてください。