チワワがかかりやすい病気

チワワは可愛い顔とつぶらな瞳、小さい体など魅力たっぷりな人気犬種です。すでに飼っている方も、これから飼いたいと考えている方も、やはり気になるのが『かかりやすい病気』です。可愛い犬がずっと元気でいてくれるように、まずはかかりやすい病気を知ることが重要です。いくつかかかりやすい病気をあげていきます。

膝蓋骨脱臼

膝蓋骨というのは犬の後ろ足の膝の骨のことで、人間にもある『膝のおさら』のことです。この膝蓋骨が脱臼(はまっている関節の溝から、特に内側に外れてしまう)してしまう病気がチワワを含めた小型犬には多く見られます。

原因は、生まれつき骨の構造に原因がある先天的な場合と、フローリングで滑る、何か強い力が加わるなどの後天的な場合があります。症状としては下記のものが挙げられます。

  • 歩き方がおかしい
  • 後ろ脚を挙げる
  • スキップのような歩き方をする
  • 痛みを訴えて鳴く

症状の程度によって内服薬による対症療法から外科的な治療まで治療も異なります。本来は外科的な手術をしないと根本的には治らない病気ですので、かかりつけの獣医師を受診し、今後の治療について相談にのってもらいましょう。太らせすぎない・あまり滑らせないようにカーペットを敷くなど生活習慣はとても重要です。

気管虚脱

気管は空気の通り道で、犬が首をどんな風に曲げても空気の通り道が保たれる柔軟なホースのような構造になっています。気管虚脱は気管の軟骨が変形して、呼吸が妨げられる病気です。原因は明確には分かっていないですが、生まれつきの場合もあるほか、肥満犬、短頭種犬は気管虚脱になりやすい傾向にあります。気管虚脱の症状は以下のようなものが挙げられます。

  • 『ガーガー』というガチョウのような咳
  • 悪化すると呼吸困難

このような症状は主に興奮したとき、運動したとき、首輪が首を圧迫したときに悪化します。あまり興奮させないように気をつける他、首輪ではなく胴輪に変更する必要があるでしょう。重度の気管虚脱の場合、一端咳が起こり始めると炎症が助長され、更に咳が出やすくなり、呼吸困難になってしまうことがあります。

この病気も動物病院で診断してもらえる病気で、付き合っていかなくてはいけない病気なので、必ずかかりつけの獣医師に相談をしましょう。

水頭症

脳の中には脳室という空洞があり、脳脊髄液で満たされています。その脳脊髄液の量が多くなり、脳室が拡張してしまう病気が水頭症で、周りの脳組織が圧迫され委縮することで症状がでます。頭が丸く球なのは水頭症の特徴でもありますが、トイ種やミニチュア種の子犬ではその外貌は一般的なのでわかりづらいですが、もし疑われる何らかの症状が出た場合は検査が必要になります。

  • しつけをなかなか覚えない
  • 鈍く、抑うつのように見える
  • てんかん発作を起こすこともある

その他、重症度によって神経症状がでることもあります。

予防はできないので、こちらも動物病院を受診することをおすすめします。しっかりと精密検査をして、治療が必要になります。おかしな症状が出た場合はスマートフォンや携帯電話で動画を撮影し獣医師に見せることで、判断材料の一つになると思われます。

このような病気があることをご存じでしたか。ここで挙げた病気はごく一部で、比較的チワワに多い疾患です。犬は言葉を発しないので、ここに書いてある症状だけを見て飼い主さんが病気の判断をされることは大変危険です。何か異常を感じた場合は、早急にかかりつけの動物病院を受診しましょう。